« (なぜ5月5日に菖蒲湯に入るのか) | トップページ | (米中貿易協議取り止めか:貿易戦争の破綻でどうなる?) »

(腫瘍マーカ:CA125=腹膜がん)

2019年05月05日
(腫瘍マーカ:CA125=腹膜がん)


・一昨年の2月、町内の世話役の電機屋の〔西田氏〕が、カラオケ屋を継ぐことになった。ママ(私より1歳上)が流石に引退することになったのだ。西田氏は酔狂にも、そのカラオケ屋の真上(2階)に部屋借りしていた。ママの方がウンと以前からだったから、文句は言えない。


・11時までは喧しくて寝られない。西田氏はいつも降りて来て、カラオケ屋のカウンターで寝ていたものだ。近くに美形の鉄板屋のママの店が在ったが、西田氏は私に教えなかった。自分の隠れ家にしたかったのだろう。


・しっかしま、自分がカラオケ屋を継ぐことになって、渋々だったのだろう、私を連れて行った。驚いた。ホントに品の良い美形だった。性格も男性っぽく、言いたいことをポンポン言うママだった。昨年6/29に逝った『私の大阪の妹分』も、10/09に逝った『私の大阪の姉貴分』もお世話になった。私にとっては、居心地の良い店だった。


・年中無休だったのも気に入った。「昼間、女子会して遊んでるから、夜くらい働かなくっちゃ!アハハ」というタフなママだった。ところが昨年初め、突然1ヶ月近く休んだ。最初は「特養に預けている母上が亡くなったんだ?」と思った。96歳を過ぎていたから自然にそう思った。


・母上は健在だった。自分の入院だったのだ。何も言わない、訊かせない雰囲気を持った人だった。それからようやく「日曜日だけ」は休むようになった。その間に『私の大阪の妹分』も『私の大阪の姉貴分』も103日間に2人とも逝った。私の奮闘努力を全部見て来てくれたママだった。


・今年3月に突然閉店した。西田氏に電話が有り、「シャッターに閉店の貼紙をしてくれ」と言って来たのだとか。40年来の知り合いの西田氏は、「シンドイのか?」と尋ねたら、珍しく「はい」と言ったらしい。


・彼女はそのあと「98歳の母上」を送り、ようやく「覚悟の入院」が出来たらしい。母上を送って1週間目に、一人息子に送られて逝ったらしい。4姉妹だったが、3人が間に合ったかどうか知らない。希少がんである『腹膜がん』だったらしい。昨年初めの長期入院で、余命も告げられていたのではないか?


・私の善行は、昨年12月14日(赤穂浪士討ち入りの日)に、新卒入社した外資系の大阪での仲良し5人組の会をやってあげたことだ。みんな紳士なのでバカ騒ぎはなく、後でママは我らのことを褒めちぎっていた。あの無理言った『塩味のおでん大会』が、思い出となった。


・『4がん5バトルの旅人』である私の血液検査でも、腫瘍マーカは ①CEAと、②CA19-9だけを診ている。いずれも内臓腫瘍のマーカだ。その臓器を包んでいる腹膜側に出来るがんなど、この19年間、想像もしたことはなかった。CA125というそうだ。


・今、目の前に、大阪市の無料検診の封筒がある。腫瘍マーカの検査はないので、私は利用したことがない。国民の死亡率No.1のがん対策は、タダではやってくれない。ママ、この1年かなり辛かったろうに、いつものようにポンポン言って頑張ったね!ゆっくり休んでね。南無(69歳逝去)


・西田氏の後日談、「死に顔に、『ワッキレイ!』と言ってもうた。40年前に、『え?町内にこんなきれいな人が居たんや!』と驚いた時の顔に戻って逝ってくれたんで、ワシは満足や」・・・私も寂しいが付き合いの長さが違う。西田氏、辛いだろなぁ。

« (なぜ5月5日に菖蒲湯に入るのか) | トップページ | (米中貿易協議取り止めか:貿易戦争の破綻でどうなる?) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (なぜ5月5日に菖蒲湯に入るのか) | トップページ | (米中貿易協議取り止めか:貿易戦争の破綻でどうなる?) »

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト