« (今度は詳報:〔安倍ちゃん〕のイラン訪問) | トップページ | (お役所も日本語で!) »

(日本は議長国として、「イタリアをG7から排除」を提起すべきだ)

2019年06月08日
(日本は議長国として、「イタリアをG7から排除」を提起すべきだ)


https://www.sankei.com/politics/news/190608/plt1906080017-n1.html


・URに住んでいるが、URのデタラメ策で〔支那人〕が矢鱈増えた。「服装のセンス」と「挨拶しない」ことで直ぐ解る。特に「服装のセンス」は、一朝一夕に培われるものではない。私は新卒入社がイタリアの会社だったので、14年間勤める間に『メード・イン・イタリー』のセンスは身についた。


・加齢して貧乏もしているので『メード・イン・イタリー』をお披露目出来ないが、1本数万円もしたネクタイは「丸めて」格納している。年1に取り出してみるが、懐かしい『メード・イン・イタリー』の世界に浸れる。


・だからイタリアが、「チャイナ14億人に『メード・イン・イタリー』を浸透させたい」気持ちは解る。しっかしま、「商売」に目が眩み『一帯一路=AIIBからの大借金』を平気でするならば、『G7』に居る資格はない。


・元は「米・日・英・仏・独」の『G5』だったのだ。その会議にイタリアが乗り込み、「欧州過多」を嫌ったアメリカがカナダも入れて『G7』になったのだ。一時泥棒・ロシアも入り込み『G8』になったこともあったが、露のクリミア半島強奪で『G7』に戻った。


・記事は「G20でチャイナ批判」と勇ましいが、掛け声だけに終わる。それよりも議長国・日本が、「『イタリアをG7から排除』を提起」の方が、余程チャイナへのボデー・ブローになると思う。


・今やアメリカを抜いているかも知れないのに、今だ『発展途上国』の仮面を取らないチャイナに「組する国」は、最早「先進国」ではない!


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【[G20]低所得国の債務問題議論 過剰投資の中国牽制】産経ニュース 2019.6.8 20:36」


・「〔G20財務相・中央銀行総裁会議〕は8日、低所得国の債務が膨らみ、財政破綻のリスクが高まっている問題も議論した。狙いは、『アジアインフラ投資銀行(AIIB)』を使って新興国に過剰な投融資を行っている中国への牽制(けんせい)だ」


・「返済に窮した国がインフラを奪われる『債務のわな』に陥るケースも起きており、9日には、調達の透明性などをうたった『質の高いインフラ投資』の国際原則で合意する方針だ」


・「世界銀行とIMFが低所得国の破綻リスクを分析しリスクの度合いを4段階で評価したところ、上位2つのリスクの比率は2014年に計21%だったが、18年には計42%まで拡大した。背景には、巨大経済圏構想『一帯一路』を掲げる中国が提唱した『AIIB』が15年12月に発足し、新興国への投融資を増やしていることがあるとみられる」


・「G20会議の初日の議論では、お金を貸すにあたっての透明性確保や、債務の負担能力への配慮などに対し、債務国や債権国、民間の金融機関が取り組む重要性が議論された。こうした取り組みの重要性は、9日にまとめる共同声明にも盛り込みたい考えだ」


・「一方、9日は『質の高いインフラ投資』の国際原則を、G20で採択する。港湾の整備資金を返済できなくなったスリランカが、99年間に及ぶ港湾の運営権を中国国有企業に譲渡する事態も起きており、日本は議長国として、歯止めへ道筋をつけたい考えだ」


・「国際原則では、完成したインフラをだれでも利用できる『開放性』、適切な入札手続きで調達などを行う『透明性』、借り手の返済能力に配慮した『債務の持続可能性』などが盛り込まれる。28、29日に大阪市で開かれる『G20首脳会議(サミット)』でも採択される方向だ」・・・


(解説)「会議のための会議」・・・綺麗ごとだ! 当事国のチャイナが受け入れる筈も無い。それよか『ADBアジア開発銀行(日米)』からチャイナに貸し付けた大金の「貸し剥がし」やら、イタリアの『G7追放』やら、泥臭いが実効力のある手を打たなくちゃ!

« (今度は詳報:〔安倍ちゃん〕のイラン訪問) | トップページ | (お役所も日本語で!) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (今度は詳報:〔安倍ちゃん〕のイラン訪問) | トップページ | (お役所も日本語で!) »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
フォト