« (トランプ氏の本音:「日米安保変えよう!」) | トップページ | (トランプ氏 南北の非武装地帯(DMZ)を訪問へ) »

(『食べ物おいしい』『フレンドリー』 外国人記者がみた大阪)

2019年06月30日
(『食べ物おいしい』『フレンドリー』 外国人記者がみた大阪)


https://www.sankei.com/west/news/190629/wst1906290035-n1.html


・不遜なようだが、『大手で営業管理職』を長年務めた身には、会社の金で『顧客の接待のため、有名料亭の味』に口が慣れてしまった、困った爺である、大阪でも『ちゃんとした料亭に上がれば』美味いのだろうが、老残の身には『不味い物』しか食えない。〔先楽後憂〕の罰(バチ)である。


・大阪は『粉モン』の文化と言われるが、私は苦手だ。〔たこ焼き〕も〔お好み焼き〕も食わない。近所のオバサンの小さな店が、10月から〔おでん(関東炊き)〕をやってくれるのを心密かに待っている。


・そりゃ外人には〔たこ焼き〕も〔お好み焼き〕も新鮮で手軽な軽食だったと思う。必殺の〔串カツ〕も有る。彼らには『噂話を振りまく』特権が有る。『国際メディアセンター(IMC)』は、過剰な位、各国の記者をもてなしたようだ。


・これで今回の『大阪G20サミット』の大赤字は、『大阪万博』までに〔インバウンド〕で穴埋めされるのではないか?


・産経WEST から、記事を以下。


・「【『食べ物おいしい』『フレンドリー』 外国人記者がみた大阪】産経WEST 2019.6.29 20:44」


・「サミット会場には各国代表やその関係者だけでなく、世界から報道陣が集まった。記者たちは舞台となった大阪をどう見たのか-」


・「『大阪は伝統的な文化もあるし、食べ物もおいしい。ベリーナイス』。中東・ドバイのテレビ局プロデューサー、〔ラマリ・アフナンさん〕(27)は笑顔をみせた。今回が初来日で、仕事の合間を縫ってミナミの繁華街・道頓堀で〈たこ焼き〉に舌鼓を打つなど、大阪の街を堪能。『食べ歩きは初めてだったが、衛生面も配慮されていてすばらしい』と満足げだ」


・「中国人テレビリポーターの〔リー・スーシェンさん〕(33)は会場の国際メディアセンター(IMC)で〈お好み焼き〉を初めて食べた。『とてもおいしかった。大阪は日本の他の都市に比べて活気があるし、京都や奈良に行くのにも便利』と話した」


・「IMCには、海外メディアに関西・大阪の最先端技術や食文化を紹介し、実際に体験してもらうコーナーも設けられた。米国のネットメディアで記者を務める〔ジョン・ガブレックさん〕(57)は、今回が5回目のG20取材。『ミュージアムの要素もあり、ショーも楽しめてレストランもあった。過去のG20と比べても、大阪のおもてなしはすばらしかった』と高評価だった」


・「一方、大阪のPR不足を指摘する声も。中国のテレビ番組で司会を務める〔ウェイ・ティアンさん〕は『大阪には素晴らしい文化、もてなしがあり、人もフレンドリーだった』と評価したが、『もっと外国人が大阪のことを知る機会があればよいと思う』と話していた」・・・

« (トランプ氏の本音:「日米安保変えよう!」) | トップページ | (トランプ氏 南北の非武装地帯(DMZ)を訪問へ) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (トランプ氏の本音:「日米安保変えよう!」) | トップページ | (トランプ氏 南北の非武装地帯(DMZ)を訪問へ) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト