« (大阪都構想ふたたび) | トップページ | (〔パックネ前大統領〕の常識・矜持が見え隠れする話) »

(『北』に秘密のICBM基地)

2019年05月14日
(『北』に秘密のICBM基地)


http://news.livedoor.com/topics/detail/16455163/


・ここまで嘘がバレて来ても、〔トランプ〕は未だ辛抱強く〔金正恩〕との会談を望むのか? 〔安倍ちゃん〕が業腹だが『身代金』を支払って、拉致被害者を全員(『北』で結婚し、『北』で所帯を持って『帰りたくない人』は除いて)帰国させたら、もうお好きにどうぞだ。


・グアム、ハワイから戦略爆撃機〔B2〕やら〔B52〕やらをワンサカ飛ばし、在日米軍基地からは護衛の戦闘機を雲霞の如く飛ばして、『北』を石器時代の昔に戻してしまうのも一興だ。


・人民は山岳地帯に逃れていればいい。暗殺された〔金正男クン〕の忘れ形見を迎え入れるのもヨシ、イチから『朝鮮戦争後』のように国を再建するのもヨシ。


・ただ「地球上のがん」とまで言われている〔金正恩王朝〕は、もうお仕舞いにした方が、『北』の民衆にとっても世界の民主国にとっても、平和だと思うよ。


・ライブドアトピックス から、産経新聞 の記事を以下。


・「【北に秘密のICBM基地か 米研究所が衛星写真を公表】産経新聞 2019年5月14日 8時49分」


・「【ワシントン=黒瀬悦成】米政策研究機関『戦略国際問題研究所』(CSIS)は、北朝鮮が明らかにしていないミサイル発射基地の衛星画像を公表した」


・「同研究所は韓国メディアを引用し、基地には2017年に発射実験が行われた大陸間弾道ミサイル(ICBM)の『火星14』または『火星15』、あるいはこれまでに実験が行われていない『火星13』が格納されている可能性があると指摘している」


・「問題の基地は『ユサンニ』と呼ばれ、〈同研究所が存在を指摘した北朝鮮国内にある約20カ所の未公表のミサイル基地の1つ〉。平壌の北東約63キロ、韓国との非武装地帯(DMZ)から北に約150キロに位置し、現在も稼働状態にある。2003年に建設が始まり、16年までに主要な施設が完成したとみられている」


・「また、基地には旅団規模以上の部隊が常駐しているとされ、米本土を狙うICBMを運用する戦略軍の基地とみられる。ただ、格納されているミサイルの種類に関しては断定はできないとしている」


・「同研究所は、北朝鮮に存在する一連の未公表のミサイル基地の脅威を勘案し、『これらの基地も北朝鮮の最終的かつ全面的に検証可能な非核化合意の中に盛り込まれるべきだ』と強調した」・・・

« (大阪都構想ふたたび) | トップページ | (〔パックネ前大統領〕の常識・矜持が見え隠れする話) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (大阪都構想ふたたび) | トップページ | (〔パックネ前大統領〕の常識・矜持が見え隠れする話) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト