« (自分が立てばいいのに;橋下ハッチャク) | トップページ | (世論も後押し『愛子天皇』 安倍政権狙う改憲との抱き合わせ) »

(F35A、異例の日米捜索 3隻態勢、水深1500メートル)

2019年04月30日
(F35A、異例の日米捜索 3隻態勢、水深1500メートル)


https://www.sankei.com/affairs/news/190429/afr1904290017-n1.html


・米軍の『捜索参加』は、遺体の回収よりも「軍事機密の回収」で躍起な顕れだ。そりゃ〔チャイナ〕や〔ロシア〕に回収されたら一大事どころか、米空軍の弱体化に繋がる。米軍も必死なのだ。


・それにしても日本が誇る『しんかい6500』は何処に居るのか? 水深6500mに耐える深海探査船なら、1500mなんざ屁の河童だ。日本の「ヤル気度」に対し、米軍はイライラしているのではないか。3基より4基の方が探査し易いに決まっている!日本は『しんかい6500』を出せ!


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【F35A、異例の日米捜索 3隻態勢、水深1500メートル】産経ニュース 2019.4.29 20:52」


・「航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)の最新鋭ステルス戦闘機〔F35A〕が墜落した事故で、米国が派遣した深海捜索船〔ファン・ゴッホ〕が29日、墜落したとみられる青森県沖の太平洋に到着し、海上自衛隊の艦艇と日本の海洋研究開発機構の海底広域研究船〔かいめい〕とともに3隻態勢で海底捜索を始めた。米側が墜落した自衛隊機の捜索に関与するのは異例」


・「空自によると、9日に墜落して以降、捜索を続けているが操縦士と機体の大半が見つかっていない。レーダーから機影が消えた三沢基地の東約135キロ付近は水深約1500メートルと深く、墜落した地点も特定できず、捜索は難航している。捜索範囲を徐々に広げており、3隻で海域を分担することで早期発見を目指す」


・「〔F35A〕は9日午後7時26分ごろ、他3機と対戦闘機を想定した訓練中、『訓練中止』と無線で告げた後に消息を絶った。海上の捜索で尾翼の一部しか見つからなかったため、12日に海自艦艇が海底の捜索を開始。25日に〔かいめい〕が加わり、2隻態勢で捜索していた」・・・

« (自分が立てばいいのに;橋下ハッチャク) | トップページ | (世論も後押し『愛子天皇』 安倍政権狙う改憲との抱き合わせ) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (自分が立てばいいのに;橋下ハッチャク) | トップページ | (世論も後押し『愛子天皇』 安倍政権狙う改憲との抱き合わせ) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト