« (『対米追従』論の不毛 左派こそ改憲を訴えよ) | トップページ | (『大荒れ』のG20を望む) »

(政権の展望に不透明感=習主席、大衆恐れる?)

2019年06月04日
(政権の展望に不透明感=習主席、大衆恐れる?)


https://news.google.com/articles/CAIiEKixmMyluNrOBfcYzRivCJgqGQgEKhAIACoHCAowltHeCjCnpdYBMISboQM?hl=ja&gl=JP&ceid=JP%3Aja


・何度もご登場戴くが、英国の「歴史家・政治家・思想家」であった〔ジョン・アクトン卿〕が遺した金言である。「権力は腐敗する。絶対的権力は絶対に腐敗する」・・・


・もう〔チャイナの共産党一党独裁〕は腐臭プンプンではないのか?〔習近平〕以下、間抜けは「アメリカに口座を作ってシマッタ!」と思っていると思うが、ワルは「スイス銀行」以下、〔秘密のアッコちゃん〕口座をワンサカ作っていると思う。


・独裁側さえ信用しない国=チャイナって、存在していて何か世界に貢献しているのか?揚子江・黄河で騙されるが、元々「水源枯渇の大陸」なのである。しっかしま、アホな日本はじめ、騙された世界中のお陰でマンマと軍事・金満大国になりおった。


・日本は ①憲法改正も、②『南』への経済報復も出来ない(ヒラメだけか?)ナッサケナイ国だから、ここは一番〔アメリカのトランプ親分〕にお願いして、テッテテキに叩いて貰うしかあるまいて。


・GOOGLEニュース から、時事ドットコム の記事を以下。


・「【政権の展望に不透明感=習主席、大衆恐れる-天安門事件30年・中国】時事ドットコム 2019年06月04日15時30分」


・「【北京時事】中国の習近平政権は、民主化運動が武力弾圧された天安門事件から30年の節目となった4日、厳重な警備態勢で追悼や体制批判につながる動きを抑え込んだ。共産党政権は、事件後に経済発展をもたらしたと主張して多数の人命を奪った弾圧を正当化している」


・「だが、米国のトランプ政権は貿易だけでなく、人権問題でも対中圧力を強化。習政権の展望には不透明感が漂っている」


・「4日付の共産党機関紙・人民日報系の環球時報社説は、天安門事件について直接の言及を避けつつ、『30年前、中国社会は痛みを伴う予防接種を受け、発展過程で出現する重大な政治的過ちに対する免疫力を付けた』と訴えた」


・「『政治の安定と絶え間ない発展の実現』を達成したと強調し、弾圧や言論統制を正当化した。〔共産党政権〕は『貧困の撲滅こそが最大の人権状況の改善』と強弁し、天安門事件の真相究明や少数民族などに対する人権じゅうりんの中止を求める内外の声に反発してきた」


・「厳しい情報統制の下、多くの国民が経済発展を求め共産党を支持してきた面も否めない」


・「しかし、〔習近平国家主席〕が『国民の支持』に不安を抱いていることは、最近の北京市内の状況からうかがえる。4日が近づくにつれ、天安門広場をはじめとする要所の警備が例年以上に厳しくなったのは、習氏が『民主化運動の再来を恐れている』(党員)ことを物語る」


・「習氏は国家主席の任期制限を撤廃し盤石の体制を築いたかに見えたが、米国との貿易戦争をきっかけに『習氏の指導力に対する懸念が拡散している』(北京の知識人)と指摘されている」・・・


« (『対米追従』論の不毛 左派こそ改憲を訴えよ) | トップページ | (『大荒れ』のG20を望む) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (『対米追従』論の不毛 左派こそ改憲を訴えよ) | トップページ | (『大荒れ』のG20を望む) »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
フォト