« (日本人の感性) | トップページ | (こうして『コリアン』は世界から嫌われて行く) »

(市販『液体のり』、白血病治療の救世主に? 専門家驚嘆)

2019年05月30日
(市販『液体のり』、白血病治療の救世主に? 専門家驚嘆)


https://news.google.com/articles/CBMiN2h0dHBzOi8vd3d3LmFzYWhpLmNvbS9hcnRpY2xlcy9BU001WDZIVE1NNVhVTEJKMDFILmh0bWzSATtodHRwczovL3d3dy5hc2FoaS5jb20vYW1wL2FydGljbGVzL0FTTTVYNkhUTU01WFVMQkowMUguaHRtbA?hl=ja&gl=JP&ceid=JP%3Aja


・これって、〔ノーベル賞級の発見・発明〕ではないのか? これまで「白血病の治療は『ドナーの骨髄』や『臍帯血(さいたいけつ)の移植』に頼る場面が多かった」のだが、「白血病の治療で重要な〈細胞を大量に培養する〉ことに、〔東京大〕と〔米スタンフォード大〕などのチームがマウスで成功した。これまでは高価な培養液でもほとんど増やせなかったのが、市販の『液体のりの成分』で培養できたという」 のだ!


・東京大の〔山崎聡特任准教授〕なんざ、「コンビニの液体のりでも培養できることを確認した」 という。私の初版本である【生還へのフォアボール』の『最後の呼びかけ』の通りである。以下。


〈私が「俄(にわか)物書き」に没頭している間に、淀川堤にも冬が行き春が来て、夏の盛りに入ってしまった。川面いっぱいの夕映えに身を染めながら散歩していると、堤に咲く花々も様変わりして、いつの間にか月見草が、可憐な風情を見せてくれている〉

〈この雄大な淀川堤の夕映えに立って、全国のがん患者とそのご家族、そしてがん予備軍の方々に、『がんの種類』と『部位』を超えて、私は心からのエールを送りたい〉


①「おぉい! がんに罹った運命を嘆いてちゃ駄目ですよ! がんには自分を見つめ直し、心を浄化してくれるメリットも有りますよ!」


②「おぉい! 貴方が一番輝いていたあの頃を、いつもイメージするんですよ! 特に青春時代へのイメージ回帰は、貴方の心をしなやかにしてくれますよ!」


③「おぉい! がん如きで死んでちゃ駄目ですよ! 諦めずに粘っていれば、きっと医学と新薬の発達が、貴方のがんに追いついてくれますよ!」・・・


・特に「呼びかけの3つ目は、本の裏表紙にもカラーで刷り込んである。


〈おぉい! がん如きで死んでちゃ駄目ですよ! 諦めずに粘っていれば、きっと医学と新薬の発達が、貴方のがんに追いついてくれますよ!〉


・実は泥のように落ち込もうとする私を、美人の看護師長(19年前は婦長)さんが励ましてくださった言葉の引用なのだが、「諦めずに粘っていれば、きっと医学と新薬の発達が、貴方のがんに追いついてくれます」・・・絶望の淵に立つがん患者にとって、実に良い言葉だ。


・GOOGLEニュース から、朝日新聞デジタル(合田禄氏) の記事を以下。


・「【市販『液体のり』、白血病治療の救世主に? 専門家驚嘆】朝日新聞デジタル(合田禄) 2019年5月30日09時00分」


・「白血病の治療で重要な〈細胞を大量に培養する〉ことに、〔東京大〕と〔米スタンフォード大〕などのチームがマウスで成功した。これまでは高価な培養液でもほとんど増やせなかったのが、市販の『液体のりの成分』で培養できたという」


・「白血病などの画期的な治療法につながる可能性があり、専門家は『まさにコロンブスの卵だ』と驚いている」


・「白血球や赤血球に変われる『造血幹細胞』は、0・5リットルで数万円するような培養液でも増やすことが難しい。このため、白血病の治療は『ドナーの骨髄』や『臍帯血(さいたいけつ)の移植』に頼る場面が多かった」


・「東京大の〔山崎聡特任准教授〕らは、培養液の成分などをしらみつぶしに検討。その一つである『ポリビニルアルコール(PVA)』で培養したところ、幹細胞を数百倍にできたという。マウスに移植し、白血球などが実際に作られることも確認した」


・「PVAは『洗濯のり』や『液体のり』の主成分。山崎さんは実際、コンビニの液体のりでも培養できることを確認した。共著者で理化学研究所で細胞バンクを手がける〔中村幸夫室長〕は『結果を疑うほど驚いた。研究者はみんな目からウロコではないか』と話した」


・「大量培養できれば、〈臍帯血移植に使う造血幹細胞の不足が解消〉できたり、〈骨髄移植のためのドナーの負担を軽くできたり〉する可能性がある。別の幹細胞も培養できそうだといい、山崎さんは『再生医療や基礎研究に大きく貢献できるかも知れない』と話す」・・・


・「論文は30日に『英科学誌ネイチャー』(https://www.nature.com/articles/s41586-019-1244-x別ウインドウで開きます)に掲載される。(合田禄)」・・・


《細胞を培養できた液体のり》

Photo_238

« (日本人の感性) | トップページ | (こうして『コリアン』は世界から嫌われて行く) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (日本人の感性) | トップページ | (こうして『コリアン』は世界から嫌われて行く) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト