« (北朝鮮、『日韓軍事協定』破棄を要求) | トップページ | (韓国に沿う論陣張る新聞という病:門田隆将) »

(「明らかな選挙妨害ヤジ」に対して、警察は「その排除」に動け!)

2019年07月28日
(「明らかな選挙妨害ヤジ」に対して、警察は「その排除」に動け!)


https://www.sankei.com/column/news/190728/clm1907280005-n1.html


・サヨクや酔っ払いによる「選挙妨害ヤジ」は昔から有った。しっかしま、そのヤジも「不規則ヤジ」で、日本人は「公選法で演説の妨害は禁じられている」こと位は常識で知っていた。


・しっかしま、今は「サヨク新聞」が〔活動家〕や〔プロ市民〕を支援している異常事態なのだ。サヨク新聞が何を書こうが、「明らかな選挙妨害ヤジ」に対しては、警察は「その排除」に動くべきだ。真の民主国家とは、そういうものではないか?


・産経ニュース・[新聞に喝!] から、記事を以下。


・「【[新聞に喝!]『正邪逆転』した新聞 作家・ジャーナリスト・門田隆将】産経ニュース 2019.7.28 09:00」


・「いまだに新聞を社会の公器、あるいは木鐸(ぼくたく)であると信じている読者はさすがに少ないと思うが、それでもそんな幻想を抱(いだ)き続けているオールドファンもいるだろう。だが最近の新聞には、自分たちの主義主張を前面に出すあまり〈善悪の判断が完全に狂ってしまった〉ものが多い」


・「今回の参院選で、札幌で〔安倍晋三首相〕の応援演説にヤジを連呼した人間が警察に排除されたことに新聞が反発した例などその典型だ。15日の演説中に『安倍辞めろ』を連呼した男性、また『増税反対』を叫んだ女性が警察官によって現場から引き離されたのだ。これを新聞が


〈刑法の特別公務員職権乱用罪にあたる可能性がある〉(朝日)
〈警察官はどんな根拠があって、力ずくで排除したのだろうか〉(毎日)


と訴えた。ブロック紙の西日本新聞に至っては、日本が言論弾圧の国になっているとして


〈日本が中国化、ロシア化している〉


とまで主張した。常識ある大人なら『そんなバカな』と思うだろう。〈公選法で演説の妨害は禁じられている〉からだ」


・「有権者の一票はいうまでもなく民主主義社会の根幹。貴重な一票をどう行使するか、有権者はそのために演説を聞きにいく。そこで演説の中身に寸鉄人を刺すようなヤジを飛ばすのも日本の伝統の選挙風景だった」


・「だが最近は違う。『安倍辞めろ!』『嘘言うな!』などと連呼し演説を聞こうとする人の邪魔をする。私自身もそんな場に何度も遭遇したが、連呼で集中力が遮(さえぎ)られ、演説が聞けなくなった。妨害以外のなにものでもなく、完全な公選法225条違反だ」


・「日本では残念ながらその無法が罷(まか)り通る。2年前の都議選最終日、秋葉原での安倍演説に集結した反対勢力が『帰れ』『嘘つき』などと激しく連呼し、安倍氏は『人の演説を邪魔するような行為は自民党は絶対にしない。憎悪からは何も生まれない。こういう人たちに負けるわけにはいかない』と叫んだ」


・「だが新聞はこの安倍発言の側を


〈国民を敵と味方に峻別(しゅんべつ)している〉


と糾弾した。彼らの善悪判断がいかに常識からかけ離れているかがわかるだろう」


・「そんな他人の迷惑を考えない不法行為がいつの間にか日本の選挙風景になってしまった。また新聞がそれを支援するために〔活動家〕や〔プロ市民〕たちがますます増長し、ついにはその対策として一国の総理の演説スケジュールが『公表されない』という異常事態にまで陥っている。それでも彼らを支援し、“一体化”する新聞。国民にソッポを向かれない方がおかしい」・・・


◇【プロフィル】門田隆将 (かどた・りゅうしょう) 作家・ジャーナリスト。昭和33年、高知県出身。中央大法卒。最新刊は、『新聞という病』。


« (北朝鮮、『日韓軍事協定』破棄を要求) | トップページ | (韓国に沿う論陣張る新聞という病:門田隆将) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (北朝鮮、『日韓軍事協定』破棄を要求) | トップページ | (韓国に沿う論陣張る新聞という病:門田隆将) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト