« (「風は気まぐれ、コントロールできない」) | トップページ | (松本・元死刑囚の写真など多数見つかる) 札幌『アレフ』) »

(新天皇・新皇后の外交デビューは見事な作戦勝ち)

2019年05月30日
(新天皇・新皇后の外交デビューは見事な作戦勝ち)


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190530-00010004-newsweek-int


・「旦那が合衆国大統領になったため、晴れがましい舞台で曝される」・・・(どこかの国の総理アホ夫人に読ませて遣りたいものだが) そんな〔メラニア夫人〕を徹底して持ち上げた宮内庁と〔天皇・皇后〕の配慮。〔冷泉(れいぜい)氏〕は、いいところを衝いている。


・〔メラニア夫人〕、『宮中晩餐会』が済んで皇居を去るときにはホント、「立ち去り難い」雰囲気を醸し出していた。〔雅子皇后〕のことを心底「好きになった」風情だったもんなぁ。


・YAHOOニュース から、ニューズウィーク日本版 の記事を以下。


・「【新天皇・新皇后の外交デビューは見事な作戦勝ち】ニューズウィーク日本版 5/30(木) 17:35配信」


<世界中で批判的に見られているトランプ大統領とメラニア夫人を、知性と品格をもった大統領夫妻として厚遇したことが成功の鍵>


・「異例の長期滞在となった、〔トランプ米大統領〕の訪日ですが、ゴルフや相撲が話題になった前半に対して、後半は何といっても『皇室外交』に注目が集まりました。結果を先に申し上げると、各行事における大統領夫妻の表情、そしてトランプ大統領のツイート、さらにはアメリカでの報道などを総合しますと、〈即位後初の国賓接遇については、大変に高い評価がされている〉ようです」


・「この新天皇皇后の外交デビューですが、最初の相手がトランプ大統領というのは、非常にやりにくい巡り合わせだったと思われます。まず、トランプ流の『ホンネ丸出しのガサツなスタイル』を持ち込まれるのは、ハーバード・アルムナイ(卒業生)の皇后としては抵抗があるでしょうし、何よりも皇室の威厳、さらには国家の威信に関わる問題を生じます」


・「だからと言って、両陛下が高飛車に出て知性を見せつけるのも良くありません。皇室の『お家芸』である全方位外交が崩れてしまうからです」


・「そこで私は、両陛下の即位のタイミングで本誌に寄稿した際に、次のように記しました。


〈とりあえず見事な英語で品格と教養を示しつつ、大統領の持つ庶民性も『立てる』ことで関係を円滑にする、そのような儀礼の実務に徹してはどうだろうか。それ自体が簡単ではないかもしれないが、周到な準備を行うことで、一歩一歩を踏み固めることが肝要であると考える〉


驚いたのは、結果的に今回の皇室外交はこの期待感を『100%』いやそれ以上に実現したということです。 具体的には2つのポイントが指摘できます」


・「1つは、周到な準備です。これは、恐らくは〔小田野展丈(おだの・のぶたけ)侍従長〕が中心となり、両陛下、そして内閣や外務省とも調整の上で、アメリカサイドの事務方とも実務的に緻密な計画が練られたのだと思われます」


・「例えば、トランプ大統領は〔天皇陛下〕には『ビオラ』を、皇后陛下には『文具セット』をプレゼントとして持参したとされています。ところが、その中身が凄いのです。アメリカで報じられているところでは、その『ビオラ』というのは、ウェストバージニア州で1938年に作られたハンドメイドの逸品であり、そこに作曲家〔アーロン・コープランド〕の真筆サインが添えられていたというのです」


・「ウェストバージニアというのは、それこそ石炭産業の衰退で苦しむ中で、ヒラリーを嫌い、トランプを選んだ代表的な州です。またアメリカのクラシック作曲家の真筆サインということでは、亡くなった〔バーンスタイン〕(指揮者でも有名)、現在の世界のクラシック音楽界の寵児とでもいうべき〔ジョン・アダムズ〕なども考えられますが、それではリベラルなイメージになってしまうので、『アパラチアの春』で有名なコープランドというのは絶妙な選択です」


・「また皇后陛下向けの『文具セット』には、手彫りの万年筆が入っていたそうですが、その材料には『ハーバードのキャンパス内にある樫の木』が使われています。つまり、トランプ大統領側として、〔雅子皇后〕がハーバードの卒業生であることにリスペクトを込めたプレゼントというわけです」


・「また、宮中晩餐会において、トランプ大統領が元号『令和』の出典となった万葉集の話を、『おざなりではない』内容のある形で堂々と述べたというのも驚きでした」


<メラニア夫人への配慮>

・「結果的に、トランプ大統領サイドに、『いつものベランメエなスタイル』ではなく、知性と品格のある大統領だと持ち上げることで天皇皇后とのバランスを取った格好です。これは大統領本人も悪い気はしないでしょうし、外交シーンとして全体を俯瞰した場合に、とてもバランスが取れた格好になります」


・「こうした芸当は、現在、〔アジア太平洋担当の国務次官補〕が空席のままであるアメリカの国務省や駐日アメリカ大使館だけで、手配のできる話ではないでしょう。外務省の儀典長を経験している小田野侍従長が、両陛下と相談の上で、先方との緊密な調整に動いたとしか考えられないのです」


・「2つ目は、これも両陛下の深謀遠慮としか思えないのですが、『メラニア夫人への重点的な接遇』を心がけられた、これが成功の秘密であると思います」


・「メラニア夫人は、近代以降のアメリカ史の中でも〈非常に存在感の薄いファーストレディ〉です。アメリカでは、とかく夫の女性問題を騒ぎ立てられ、欧州などではファッションモデルからの『成り上がり』という暗黙の非難もあるようです。自身が移民でありながら、夫の政策は移民排除に近いものであり、さらには夫の支持者の多くは反移民であるという難しい立場でもあります」


・「何よりも、『夫が合衆国大統領になってしまった』ために、晴れがましい舞台に立たされていることに、一種の居心地の悪さを感じている、そんなイメージも確立してしまっています」


・「そのメラニア夫人に対して、両陛下は徹底的に配慮を重ね、アットホームな雰囲気を醸し出し、最後にはこれまでアメリカでは誰も見たことのなかったような笑顔を引き出していました」


・「結果的に、奥さんがハッピーであれば、旦那もハッピーになるわけで、これは大きな効果があったと思います。また、世界中で毀誉褒貶に晒されているトランプ大統領を持ち上げすぎるのは皇室の威厳にはマイナスですが、メラニア夫人であればその点も心配はありません」


・「そんなわけで、今回の皇室外交は周到な準備に加えて、夫人を『ターゲットとした接遇』に注力したことが成功の鍵であったと思われます。 ※冷泉彰彦(在米作家・ジャーナリスト))」・・・


《皇室外交デビュー戦》

Photo_241

« (「風は気まぐれ、コントロールできない」) | トップページ | (松本・元死刑囚の写真など多数見つかる) 札幌『アレフ』) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (「風は気まぐれ、コントロールできない」) | トップページ | (松本・元死刑囚の写真など多数見つかる) 札幌『アレフ』) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト