« (トランプ氏、日米安保破棄の考え側近に漏らしていた?) | トップページ | (とんだワルだったのか?:イラン最高指導者) »

(『千と千尋の神隠し』が中国で大ヒット!:またモデル探しか?)

2019年06月25日
(『千と千尋の神隠し』が中国で大ヒット!:またモデル探しか?)


https://news.nifty.com/topics/rcdc/190625351451/


・記事の中の「作品に登場する“オリエンタル”な要素が、文化的なアイデンティティーを抱かせる」は蓋し名言ではないか?『千と千尋の神隠し』の不思議な空間は、支那人の魂も揺さぶったことだろう。ところが「急にバブリーになった支那人」は、映画鑑賞だけでは収まらない。


・「日本にはこのモデルになったと言われる温泉旅館が6つも有るそうだ!」という情報が飛び交い、彼らはやってくる。由緒有る旅館なら、「ちょっと、お受け出来ません」と言えばいいのだが、「どうぞどうぞ」とでも言えば、また大挙してやって来て大騒ぎをする。大体品の良い欧米人の方は少数だから、来なくなる。大声・大騒ぎの支那人に、和風旅館は絶対合わない!


・私は「少年少女はカワユイ」と思うが、「少年少女連れの家族」が呑み屋に入って来ると、スグ退出する。ガキの嬌声で酒が不味くなるからだ。「現場の人」が多い我が住処近くは、そういう災難がしょっちゅう有る。猫を追うより皿を退けで、そうしている。


・しっかしま、自転車で昨日見た「気だるそうな、やる気の無さそうな少女」は可愛かった!黄色い帽子とランドセルだったから小学校4、5年生か?端正な顔を傾け、両手を前に組んで大儀大儀にゆっくり歩いている。思わず噴出した!・・・だからコドモは好きなのである。


・私は〔宮崎駿監督〕の最高傑作として『風の谷のナウシカ』『となりのトトロ』『もののけ姫』を上げるが、『千と千尋の』は正直ピンと来なかった。だが「作品に登場する“オリエンタル”な要素が、文化的なアイデンティティーを抱かせる」のならば、不思議な『湯屋』が登場する『千と千尋の』がチャイナで大ヒットというのは理解出来る。さぁ、支那人の大群、大変だぞ!


・ニフティニュース から、Record China の記事を以下。


・「【『千と千尋の神隠し』が中国で大ヒット! 『トイ・ストーリー4』に圧勝―中国メディア】
Record China 2019年06月25日 14時30分」


・「24日、新京報は、同じ日に中国で公開された『千と千尋の神隠し』と『トイストーリー4』の興行収入にはっきりと明暗が出たと報じた。2001年にスタジオジブリが発表した〔宮崎駿監督〕の『千と千尋の神隠し』と、ディズニー・ピクサーの代表作シリーズ最新作『トイストーリー4』の2大アニメ映画作品がそれぞれ21日に中国で公開された」


・「記事によると、公開から4日間で『トイストーリー4』は9840万元(約15億3000万円)の興行収入を獲得したのに対し、『千と千尋の神隠し』はその倍以上となる2億1000万元(約32億7000万円)に達し、『千と千尋の神隠し』が大差をつけてリードしている状況だという」


・「両者に明暗がはっきりと出た理由について、記事は北米では非常に高い評価を受けている『トイストーリー』シリーズが中国本土ではこれまで必ずしも大人気を博してこなかったこと、『千と千尋の神隠し』は史上初めて非英語映画でアカデミー賞最優秀長編アニメ賞を獲得しベルリン映画祭でも賞を獲得したほか日本映画史上の興行収入を樹立したという輝かしい経歴を引っ提げての中国上陸だったことに言及」


・「『口コミの面でもクオリティーの面でも、公開前から『千と千尋の神隠し』が勝っていた』と評した」


・「長い間業界に携わっている映画館関係者は『日本のアニメが持つ中国の観客との距離感は、ハリウッドのアニメよりもさらに近い。作品に登場するオリエンタルな要素が、文化的なアイデンティティーを抱かせる。また、自身の人生経験や認識にダブらせながら映画を鑑賞する人もおり、これも『千と千尋の神隠し』が幅広い年齢層に親しまれている理由だ』と語った」


・「さらに、ピクサーが中国本土の観衆を意識しだしたタイミングが日本のアニメよりもかなり遅く、観客層の柱である20~30代の記憶の中には日本のアニメが色濃く残っていることにも言及している。※(翻訳・編集/川尻)」・・・


《日本に未だモデルが多い、劇中の湯屋》


Photo_20190625195101

« (トランプ氏、日米安保破棄の考え側近に漏らしていた?) | トップページ | (とんだワルだったのか?:イラン最高指導者) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (トランプ氏、日米安保破棄の考え側近に漏らしていた?) | トップページ | (とんだワルだったのか?:イラン最高指導者) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト