« (安倍首相、ロウハニ大統領共同記者発表の詳報) | トップページ | ( 米中貿易戦争と『多国籍』企業) »

(人生100年時代は「財政面国家危機」)

2019年06月13日
(人生100年時代は「財政面国家危機」)


https://special.sankei.com/f/sankeisyo/article/20190613/0001.html


・やはり「長生きしても何も良いことが無い国」ってのは無策だ。先ずは〔年金総額を大幅に埋める〕案を国会議員全部で考えてみろ。


①焦げ付いている海外債権の熱心な回収、②日本の国有財産の評価と売却、③私がいつも主張する参議院廃止に始まる行政改革、④高校無償化の廃止(敗戦後の窮状でも、親は必死に働いて高校まで行かせた!)・・・


・3人寄れば文殊の智恵だ。〈先ず国民に押し付ける〉のではなく行政が「身を切る改革」の乗り出して、自分らが血の滲む努力をしてから『国民に頼む』のが筋ではないのか?1000兆円くらいの金を捻り出してみろや!国民だって『消費増税20%』でも受けてやるわい!


・産経スペシャル・【[産経抄]6月13日】 から、記事を以下。


・「【[産経抄]6月13日】産経スペシャル 2019.6.13」


・「大地震が相次ぎ、富士山が噴火、やがて日本列島が海にのみ込まれていく。昭和48年に刊行された小松左京さんの【日本沈没】は空前のベストセラーとなった。未曽有の危機にどう対処するのか。学者グループは不眠不休で議論した結果、4つの案を首相に示した」


・「▼その1つは、日本民族は滅んでもいい、との衝撃的な内容である。やはり大ヒットした映画では、〔丹波哲郎さん〕が首相を演じていた。『もうこのまま何もせん方がいい…か』。この案を受け取って、目に涙があふれてくるシーンは心に残った」


・「▼麻生太郎金融担当相は、金融庁の審議会がせっかくまとめた報告書の受け取りを拒否する意向を示した。『夫婦の老後資金として、年金以外に2千万円の蓄えが必要である』。こんな内容が、国民に不安を与えているというのだ」


・「▼確かに、預貯金や退職金があっても2千万円不足するとの誤解を招いた。そもそもこの数字はあくまで平均値である。現役時代の収入や老後の生活スタイルの違いによって、世帯ごとの事情は大きく異なっている」


・「▼もっとも、老後資金を確保するためには自助努力も大切だ、とする報告書の指摘はけっして間違っていない。〈報告書の撤回とは、いかにも姑息(こそく)な手段〉である。麻生氏は堂々と、『人生100年時代『の厳しい現実を訴えるべきだった。公的年金制度への不信をあおるような、野党の戦術を恐れる必要はない」


・「▼『日本沈没』で、首相はもちろん『何もせん』案は採用しない。日本民族の存続をかけて、獅子奮迅の働きを見せる。今後高齢化がますます進むなか、社会保障制度をいかに改革して公的年金制度を維持していくか。与野党そろって立ち向かい対処すべき、まさに国家の危機ではないか」・・・

« (安倍首相、ロウハニ大統領共同記者発表の詳報) | トップページ | ( 米中貿易戦争と『多国籍』企業) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (安倍首相、ロウハニ大統領共同記者発表の詳報) | トップページ | ( 米中貿易戦争と『多国籍』企業) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト