« (『いだてん』終了後に左遷人事:NHK内のケジメ) | トップページ | (菅官房長官の「論評せず」は正しい) »

(香港政府、逃亡犯条例の審議先送りへ…現地報道)

2019年06月15日
(香港政府、逃亡犯条例の審議先送りへ…現地報道)


https://news.yahoo.co.jp/pickup/6326816


・そりゃ〔習近平指導部〕にとっては、今月末の『米中首脳会談』がヤマだろうと読む。その直前の『香港騒動』で、若しデモ隊に1人でも「死者」が出たらパーだ。アメリカから「人権!人権!」で責め立てられる。「ここは一旦撤収!」と腹を決めたのだろう。日本でも〔樺(かんば)美智子さん〕の犠牲で、学生らの闘争心が燃え上がった歴史が有る!


・ただ〔習近平〕はシブトイ奴だ。時間をかけ、香港の結束をジックリ「内部崩壊」させる手に出て来るだろう。日本に来ていた〔周庭さん〕(22)らリーダーたちは、御身大事にこの隙に海外に逃げたほうがいい。行く先はアメリカ・カナダ・日本かなぁ。


・YAHOOニュース から、読売新聞オンライン の記事を以下。


・「【香港政府、逃亡犯条例の審議先送りへ…現地報道】読売新聞オンライン 6/15(土) 13:15配信」


・「【香港=角谷志保美】香港の主要メディアは15日午前、香港政府が、中国への犯罪容疑者の引き渡しを可能にする『逃亡犯条例改正案』の立法会(議会)での審議を先送りする方針だと一斉に報じた。香港政府トップの〔林鄭(りんてい)月娥(げつが)行政長官〕が15日午後に記者会見で明らかにする見通しという」


・「民主派は、改正案によって自由が脅かされると主張して撤回を求め、9日には100万人規模(主催者発表)のデモを行った。12日には学生らと警官隊の衝突で80人以上が負傷した。民主派は16日にも大規模デモを呼びかけており、混乱拡大への懸念が高まっていた」


・「香港紙・『星島日報』は15日、林鄭氏が14日深夜に幹部会議を開いて先送りを決めたと報じた。中国政府の〔韓(ハン)正(ジョン)筆頭副首相〕とも事前に協議したという」


・「関係者は星島日報に対し、『撤回ではない』と強調し、時間をかけて民意を把握し、事態が沈静化した時点で審議を再開する方針だと述べた。一方、親中派の議員の一人は香港メディア『NOW新聞』に対し、『永遠に先送りすると理解している』と述べ、事実上の撤回との見方を示した」・・・

« (『いだてん』終了後に左遷人事:NHK内のケジメ) | トップページ | (菅官房長官の「論評せず」は正しい) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (『いだてん』終了後に左遷人事:NHK内のケジメ) | トップページ | (菅官房長官の「論評せず」は正しい) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト