« (消費増税こそデフレ不況深刻化の元凶) | トップページ | (橋下がネット応援に徹したのは上等策:大阪W選) »

(前日銀副総裁も「消費増税凍結」講演)

2019年04月06日
(前日銀副総裁も「消費増税凍結」講演)


http://news.livedoor.com/topics/detail/16277034/


・消費税と言えば「3%導入」した〔竹下登〕を思い出す。次は「5%に増税」した〔橋本龍太郎〕、民主党政権になって「8%増税」を参議院可決までした〔野田佳彦〕、退陣の条件に『自公民三党合意』まで取り付けた念の入れようだった。


・で、「復権自公連立」による「8%増税」は〔安倍晋三〕・・・この辺りから、内需がガタガタになって来た印象だ。頼みは「輸出」と「株価」だけ。国民は窮乏して「物」を買わない。若者のステータスだった「車」も買わない。「古着」は平気で着る。勿論「結婚」もしない。


・少子高齢化の元凶は、『消費増税の失政』かも知れない。〔安倍政権〕はその失政を糊塗するために、外国人労働者を「移民」させようとしている。〔安倍ちゃん〕よ、対抗馬は居ないのだ。「消費増税10%は無期限凍結」と国民に宣言し、「例えば75歳以上の方々は、『マイナンバーカード』を提示したら5%に消費減税!」を謳ったらどうか?


・『マイナンバーカード』の普及に役立つし、「次は65歳以上の消費減税」の期待も膨らむ。日本では「消費増税」は先に投稿したように「内需の足を引っ張る」だけだ。


・ライブドアトピックス から、共同通信 の記事を以下。


・「【前日銀副総裁、消費増税凍結を デフレ脱却へ、都内でシンポ】共同通信 2019年4月6日 18時8分」


・「10月に予定される消費税率10%への引き上げに反対するシンポジウムが6日、東京都内で開かれた。〔岩田規久男〕・前日銀副総裁は『日本は年金生活者や非正規労働者といった消費税増税に弱い人が多い』と語り、デフレ脱却のため『増税は凍結すべきだ』と訴えた」


・「岩田氏は日銀在任中の2013年に〔黒田東彦総裁〕と始めた『大規模金融緩和』で、人々が見込む『予想物価上昇率』が高まり、14年7月ごろには2%の物価上昇率目標を達成するはずだったと強調。14年4月の〈消費税率8%への引き上げ〉で個人消費が冷え込み、目標に届かなくなったと説明した」・・・

« (消費増税こそデフレ不況深刻化の元凶) | トップページ | (橋下がネット応援に徹したのは上等策:大阪W選) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (消費増税こそデフレ不況深刻化の元凶) | トップページ | (橋下がネット応援に徹したのは上等策:大阪W選) »

最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト