« (元号の本当の意味) | トップページ | (英離脱延期 EUの危機から目を離すな) »

(G(ギガ)はメモリー大、5GのGはゼネレーション)

2019年04月14日
(G(ギガ)はメモリー大、5GのGはゼネレーション)


https://special.sankei.com/f/sankeisyo/article/20190414/0001.html


・私の若い頃のコンピュータのメモリースケールは、「KB(キロバイト)=10の3乗」単位だった。『20KBの外付けDisk』なんざ「骨壷を入れる白木の箱」大で、重かった。演算速度も「ミリセックオーダー」で、イライラするほど遅かった。


・それが「MB(メガバイト)=10の6乗」単位になり、小型化された。演算速度も「ナノセックオーダー」と、特段に速くなり、今は「GB(ギガバイト)=10の9乗」がアタリマエダで、やがて「TB(テラバイト)=10の12乗」の世界が標準になるだろう。


・演算速度も「ピコセックオーダー」になっているのか、未だ携帯は『架け放題』のガラケーなので、〔現世のこと〕はよく解らない。しっかしま、『2つ折りのガラケー』はホント、ズボンのポケットに入れても嵩張らないし、KB(キーボード)が有るので「何とも言えない安心感」がある。


・いずれ泣く泣く『スマホ』に転向せざるを得ないが、老眼で文字が見えない私は、iPADにでもして、ダサい肩掛け鞄で持ち歩くことになるのか? 正直 ①部屋にネットパソコンがある身にとって、②外出時は『架け放題のガラケー』だけで何も不自由は無いのだが・・・


・産経スペシャル・【[産経抄]4月14日】 から、記事を以下。


・「【[産経抄]4月14日】産経スペシャル 2019.4.14」


・「アナログ的な思考に慣れた身には、若者の使う略語がいい頭の体操になる。最近のCMで膝を打ったのは『ギガ死』だった。スマートフォンで動画などを見過ぎたため、通信速度制限で画面が止まる不都合を指す」


・「▼10の9乗を表すギガ(G)は情報量の単位となるギガバイトの略で、『ギガ死』は略語の重ね着らしい。余談ながらギガはギリシャ語の『巨人』に、10の12乗を示すテラ(T)は『怪物』に由来する。スマホや録画機器を使いこなす現代人には耳慣れた単位だろう」


・「▼通信環境が仕事の成否、暮らしの快不快を分ける世の中になった以上、われわれも巨人や怪物がもたらす果実と無縁には過ごせない。最近の紙面では『5G』という別の『G』に触れる機会も増えた。この場合は『世代(Generation)』の頭文字である」


・「▼釈迦(しゃか)に説法を承知で書くと、高速大容量の『第5世代(5G)移動通信システム』の略になる。通信速度は現行の4Gから約100倍になり、2時間の映画を3秒程度で取り込めるという。全ての情報をのみ込みユーザーに運ぶ、怪物級の胃袋を備えた技術だろう」


・「▼声だけでやりとりした1Gは遠い昔、平成の世はおよそ10年周期で通信方式の技術が革新を重ねてきた。5Gを制する者が『次の10年を制す』とされるゆえんである。自動運転や高精細映像を通じた遠隔医療など、想像の産物でしかなかった社会の実現も遠くない」


・「▼5Gの技術では米中が覇権を争い、韓国が追う構図という。後れを取る日本企業の前途は楽観できない。ガッツを見せて先頭争いに割って入るか、ぎゃふんとなるか、ここが先途の大勝負。アナログ仕様の悲しき頭をたたき、『G』のつく語で詮無いエールを送ったしだいである」・・・

« (元号の本当の意味) | トップページ | (英離脱延期 EUの危機から目を離すな) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (元号の本当の意味) | トップページ | (英離脱延期 EUの危機から目を離すな) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト