« (皇統の男系「Y」染色体を絶やすな!) | トップページ | (仁徳陵が世界遺産 国の成り立ち考える機に) »

(『百舌鳥・古市古墳群』:〔仁徳天皇古墳〕併せて49基!)

2019年05月15日
(『百舌鳥・古市古墳群』:〔仁徳天皇古墳〕併せて49基!)


https://special.sankei.com/f/sankeisyo/article/20190515/0001.html?_ga=2.124797132.774253487.1556252253-2044045851.1554805986


・ご存知、大阪府堺市は 〔古墳の街〕。地質学的に『仁徳天皇時代』に合わないと学者は言うが、さりとて「誰の墓」とは断定出来ない。世界最大級の『仁徳天皇御陵』とされる古墳の大きさには、圧倒される。


・B29は情け容赦も無く、この古墳にまで焼夷弾の雨を降らせたようだ。これは「身を挺して古墳を守った市民の物語」である。


・産経スペシャル・【[産経抄]5月15日】 から、記事を以下。


・「【[産経抄]5月15日】産経スペシャル 2019.5.15」


・「昭和19年11月から翌年の8月15日まで、米軍のB29爆撃機は、日本の64都市を焼き尽くした。大阪府堺市では、7月9日から10日にかけての空襲で、1370人が亡くなっている」


・「▼地元の農学校の学生だった〔宮川●(すすむ)さん〕(86)は、『仁徳天皇陵古墳』に油脂爆弾が降り注がれるのを目撃している。すんでのところで、墳丘の森は炎上を免れた。もっとも、戦争が終わっても、古墳の受難は続いた(『よみがえる百舌鳥古墳群』新泉社)」


・「▼街の復興のためには、大量の土砂が必要だった。『仁徳陵(大山(だいせん)古墳)』など宮内庁が管理している古墳は守られたものの、私有地にあった古墳は次々に掘り返された。全長146メートルの『いたすけ古墳』にも、トラックが通行する橋の工事が始まった」


・「▼ここで宮川さんは、考古学者の〔故森浩一さんら〕とともに、古墳を守るために立ち上がった。署名を集め資金カンパを募る活動は、大きく報じられ全国に知られるようになる。古墳群全体の保存にもつながった」


・「▼『百舌鳥・古市古墳群』の世界文化遺産への登録が、ほぼ確実となった。〈世界最大級の墳墓である仁徳陵やいたすけ古墳など、49基〉が含まれている。4~5世紀につくられた古墳群は、古代史を解き明かす道しるべのような存在である。前方後円墳など、大陸の影響を受ける前の日本固有の文化を世界に示す意義も大きい。とはいえ登録された後も、公開の方法など課題は山積みである」


・「▼宮川さんは、歯科医のかたわら古墳研究を続けてきた。古墳群を探訪する際には、〈大阪湾が埋め立てられる前の地図を持参するよう〉勧めている。〈朝鮮半島や中国からやってきた使節団が、船の上から巨大な天皇陵に気づいて驚く〉。そんな姿を想像するのも楽しい。(●=ぎょうにんべんに歩の『、』を取る」・・・

« (皇統の男系「Y」染色体を絶やすな!) | トップページ | (仁徳陵が世界遺産 国の成り立ち考える機に) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (皇統の男系「Y」染色体を絶やすな!) | トップページ | (仁徳陵が世界遺産 国の成り立ち考える機に) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト