« (日本企業実害なら韓国に穴埋め要求 徴用工問題で外務省幹) | トップページ | (ハメネイ師、安倍首相への『伝言なき』メッセージ) »

(アメリカVs.イラン、いよいよ開戦か?)

2019年06月21日
(アメリカVs.イラン、いよいよ開戦か?)


https://news.google.com/articles/CBMiPmh0dHBzOi8vaGVhZGxpbmVzLnlhaG9vLmNvLmpwL2hsP2E9MjAxOTA2MjEtMDAwMDAwOTItcmV1dC1hc2lh0gEA?hl=ja&gl=JP&ceid=JP%3Aja


・国の最高指導者が、「いかなる協議にも応じない」というのはイランの悲劇だ。そして〔安倍ちゃん〕の仲介には『タンカー攻撃』で報い、今日はアメリカの大型偵察無人機を「領空侵犯した」と撃墜している。


・〔トランプ米大統領〕は、「戦争はしたくない」が本心のようだが、ペルシャ湾に『空母打撃群』を送っているから後には退けない。何だか『〔サダム・フセイン〕のイラク』を思い出す。中東人は「頑な」なのだろう。国を壊しても意地を貫くのはいいが、イラクには「安定した民主化」は来なかった。


・日本も「イランからの石油」は諦めざるを得ないが、ホルムズ海峡はどうなるのだろう。これは、『大阪G20サミット』どころではなくなったのではないか?


・GOOGLEニュース から、ロイター の記事を以下。


・「【米大統領、オマーン通じイランに警告『攻撃近い、協議望む』=当局者】ロイター 6/21(金) 18:24配信」


・「[ドバイ 21日 ロイター] - 複数のイラン当局者が21日、ロイターに明らかにしたところによると、イラン政府は同日未明までにオマーンを通じてトランプ米大統領からのメッセージを受け取った。メッセージは米国のイランに対する攻撃が差し迫っているとの内容だったという」


・「あるイラン政府当局者は匿名を条件に『トランプ(大統領)は、このメッセージでイランとの戦争に反対しており、様々な問題についてイランと協議したいと述べている。短期間で返答するよう求めているが、この問題について決めるのは〔最高指導者ハメネイ師〕だというのが、イランの現時点での返答だ』と発言」


・「別の当局者は『我々は(ハメネイ師が)いかなる協議にも反対していることを明確にしているが、メッセージは伝える。ただし、オマーン当局には、イランを攻撃すれば地域や国際社会に重大な結果を招くと伝えた』と述べた」・・・

« (日本企業実害なら韓国に穴埋め要求 徴用工問題で外務省幹) | トップページ | (ハメネイ師、安倍首相への『伝言なき』メッセージ) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (日本企業実害なら韓国に穴埋め要求 徴用工問題で外務省幹) | トップページ | (ハメネイ師、安倍首相への『伝言なき』メッセージ) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト