« (酒乱は『一過性狂人』である) | トップページ | (「突発性バカ」になる東大出身者の共通点) »

(栗原心愛(みあ)さんは、やっぱり母親の連れ子?)

2019年05月17日
(栗原心愛(みあ)さんは、やっぱり母親の連れ子?)

https://news.google.com/articles/CBMiPWh0dHBzOi8vaGVhZGxpbmVzLnlhaG9vLmNvLmpwL2hsP2E9MjAxOTA1MTYtMDAwMDA1NzQtc2FuLXNvY2nSAQA?hl=ja&gl=JP&ceid=JP%3Aja


・「聞くに堪えない」という言葉が有るが、正に「読むに堪えない(堪えられない)」記事である。あまりの凄惨さに、「この勇一郎って父親は実父なのか?実父ならば狂人としか思えないが」と、「栗原心愛(みあ)さん実子?母親の連れ子?」と、ネット情報に頼ってしまった。


・結果は「いつものパターンの『母親の連れ子』説」が圧倒的だ。〈「雄」が「雌の連れ子」に焼餅を焼く〉、例のパターンである。


・しっかしま、「オウムの教祖や手先共」と、この〔栗原勇一郎被告〕と何処が違うのか?或る意味、この〔栗原勇一郎被告〕の方が残忍で許せない思いが募る。今も恐らく日本中で行われていると思う〈「雄」が「雌の連れ子」に焼餅を焼く〉虐待に警鐘を鳴らすため、この〔栗原勇一郎被告〕は『死刑』にすべきではないのか?一罰百戒だ。


・先進国では今や珍しいと言われる「死刑が有る国=日本」である。高湿度が関係するかも知れない「陰湿な民族集団」でもある。このオトコを死刑にせずに、「死刑制度」は存続出来ないと思う。検察は迷い無く「死刑」を求刑し、裁判所もそれに応えよ!


・GOOGLEニュース から、産経新聞の「読むに堪えない」記事を以下。


・「【凄惨な虐待、最後は服ぬぐ力もなく…千葉小4虐待死母親初公判】産経新聞 5/16(木) 17:55配信」


・「千葉県野田市立小4年の〔栗原心愛(みあ)さん〕=当時(10)=が自宅浴室で死亡した虐待事件をめぐり傷害幇助(ほうじょ)罪に問われた母の〔なぎさ被告〕(32)の16日の初公判で、検察側は、なぎさ被告の供述調書から死亡する直前の様子を明らかにした」


《父親の勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=は、冬休み明けの今年1月7日から心愛さんを登校させず、虐待を加えていた。なぎさ被告は同月22日から死亡する24日までの詳しい状況を供述していた》


・「勇一郎被告は、十分な睡眠や食事を取らせず、風呂場で足踏みさせたり、関節技をかけたりしていたという。『旦那の虐待に協力したことに間違いない。誰が見ても許されない虐待だった。虐待に慣れてしまっていた』などとする。 なぎさ被告が何を言っても行為を認めず、なぎさ被告自身も数回だが暴力を受けていたという」


・「勇一郎被告はインフルエンザに罹患(りかん)。ずっと自宅にいる状態が続いた。『心愛の存在自体が嫌だ』とし寝室に閉じ込めトイレにも行かせなかった。心愛さんは、おもらしをしてしまう状態だったという。食事は寝室に運んで食べさせていた」


・「勇一郎被告は『壁を向いて立っていろ』とし、心愛さんはリビングの端にずっと立たされていた。なぎさ被告は午後10時ごろまで立たされているのを確認していたという」


・「翌23日の明け方、なぎさ被告がトイレに立つと、勇一郎被告は、まだ、心愛さんが立っているのを確認していたという。その後、勇一郎被告が寝入った隙に、心愛さんは、なぎさ被告の寝室に入ってきた。『ずっと立たされていた』。そう話したという」


・「午前9時、なぎさ被告が寝室から出て食事を作り始めたとき、ソファで横になっていた勇一郎被告が起き上がり、心愛さんが立っていないことに気がついた。心愛さんを寝室から連れ戻し、その場で立たせて朝食も食べさせなかった」


・「その後、勇一郎被告は病院へ。その際も『風呂場で駆け足してろ』と心愛さんに指示していた。帰ってくると、勇一郎被告は『やっていなかっただろう。換気口から音がしなかった』といい、足踏みの続きをさせた」


・「夕食後、心愛さんはおもらしをした。『どうするんだ』。そうすごむ勇一郎被告に、心愛さんは『そこで立っています』と話していたという」


・「24日午前1~2時ごろには、立たされていた心愛さんがまたおもらしをしてしまった。勇一郎被告は『もう着替えがないぞ。いつまで立っているんだ』と詰問し、心愛さんは『午前10時まで立っている』と言わされていたという」


・「心愛さんは、結局、24日朝まで風呂場に立たされていた。風呂場や廊下が寒いことは分かっていたが、なぎさ被告は『布団をあげなかった』。 24日午前、心愛さんは風呂場で髪と肌着1枚でぬれて、肌着から肌が透けている状態で体育座りのような格好をしていた。勇一郎被告は『見ていないとすぐさぼろうとする。嘘をつく』といい、風呂の洗い場で立たせた」


・「午後3時ごろ、勇一郎被告が『今から5秒以内に服を脱げ。5、4、3、2、1』と数え始めたが、心愛さんは脱ぐ力もなかった。勇一郎被告はボウルいっぱいに冷水をため、心愛さんの頭にかけることを3回くらい繰り返した」


・「そのあと、『シャワーでながせよ』といい、心愛さんはお湯を出そうとしたが冷水に変えさせ、『かせ』とシャワーをひったくると、背中や頭に躊躇(ちゅうちょ)なくかけた。心愛さんは背中を丸めて震えていたという」


・「午後4時、勇一郎被告は心愛さんをリビングに連れてきてうつぶせにしてプロレス技をかけた。午後5時前後にまたおもらししてしまった心愛さんに『いい加減にしろ。俺は片付けないからな』といって、家族は夕食を食べたが心愛さんには与えなかった」


・「午後9時、リビングに入って心愛さんがなぎさ被告に『トイレに行きたい』と言ったので、なぎさ被告は『いいよ』と応えた。心愛さんは『寒い、寒い』と言いながらリビングのストーブの前で手を伸ばして当たっていた。お風呂に入った方がいいと言って、なぎさ被告は『服は軽く水洗いして浴槽に掛けておいて』と頼んだ」


・「午後9時50分、『もう寝ようか』と寝室に入ろうとした。これが心愛さんとの最後の会話だった。心愛さんを寝室に入れようとしていることに気付いた勇一郎被告は『掃除をさせるから』と心愛さんを連れ出した」


・「しばらくすると、壁をたたくようなドンという音が2回したが、悲鳴や叫び声などはしなかった。すると勇一郎被告が『ちょっときて。心愛が動かない』と比較的冷静な様子で言ってきたので『え、なんで』と応えて浴室へ行くと、心愛さんはあおむけで青ざめた状態で倒れていた」


・「お湯を掛けたが全く反応がなく、その場で立っていると、『自分で電話する』と勇一郎被告は言ったという。心愛さんの脈は確認できず、心臓マッサージで胸を5~6回押すと、まもなく救急隊員が到着した」・・・


(解説)この少女の、たった10年の人生は悲惨過ぎるが、「妬心」に発狂したこの41歳のオトコの人生も何だったのだろう。そして「私は『共犯で死刑』、若しくは『無期懲役』を求刑したい」この馬鹿母の32年の人生も「何だったのだろう?」と染々思う。

« (酒乱は『一過性狂人』である) | トップページ | (「突発性バカ」になる東大出身者の共通点) »

コメント

托卵児じゃないのかな?

Haiさま、

「カミさんの浮気で」という「托卵」でしょうか?私らの昔には「重箱」と言われていました。

旦那の側に生殖能力の問題が有る場合に、カミさんに魔が差すようですが、ここは
1歳の子も居ます、やっぱり 「連れ子のいる女の所に転がり込んだ男」 の、「雄の焼餅」
なのではないでしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (酒乱は『一過性狂人』である) | トップページ | (「突発性バカ」になる東大出身者の共通点) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト