« (『政治家』では出来ない『ビジネスマン・トランプ』の手口) | トップページ | (丸山クン、『極右会派』を創れ!) »

(ファーウェイの正体)

2019年05月19日
(ファーウェイの正体)


https://www.sankei.com/premium/news/190519/prm1905190008-n1.html


・月刊『Hanada』編集長:〔花田紀凱(かずよし)氏〕の『嘆き節』が続いている。古巣の『週刊文春』や、好敵手だった『週刊新潮』の凋落振りを・・・である。そしてこのところ、圧倒的な存在感を増している『ニューズウィーク日本版』への凹み具合だ。古巣や好敵手との「余りの落差」は辛かろうて。


・「ファーウェイの正体」の中味は書けないだろうが、ブロガーやっていると、①〔ファーウェイ〕はチャイナの国策企業、②技術力の急進は、国家が〔搾取〕と〔外国企業に技術開示強要〕で得たネタを基盤に伸し上がった、③今度は5Gの普及で、チャイナに「恩返しする」使命がある・・・こと位は読める。


・余談だが、それにしても英国と独国、未だに「安全保障の判断は自国でする」と米国に逆らっているが、お二人ともお辞めになる女性宰相だ、大丈夫かいな?


・産経ニュース・[花田紀凱の週刊誌ウオッチング]〈720〉 から、記事を以下。


・「【[花田紀凱の週刊誌ウオッチング]〈720〉 ファーウェイの正体】産経ニュース 2019.5.19 09:00」


〈それにしても狙い澄ましたようなタイミングだ〉


・「『米中貿易戦争、本当の『核心』』『ファーウェイの正体』-。大きく表紙に打った『ニューズウィーク日本版』(5・21)が発売になった直後の5月15日、米商務省はファーウェイに対する米国製ハイテク部品などの事実上の禁輸措置を発表した。 特集は12プラス2の14ページ」


〈同社を87年に設立したのは、かつて人民解放軍の工兵隊に所属していた〔任正非(レン・チョンフェイ)〉〈任は国有銀行から850万ドルの融資を受け、14人のスタッフでファーウェイを創業〉。


・「ファーウェイの歴史をたどりつつ、無名の民間企業が、わずか30年で5Gという最先端の通信技術で支配的な地位を築くところまで到達できたのはなぜかという疑問に答えている」


・「今や〈世界の通信機器市場の29%を支配〉し、〈トランプ政権は、このままファーウェイが勝ち続ければ中国政府が世界の通信網を支配でき、いくらでもスパイ行為や知的財産の侵害を行えるようになると考えている〉」


・「『5Gは米中の地政学的な戦場』とも言われているそうだが、その戦争がどんな推移をたどるかについては、米メイン・ストリーム・メディアの一翼を担う『ニューズウィーク』だけに、ややトランプ大統領に厳しめ。 必読の好特集だ」


・「で、『週刊文春』『週刊新潮』(ともに5月23日号)を開くとトップ記事が『文春』は『『悠仁さま刃物事件』美智子さまの忠告を秋篠宮は拒否した』。『新潮』が『『雅子皇后』と『紀子妃』の冷戦』」


・「例によって『宮内庁関係者』などの匿名コメントが多く、読む気にもならない(仕事だから読んでますが)」


・「『サンデー毎日』(5・26)が早々と〔三浦博史氏〕(選挙プランナー)による参院選予測。


〈自民党は単独過半数割れするものの、与党全体で6議席減の141議席、過半数の123を上回り、絶対安定多数も実現するという〉※(月刊『Hanada』編集長」・・・

« (『政治家』では出来ない『ビジネスマン・トランプ』の手口) | トップページ | (丸山クン、『極右会派』を創れ!) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (『政治家』では出来ない『ビジネスマン・トランプ』の手口) | トップページ | (丸山クン、『極右会派』を創れ!) »

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト