« (拉致被害者を一気に全員取り返す時が来た) | トップページ | (〔『ニンジャ爆弾』R9X〕:テロリスト指導者暗殺用か?) »

(基調判断「悪化」に下方修正 6年2カ月ぶり 3月の景気動向指数)

2019年05月13日
(基調判断「悪化」に下方修正 6年2カ月ぶり 3月の景気動向指数)


https://www.sankei.com/economy/news/190513/ecn1905130016-n1.html


・さぁ、内閣府がハッキリと「景気悪化」と認めた。直ぐアタマのテッペンにピン!と来るのは、①秋の消費増税先送りと、②「国民に信を問う」衆院の解散=衆参W選挙だ。


・4/18に〔萩生田光一幹事長代行〕が明快に公言している。内容は以下。


〈〔萩生田光一幹事長代行〕は18日のインターネットテレビ番組『真相深入り!虎ノ門ニュース』で、10月の消費税増税延期もあり得るとの考えを示した。『景気はちょっと落ちている。6月の〔日銀短観〕で、この先は危ないと見えてきたら、崖に向かってみんなを連れて行くわけにはいかない。違う展開はある』と述べた。増税の先送りの場合は『国民の信を問うことになる』と明言した〉


・報道では「保育の無償化が決まったから、消費増税の先送りは無い!」などと、「葦(ヨシ)の穴から天覗く」ようなことが言われているが、そんなことで政治は決まらない。〔産経新聞・田村秀男特別記者〕が毎回「持論を展開」し、アメリカも「日本が今、消費税を上げたら自傷行為だ!」と警告しているように、消費増税は今は見送るべきだ。


・同時に「参院単独選挙」は無責任投票が多く、また『ネジレ』でも起こったら「決められない政治スパイラル」に嵌る。自民党政治の安定・日本の安泰のために、是非『衆参W選挙』に持ち込むべきだ。


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【基調判断『悪化』に下方修正 6年2カ月ぶり 3月の景気動向指数】産経ニュース 2019.5.13 14:09」


・「内閣府が13日発表した3月の景気動向指数(速報値、平成27年=100)によると、景気の現状を示す一致指数は前月比0・9ポイント低下の99・6となり、2カ月ぶりに悪化した。海外経済の減速が響いた」


・「過去の指数の推移も踏まえて機械的に決める基調判断は、景気後退の可能性が高いことを示す『悪化』に引き下げられた。悪化への下方修正は、平成24年10月~25年1月以来6年2カ月ぶり」


・「基調判断は昨年9月から12月にかけて、景気拡張の動きが足踏み状態になっている可能性が高いことを示す『足踏み』としていた。しかし、今年1月に景気が既に後退期に入った可能性を示唆する『下方への局面変化』に引き下げられ、2月は据え置かれていた」・・・

« (拉致被害者を一気に全員取り返す時が来た) | トップページ | (〔『ニンジャ爆弾』R9X〕:テロリスト指導者暗殺用か?) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (拉致被害者を一気に全員取り返す時が来た) | トップページ | (〔『ニンジャ爆弾』R9X〕:テロリスト指導者暗殺用か?) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト