« (さぁ、『南』への「半導体材料輸出規制」だ!) | トップページ | (トランプ氏『光栄』正恩氏『未来へ』 米朝首脳、座って会談) »

(『ファーウェイ容認』、なぜトランプは変節したのか)

2019年06月30日
(『ファーウェイ容認』、なぜトランプは変節したのか)


https://news.google.com/articles/CBMiK2h0dHBzOi8vamJwcmVzcy5pc21lZGlhLmpwL2FydGljbGVzLy0vNTY4NzHSAS1odHRwczovL2picHJlc3MuaXNtZWRpYS5qcC9hcnRpY2xlcy9hbXAvNTY4NzE?hl=ja&gl=JP&ceid=JP%3Aja


・ここまで世界に〔ファーウエイ〕の悪名を喧伝し、〔習近平氏〕も追い込んだから、ここらで「サッと退いてスカタンこかせる時」と〔トランプ氏〕は読んだのだろう。<交換条件としてトランプは習近平に何を迫ったか>・・・の副題の応えは、記事の末の方に有る。


・「筆者の見解では、〈米中貿易戦争で中国が米国に対して何らかの妥協をする〉ということだろう。まずは現在膠着状態にある貿易交渉で懸案となっている『貿易不均衡の是正措置』。また『知的財産権の侵害』『技術移転の強要』『産業補助金』を法律で禁止するという米国の要求に、中国側が大きな譲歩をするのだろう」・・・


・同時に変幻自在な〔トランプ氏〕のことだ。また何時「ファーウエイ禁輸」を言い出して同盟国も惑乱する。だから「ファーウエイの取り扱いは各国低調になるだろう」の読みはしていることだろうて。


・GOOGLEニュース から、JBプレス・山田 敏弘氏(国際ジャーナリスト) の記事を以下。


・「【『ファーウェイ容認』、なぜトランプは変節したのか】JBプレス・山田 敏弘(国際ジャーナリスト) 2019.6.30(日)」


<交換条件としてトランプは習近平に何を迫ったか>


・「日本でも連日報じられた、『G20大阪サミット』。言うまでもなく、G20でもっとも注目されたのは、貿易戦争を繰り広げている〈米中による首脳会談〉だった。そして6月28日の米中首脳会談からは、驚きのニュースが報じられた」


・「〔ドナルド・トランプ大統領〕は6月29日、米政府によって5月に米企業との取引を禁じる『エンティティー・リスト』に加えられていた中国通信機器大手、〔華為技術(ファーウェイ)〕について、米企業との取引を許可する方針だと発言し、世界を揺るがした」


・「安全保障につながるものは売らないと条件をつけたが、この発表を受けて〔米ウォールストリート・ジャーナル紙〕は、〈トランプがファーウェイに『命綱を投げた』と報じている〉」


・「ただどこまでファーウェイが米企業にアクセスできるのかについては、まだ細かなことは明確にはなっていない。とりあえずは、再開する米中の貿易交渉の中で決定していくということのようだが、少なくとも、その間、ファーウェイは米企業から部品などを購入できるようになると見られる」


・「もちろんまだ、エンティティー・リストから解除されるのかどうかもわかっていない。おそらく背景としては、ファーウェイが〔習近平国家主席〕に働きかけ、習近平がトランプに直談判し、トランプもそれを容認したというのが真相ではないだろうか」(解説:何だ!このカッタルイ謎解き!)


<過去にZTEに対しても同様の措置>


・「ではこの突然のニュースをどう捉えればいいのだろうか。このファーウェイに対する、『禁止措置からの緩和』という流れは、実は、過去にも似たようなケースが起きている。中国通信機器大手・〔中興通訊(ZTE)〕に対する米政府の措置だ」


・「米政府は2017年、ZTEが対イラン・北朝鮮制裁に違反して米国製品を輸出しており、さらに米政府に対して虚偽の説明をしたと発表。それを受け、2018年4月、米商務省はZTEを『エンティティー・リスト』という"ブラックリスト"に加え、米企業との取引禁止を7年間禁じる措置をとった」


・「これにより、半導体など基幹部品を米国企業から調達できなくなったZTEは、スマホなどの自社製品の生産ができなくなってしまった。そこでZTEは習近平に泣きつき、習近平はトランプ大統領に直接電話をして、この措置を中止するようお願いした」


・「するとトランプは、普通なら受け入れられないような非常に厳しい条件を出す。まずZTEに10億ドル(約1080億円)の罰金を科し、エスクロー口座(第三者預託口座)に4億ドル(約430億円)を預託させた。条件を守れなければ没収する保証金だ。さらには、米商務省が指名した監視チームを10年にわたって社内に受け入れることにも合意させられている」


<米中首脳、貿易協議再開で合意 追加関税は発動せず 新華社>


・「ファーウェイも、2019年5月に、ZTEと同じように商務省によってブラックリストに入れられた。この措置によって、ファーウェイは米政府の許可を得ることなく米企業から部品などを購入することが禁止になった」


・「ここで問題になったのは、例えば、ファーウェイのスマホ製品には、米国企業の部品が多く含まれていることだ。またファーウェイは同社製のスマホ携帯のOSに米グーグルのアンドロイドを採用している。商務省のブラックリストにより、ファーウェイはこうした不可欠な部品などを米国から手に入れられなくなり、ビジネスに多大なる影響が出ることなる」


<4割も売り上げが落ち込んだファーウェイ製スマホ>


・「一応、こうした措置を見据えて、ファーウェイは米国製部品などを約1年分、備蓄しており、しばらくは商品の販売は続けられるということだったが、米グーグルのOS・アンドロイドについては3カ月の猶予の後にアップデートすらできなくなる恐れがあった」


・「ファーウェイ側は独自開発のOSにシフトするという強気な姿勢を見せていたが、その実力を疑問視する専門家も少な(くな?)かった。米政府の措置後の月は、ファーウェイのスマホの売り上げが40%も下落している」


・「ちなみに、ファーウェイは2018年11月に同社が取引をしている外国企業92社のリストを公開している。その内訳によれば、全92社のうち、米国企業は33社、中国企業は22社、日本企業は11社、台湾企業は10社で、あとはドイツや韓国、香港の企業が名を連ねる。つまり、ブラックリストに入ることで、米企業33社とは取引ができなくなる。さらに例えばファーウェイの最新機器の場合、部品の内訳は金額ベースで見ると米国企業が16%を占めていたという(日経新聞、2019年6月27日)」


・「もっとも、ファーウェイをブラックリストに加えたことについては、ファーウェイに部品などを売っていた米企業からも悲鳴が上がっていた。半導体大手〔クアルコム〕や〔マイクロン〕、IT大手〔インテル〕などは合わせると、ファーウェイに部品を売るなどで年間110億ドルほどを得ていた」


・「だがブラックリストに入ればこれらはすべて失われる。米企業にとっても痛手だったのは事実である(最新の報道ではこれらの企業は抜け道などでファーウェイとのビジネス再開に動いていたというが・・・)」


<ファーウェイ、スマホ海外販売台数の減少認める 米の圧力が影響>


・「ただ誰よりも窮地に追い込まれたのはファーウェイ自身だ。そこで同社は、米国のブラックリスト入りではビジネスにならないとしてトランプに泣きついたということではないだろうか。少なくとも、そういう印象を世界に示す結果となった。要は、トランプに屈したということになる。ただメンツを重んじる中国だけに、巧妙な言い方で、自分たちの言い分を公表することになるだろうが」


・「また、ZTEの顛末を見ると、こんな見方もできる。〈筆者はこれまでも、習近平がトランプにファーウェイのブラックリストを解除するよう要請するには、ZTEがのんだような、それ相応の条件をのまなければならないだろうと指摘してきた〉今回のファーウェイのケースでも、おそらくそれは例外ではないだろう」


<トランプに振り回される世界>


・「ではどんな条件なのか。筆者の見解では、〈米中貿易戦争で中国が米国に対して何らかの妥協をする〉ということだろう。まずは現在膠着状態にある貿易交渉で懸案となっている『貿易不均衡の是正措置』。また『知的財産権の侵害』『技術移転の強要』『産業補助金』を法律で禁止するという米国の要求に、中国側が大きな譲歩をするのだろう」


・「要するに、米国が、2015年に発表した『中国製造2025』の実現に重要な企業のひとつと位置付けてきたファーウェイに対する厳しい措置を緩和することで、米中貿易交渉で米国の望む合意を取り付けようということである」


・「ファーウェイのビジネス自体が米国の安全保障に脅威だとする声もあるのだが、まだ米商務省もコメントはしていない。ホワイトハウス内にも、この動きに否定的な人たちがいるのも事実である。ただいずれにしても、ファーウェイをめぐって世界はまた振り回されることになる。すでに世界各地で、ファーウェイのスマホなどを扱わない方針で動いていた」


・「例えば、日本でも各通信会社がファーウェイ製スマホの発売延期などを発表していたし、英国の携帯会社も取り扱いを一時停止する措置などが報じられた。韓国でもファーウェイの取り扱いの中止を検討していたという。そうした影響と、ファーウェイがまたいつブラックリスト入りするかもしれないといった懸念がリスクとなり、世界的にもファーウェイを敬遠する動きが出ることも考えられるだろう」


・「すでに述べたように、安全保障につながるようなものについては引き続きファーウェイには売らないし、商務省のブラックリストと同じタイミングで署名した大統領令も撤回していない。5月の大統領令は、サイバー空間などで国家安全保障にリスクがあるとみられる企業の通信機器を米企業が使用するのを禁じている。ファーウェイという企業は名指しされていないが、ファーウェイを対象にした措置なのは自明だ」


・「これから今回のトランプによる発表の詳細が明らかになっていくだろうが、少なくとも、トランプもあまりにファーウェイに対する妥協が過ぎると、2020年の大統領選にもマイナスのイメージが付きかねない。そんなことから、ファーウェイ問題も慎重に扱わなければならないはずだ。米政府側の決定が注目される」


・「ひとつ明らかなことは、ファーウェイと米中貿易摩擦をめぐる混乱はまだまだ続くことになるだろう。いや、来年の大統領選が近づくにつれ、世界はさらに米国に振り回されることになるだろう」・・・


《6月29日、G20大阪サミット終了後に記者会見するトランプ大統領。ファーウェイとの取引容認はここで発表された(写真:ロイター/アフロ)》


Photo_20190630154001

« (さぁ、『南』への「半導体材料輸出規制」だ!) | トップページ | (トランプ氏『光栄』正恩氏『未来へ』 米朝首脳、座って会談) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (さぁ、『南』への「半導体材料輸出規制」だ!) | トップページ | (トランプ氏『光栄』正恩氏『未来へ』 米朝首脳、座って会談) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト