« (それ見ろ!「『南』は動かず」だ) | トップページ | (不運!温泉調査の邦人男性、中国で懲役15年の判決) »

(〔上原浩治投手〕引退。長い間ご苦労様!)

2019年05月20日
(〔上原浩治投手〕引退。長い間ご苦労様!)


https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwiMwr3mgqriAhXF7WEKHcnXB2gQ0PADMAB6BAgCEAU&url=https%3A%2F%2Fnews.yahoo.co.jp%2Fbyline%2Fichimurajunko%2F20190520-00126628%2F&usg=AOvVaw0BmKx8WFiFp_vpq6_sIq33


・『雑草魂』の〔上原浩治投手〕にも、ついに引退の時が来た。44歳である。『読売ジャイアンツ』を皮切りにMLBに渡り、『オリオールズ』『レンジャーズ』『レッドソックス』『カブス』と活躍した。『レッドソックス』時代には世界一も達成している。


・そして最終はまた『読売ジャイアンツ』に拾って貰い、引退を迎えた。或る意味「世界一幸せな男」かも知れない。


・〈2001年から拠点を米国に移し、05年フリーランスに転向。ボストン近郊在住〉のフリー・スポーツライターの〔一村順子氏〕が、女性特有の「愛惜のペン先」で、上原浩治投手の引退を「海の向こう」から投稿している。


・YAHOOニュース から、〔一村順子氏〕 の投稿記事を以下。


・「【巨人・上原浩治投手の引退に寄せて。日米通算トリプル100の偉業。名球会は入会資格を再考すべきだ】一村順子(フリーランス・スポーツライター) 5/20(月) 12:12」


・「『ボストン・レッドソックス』の本拠地、〔フェンウェイパーク〕の記者席は5階にある。エレベーターを降りてドアを開けると、記者席に続く廊下の両側の壁には、球団の歴史を彩る様々な写真や新聞記事が展示されている」


・「クラブハウスで腰にバスタオルを巻いて素振りする若き日の〔テッド・ウィリアムス〕や、バンビーノの呪いを解いた04年の優勝シーンの写真に混じって、胴上げ投手・〔上原浩治〕が、人差し指を天に号泣する写真が目に飛び込んでくる。言うまでもなく、2013年、ワールドシリーズ第6戦でカージナルスを倒し、世界一を達成した時の瞬間だ」

・「この前を通るたび、私はいつも感慨に耽る。シーズン前、この構図を予想した人はいない。前年度最下位のレ軍の下馬評は低く、抑えは〔ハンラハン〕、〔ベイリー〕が相次いで故障、〔田沢純一〕も中継ぎで適性を示し、上原は“第4の候補”だった。上原を抱き抱える〔デビット・ロス〕も控え捕手。日頃の鍛錬を重ね、巡ってきたチャンスをモノにしてヒーローに上り詰めた2人だからだ」

・「引退後、ESPNのアナリストとして活躍するロス氏は、今でもメジャーの取材現場でよく顔を合わせる。今年もヤンキースタジアムで会い、『コージは、まだ現役でプレーしているよ』と言うと、『Unbelievable (信じられない)』と言った後で『いや、彼なら、It’s believable (十分考えられるよね)』と笑い、『コージの球を受けるのはいつも楽しかった』と懐かしそうだった。そんな矢先…」

・「海の向こうから『上原引退』のニュースが流れてきた。あれから、6年。ボストンの人々は今も〔コージ・ウエハラ〕の名前を、リスペクトを込めて呼ぶ。あの時の上原は、凄かった。登場曲『サンドストーム』と共に背番号『19』がマウンドに走ってくると、まるで“名人芸“が始まったような気がした。90マイルに満たない直球でトントンと追い込み、スプリットでバットに空を切らせる。ほとんど、神掛かっていた」

・「ブルージェイズ監督時代から獲得に動くなど、上原を評価していた当時のレ軍・ファレル監督は上原の特異な能力について興味深いことを言った。『ショート・アーム&ショート・メモリー』。直訳すると『短い腕と物忘れ』となり、酷いことを言うようだが、実は『腕の出処が判りづらく、球持ちが良い独特のフォーム』と『たとえ救援に失敗してもズルズル引きずらないで、次の日に切り替えが出来るメンタルの強さ』を形容する、正真正銘の褒め言葉である」

・「上原は、決して長い時間ではなかったが、登板した試合は必ずメディアに対応してくれた。質問は大抵3つか、4つ。すると向こうから『いいすっか』と切り上げ、アイシングやトレーニングに行ってしまった。正直、物足りない気もしたが、いざ原稿を書く際になると、上原のコメントに一切、無駄がないことに気が付いた」


・「頭の回転が速く、質問者の意図を瞬時に読み、投球の本質や、想いを自分の言葉で的確に表現した。それらの言葉をつなぐと、もう原稿が出来上がっていたことは1度や2度ではない。ある時、ふと気が付いた。軽快なテンポで、1イニングを10球前後で抑える彼の投球スタイル、そのものじゃないか、と」

・「さて、日米通算134勝、128セーブ、104ホールドの成績を残した上原は名球会に入るだろうか。昨年、日米通算で100勝、100セーブ、100ホールドを達成した際、名球会の入会資格再考が討議されたと聞く」


・「メジャーで『トリプル100』を達成したのは、イチローとも交流が深いマリナーズ内野手・ディーを息子に持つ〔トム・ゴードン〕(138勝158セーブ、110ホールド)だけだ。同氏は2015年の殿堂入り投票に初めてエントリーしたが、得表が5%に満たず、1年目で資格を失った」


・「昨年12月、ラスベガスで行われたウィンター会議中に、偶然ゴードン氏と話す機会があった。上原が日米通算で『トリプル100』を達したことについて、『素晴らしい功績だ。私がそれを達成した時は、それほど、大きな話題になった訳ではない。人々は過小評価している。だが、私は、先発、中継ぎ、抑え、どの役割にも喜びを感じてマウンドに立った』」


・「『そして、それが、どれ程、大変なことかを知っている。心から祝福したい』と言った。日米のファンを21年間に渡って、楽しませてきたレンジェンドに、野球人の名誉がもたらされるか、今一度、討議されることになるだろう。  上原投手、長い間、本当にお疲れ様でした。素晴らしい時間を、ありがとうー」・・・


《引退会見で落涙する上原浩治氏》

Photo_191


« (それ見ろ!「『南』は動かず」だ) | トップページ | (不運!温泉調査の邦人男性、中国で懲役15年の判決) »

コメント

名球会入りの資格について、特に投手の勝ち数は見直すべきと常々思っています。 かっては先発完投が当たり前だったので、力のある投手は1シーズンで20勝も30勝もし、200勝も夢ではありませんでしたが、今は好投していても6回か7回で代えられ、救援投手が打たれれば折角の勝ちもパーになります。 しかも再逆転すれば打たれた投手が勝ち投手になることもあり、救援投手の方が先発投手より勝ち数が多いという珍現象も現れています。 。 そのため、どんな好投手でも現状では200勝するのは至難の業となっています。 私は150勝位で名球会入りの資格ありに改めても良いと思っています。 一方、打者部門ではあまり注目されていない選手がいつの間にやら2000本打って名球会に入っているのを見るとなんとなく不公平な気がします。

冴えちゃん様、

コメント、有難うございました。名球会と言えばカネヤンの独裁が
直ぐイメージされてしまいますが、今は球団オーナーらが管理して
いるのでしょうか?私物化されては困りますよね。

確かに投手は分業制に変わり、昔のように300勝はおろか200勝も
キツイと思います。貴殿ご提案の150勝あたりが、私も公平なのかと。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (それ見ろ!「『南』は動かず」だ) | トップページ | (不運!温泉調査の邦人男性、中国で懲役15年の判決) »

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト