« (大谷翔平、第2打席で9号3ラン、第4打席で二塁打) | トップページ | (最強カードなのかなぁ:〔習氏〕訪朝) »

(大阪拳銃強奪犯人は、『精神障害者2級』の“手帳持ち”)

2019年06月18日
(大阪拳銃強奪犯人は、『精神障害者2級』の“手帳持ち”)


https://www.sankei.com/affairs/news/190618/afr1906180032-n1.html


・やっぱり〔基地外〕だった。人権派弁護士は「待ってましたと目に涙!」だろう。現行法制下では「責任能力が問われない」という公算大だからだ。つまり「無罪釈放」ってことだ。


・日本は「基地外が野放し」の国である。〔尖閣〕にでも収容施設を造り(別に網走でも大阪府でも良いが)、こういう奴を収容しないと、被害者は泣き寝入りだ。今回の被害警察官、一命は取り留めたようで何よりだが、「片肺摘出」になりそうだという。


・警察職に残れても、事務処理班になるだろう。1人のラグビー青年の『人生の夢』を奪っておいて、自分は『精神障害者手帳』に守られるってのは、何とも納得が出来ない。


・『精神障害者手帳』を持っていても、「人に危害を加えない〔98.2%〕の人たち」の為にも、今回の悪質犯人は、刑罰を受けなければならない。


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【『ドラクエやめたら心臓から声が聞こえる』と警察に相談 飯森容疑者5年前】産経ニュース 
2019.6.18 14:43」


・「大阪府吹田市の大阪府警吹田署千里山交番前で16日早朝、同署の〔古瀬鈴之佑(こせ・すずのすけ)巡査〕(26)が刺され、実弾入りの拳銃が奪われた事件で、強盗殺人未遂容疑で逮捕された東京都品川区のアルバイト従業員、〔飯森裕次郎容疑者〕(33)が平成26年11月、『ゲームをやめたら心臓から声が聞こえる』などと警視庁に相談していたことが18日、捜査関係者などへの取材で分かった」


・「捜査関係者らによると、飯森容疑者は26年11月12日夕、警視庁品川署を1人で訪問。


〈ドラゴンクエストのゲームをやめたら心臓から声が聞こえて困っている〉
〈昔住んでいた吹田市の人たちの声です〉
〈友達や小学校の先生、自衛隊にいたことがあるがその時の同僚の声などが聞こえる〉
〈心臓の中を確認してもらうことはできますか?〉


などと話した」


・「対応した警察官が病院で診察を受けることを勧めると、おとなしく帰宅し、その後、相談やトラブルなどはないという」


・〔飯森容疑者〕は『精神障害者保健福祉手帳』(解説:表は『障害者手帳』とだけなっている)を交付され、心療内科に通っていたことがあるという」


・「逮捕後の調べには、『私のやったことではありません。病気がひどくなったせい、周りの人がひどくなったせいです』と容疑を否認している」・・・


《送検のため車で吹田警察署を出る飯森裕次郎容疑者=18日午後0時30分、大阪府吹田市(寺口純平撮影)》


Photo_303

« (大谷翔平、第2打席で9号3ラン、第4打席で二塁打) | トップページ | (最強カードなのかなぁ:〔習氏〕訪朝) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (大谷翔平、第2打席で9号3ラン、第4打席で二塁打) | トップページ | (最強カードなのかなぁ:〔習氏〕訪朝) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト