« (やっぱりサヨクは口は達者だが馬鹿!) | トップページ | (米大統領、日米安保に不満 防衛義務は一方的) »

(G20なんか要らない!)

2019年06月26日
(G20なんか要らない!)


https://special.sankei.com/f/economy/article/20190626/0001.html


・元は【G5】だった。「日米英仏独」の5カ国である。そこに止せばいいのにイタリアが乗り込んで来た。欧州が4カ国になるのを嫌って、アメリカが子分のカナダを入れて【G7】になった。


・ロシアのプーチンがグダグダ言って、一時【G7プラス1】とか【G8】になったが、ロシアの『クリミア半島強奪』で外された。【G20】になった経緯は知らない。恐らく陰で〔チャイナ〕と〔ロシア〕が煽ったのだろう。


・会議は大人数では核心に届かない。総花的な結論になるのはアタリマエダだ。チャイナから1兆円近く借りるイタリアを外し、【G6】で充分では無いか? 私は今回の『大阪の大迷惑』を見ているから、【G20】には大反対だ。意味が無い!


・記事の主題は『議長国・日本に重い責任 G20の形骸化阻めるか』だが、日本が「今回限り!」と、この無意味な会合を止めれば手柄である。世界は〔米英仏日独豪加印〕などの自由世界と、〔中露北〕などの枢軸世界に分かれて来ている。『南』なんざ、恐らく枢軸側に入って行くだろう。イランなどもそうだ。だから『ごった煮』『闇鍋』のような【G20】は、今回で止めたがいい!


・産経スペシャル から、記事を以下。


・「【議長国・日本に重い責任 G20の形骸化阻めるか】産経スペシャル 2019.6.26」


・「大阪市で開かれる『20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)』は貿易摩擦が世界経済のリスクであるとの認識を共有する方向だ。ただ、米国に配慮して首脳宣言には『反保護主義』を明記しない見通しで、世界経済の危機に結束して対処すべきG20の形骸化が、さらに印象付けられかねない。自由貿易推進を後押しし、G20の形骸化を阻止できるのか、議長国・日本の責任は重大だ」


・「『貿易と地政をめぐる緊張は増大してきた』。8、9日に福岡市で行われた財務相・中央銀行総裁会議で採択した共同声明にはこう盛り込まれた。ただ、貿易摩擦の元凶である『保護主義』と闘うとする文言は見送られた」


・「並行して茨城県つくば市で開かれたG20貿易相会議の共同声明も『反保護主義』を書き込まなかった。サミットの首脳宣言はこれらを踏まえ『反保護主義』は明記しない見通しだ」

・「懸念されるのは、〈G20が形骸化しているとの批判に拍車がかかる〉ことだ。反保護主義を標榜(ひょうぼう)してきたG20は、2018年のアルゼンチンでのサミット首脳宣言から『保護主義』の文言を削除した。財務相会議では同国の〔ドゥホブネ財務相〕が『貿易摩擦を解決するのは当事国』と発言し、G20の存在意義が揺らいでいることが鮮明になっている」


・「今回、議長役の〔安倍晋三首相〕が求められるのは、共同宣言に『反保護主義』を記さないまでも、友好関係にあるトランプ大統領を説得しつつ、〈自由貿易推進の重要性〉を最大限表明し、共有することだ」


・「17年のドイツでのG20首脳宣言は米国に一定の譲歩をしつつ、米国が離脱表明した温暖化対策の枠組み『パリ協定』に関し、『(米国以外のG20参加国は)不可逆的であるむね表明する』とし、〈自国優先主義〉を牽制(けんせい)した。安倍首相も米国牽制に“意地”を示せるか手腕が問われそうだ」・・・

« (やっぱりサヨクは口は達者だが馬鹿!) | トップページ | (米大統領、日米安保に不満 防衛義務は一方的) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (やっぱりサヨクは口は達者だが馬鹿!) | トップページ | (米大統領、日米安保に不満 防衛義務は一方的) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト