« (トランプ大統領が羽田到着!) | トップページ | (大相撲五月場所:〔朝乃山〕が平幕優勝!) »

(本当は「農産物関税撤廃」ってか、「TPPに準ずる」が正しい)

2019年05月25日
(本当は「農産物関税撤廃」ってか、「TPPに準ずる」が正しい)


http://news.livedoor.com/topics/detail/16514174/


・そりゃ『オモテナシ』の日本だもん、〔文在寅〕のように、いきなり『元淫売婆さん』を〔トランプ米大統領〕に抱き付かせるとかの馬鹿はしない。言葉は悪いが『新天皇・皇后両陛下』から『大相撲』まで、総動員しての「トランプ氏接待」だ。気分の悪かろう筈もない。


・安倍ちゃんも選挙前だが、トランプ氏だって選挙前だ。先ずは私が主張しているように、「トランプ氏には手土産」が要る。『霞ヶ関から地方までの公用車は27万台』と訊いている。これを全部『左ハンドルのアメ車』にするというフェイントをかけたらどうか?


・本当は「農産物関税撤廃」ってか、「TPPに準ずる」が正しいと思うよ。後継者が無く、「休耕地だらけ」の日本の農業は、もう終わっている。国民の腹を40%しか満たせないなんて、ハナから狂っている。企業参入を奨励し、『工場農業』を進める。どうせマッカーサーから貰った土地なんだが、「地主」は工場農業を展開する企業の「株主」になればいい。


・台風で吹っ飛ぶような「ビニールハウス」のセンスでは駄目だ。トヨタやホンダの工場が、台風で吹っ飛ぶかえ? 巨大な「束にしたファイバースコープ」を屋根に林立させれば、工場内は「お日様燦燦」だ。米だって麦だって野菜だって、水耕栽培しなくても味が抜群な土壌から育てられる。発想の転換が必要な時なのだ。


・ライブドアトピックス から、時事通信社 の記事を以下。


・「【トランプ氏の『虚栄心』満たす=対日貿易交渉では溝も】時事通信社 2019年5月24日 18時24分」


・「【ワシントン時事】〔トランプ米大統領〕が今回の訪日を決めた要因の一つは、令和改元後初の国賓として招かれた栄誉と用意された行事で、大掛かりなイベントを好む同氏の『虚栄心』(米メディア関係者)が十分に満たされたためとみられる」


・「一方、『対日貿易協定交渉』では溝が深く、蜜月を演出できるかは不透明だ。 『〔安倍晋三首相〕は、世界で唯一(最初)の賓客として私を招いた。(天皇陛下の退位は)200年以上で最大のイベントだ』。トランプ氏は23日、ホワイトハウスでの会合でこう胸を張った。『すごいことだ。私は日本と相性がいい。安倍首相と馬が合う』と続けた」


・「トランプ氏は6月の『20カ国・地域(G20)首脳会議』で大阪を訪れる予定で、大統領の2カ月連続の訪日は極めて異例だ。欧州訪問では冷ややかな反応を受けることが多いトランプ氏にとって、日本で受ける『特別待遇』が訪日決断に影響したのは間違いない」


・「26日の大相撲観戦では、優勝力士に特注の『米大統領杯』を授与する。米メディア関係者からは『華やかで虚栄心が満たされることが好きなトランプ氏の性格を知り尽くしている』と、日本側の舞台設定に感心する声が出ている」


・「ただ、首脳会談が『かつてなく強固な同盟』(米政府高官)を演出しようとする思惑通りに進むかは予断を許さない。 トランプ氏は4月の安倍首相との会談で、日本の『農産物関税撤廃』を要求するなど攻勢に出た」


・「欧州連合(EU)などと比べ対日輸出で不利な競争条件に立たされる米農家からは、対日交渉の早期妥結へ圧力がかかる。夏の参院選を控えた安倍首相としても、簡単に譲歩する環境にはないとみられ、両首脳の考えの違いが浮き彫りになる恐れもある」・・・
 

« (トランプ大統領が羽田到着!) | トップページ | (大相撲五月場所:〔朝乃山〕が平幕優勝!) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (トランプ大統領が羽田到着!) | トップページ | (大相撲五月場所:〔朝乃山〕が平幕優勝!) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト