« (〔金正恩〕はアメリカに行く度胸は無い!) | トップページ | (海自は『潜水艦』に注力する時ではないか) »

(国連改革こそが本命だろう?)

2019年06月30日
(国連改革こそが本命だろう?)


https://news.livedoor.com/topics/detail/16701353/


・G5がG7になり、やがてG20に。全て「国連が無能」だからだ。国連にぶら下がる『◯◯委員会』はサヨクの巣屈と化し、国連本体も未だ『第2次世界大戦戦勝国=5国』が常任理事国で、「拒否権」さえ持っている。


・①アメリカ、②英国、③仏国、④ロシア、⑤チャイナのことだが、④のロシアは旧ソビエト連邦の入れ替わり、⑤のチャイナは、蒋介石の旧中華民国の入れ替わりである。しかもチャイナは長々と〈発展途上国面〉して金を貯めこんでいたから、当然G7にも入っていない。ロシアなんざ〈クリミア半島強奪〉で入れる筈も無い。


・それらが〈常任理事国〉で「拒否権」を振り回しているのだから、国連はもう駄目なのだ。WTO(世界貿易機関)の機構改革が叫ばれて久しいが、私は国連こそ機構改革のNo.1だと思っている。


・日本を先頭に、インド、豪州、カナダ、ブラジル、インドネシアなどアメリカ同盟国・準同盟国は、先ずは『国連を脱退』することだ。『第2次世界大戦戦勝国=5国』が、未だにデカイ顔して仕切っている国連なんざ、ナンボのモノか? 脱退が続々で、国連は崩壊する。新たな『世界機構』を創るだけのことだ。


・ライブドアトピックス から、AFPBB News の記事を以下。


・「【G20は必要か? 大阪サミットで無力さ浮き彫りに】AFPBB News 2019年6月30日 16時16分」


・「【AFP=時事】大阪で行われた『20か国・地域(G20)首脳会議(サミット)』は、〔ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領〕の独善的なアプローチと、貿易から気候変動までさまざまな問題に対する各国の見解の相違の拡大に圧倒される形になり、今の世界にG20が担うべき役割はあるのかという疑問が専門家の間で浮上している」


・「先進7か国(G7)を拡大したG20は以前から、憲章や明確な権限、執行力がない、結論が出ないにもかかわらず多額の費用が掛かるサミットを開催している、開発途上国のほとんどが除外されているといった批判にさらされてきた」


・「これまでG20に対する圧力は反グローバリゼーション活動家からのものだったが、28、29日の両日行われた今回のサミットはG20の正当性に関わる問題が内部から生じている可能性を浮き彫りにした」


・「〔安倍晋三(Shinzo Abe)首相〕は、地球温暖化対策の国際枠組み『パリ協定(Paris Agreement)』について、全参加国が一致してより踏み込んだ取り組みを表明することを模索していたが、米国が抵抗。議長国の日本は最優先課題を達成できなかった」


・「大阪での最大の課題となっていた米中貿易戦争は、サミットに合わせて開かれた米中首脳会談で協議され、G20は無力だった。カナダのシンクタンク『国際ガバナンス・イノベーション・センター(Centre for International Governance Innovation)』の〔トーマス・バーンズ(Thomas Bernes)氏〕は、『G20は協力のためのフォーラムとして設立されたが、問題は、もはやG20がその目的を果たすことができない状況になったのではないか、ということだろう』と語った」


■G20:さまざまな利害の運命共同体


・「G20の基本的な目的は世界経済の安定の維持だが、『米国第一』を掲げるトランプ氏の対中貿易戦争によって世界経済は大打撃を受けている。昨年アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開かれたG20サミットと同様、大阪サミットも世界の2大経済大国の貿易戦争に乗っ取られたも同然だった。残る18か国は不運な傍観者の立場に追いやられた」


・「バーンズ氏は、残念ながらG20には、〈米国に代わってリーダーシップを発揮できる国が存在しない〉と指摘。『問題は、リーダーシップがどこにあるのかだ。人々はこれまで、米国のリーダーシップに不満を訴えてきたかもしれない。(しかし)米国は少なくともいくらかのリーダーシップを発揮し、他の国々はそれに反応することができた』『いろいろ考えてみても、他にその役割を果たせる国があるだろうか?』と述べた」


・「G20サミットの議長役を務めた安倍首相は気候変動問題に関する議論を進展させようとした。しかし首脳宣言は昨年使われた言葉を繰り返す内容で、大阪サミットはG20の無力さを浮き彫りにしただけのように見える」


・「早稲田大学(Waseda University)の国際政治学者、〔山本武彦(Takehiko Yamamoto)氏〕は、『20か国・地域はいずれも運命共同体だが、その利害はさまざまで、気候変動に関する残念な結果はG20の限界を浮き彫りにした』と述べた。 ※【翻訳編集】AFPBB News」・・・

« (〔金正恩〕はアメリカに行く度胸は無い!) | トップページ | (海自は『潜水艦』に注力する時ではないか) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (〔金正恩〕はアメリカに行く度胸は無い!) | トップページ | (海自は『潜水艦』に注力する時ではないか) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト