« (日本人が「新たな時代」を期待する『令和』に「待った!」だと?) | トップページ | (〔タイガー・ウッズ〕の復活) »

(『大阪地検特捜部』の出番だ!:堺市長疑惑)

2019年04月16日
(『大阪地検特捜部』の出番だ!:堺市長疑惑)


https://special.sankei.com/f/naniwa/article/20190416/0001.html


・私も「議会」より「司直の出番」だと思っている。そう、『大阪地検特捜部』だ。何故一介の地方都市である〔堺市〕の市長が、〔2億3400万円〕ものカネをかき集める必要があったのか?脛に同じような傷を持つ議員らがグッタラグッタラ「議会」で追求しても、ノラリクラリとかわされるだけだ。
『大阪地検特捜部』よ、出ろ!


・産経スペシャル・[浪速風] から、記事を以下。


・「【[浪速風] 堺市長の政治資金。疑問が多すぎる】産経スペシャル 2019.4.16」


・「小欄で、〈『政治資金規正法』は『規制法』に変更すべき〉だ、と書いたことがある。辞書では、規正は『(不都合な点を)正しい方へ直すこと』で、規制は『予測される好ましくない事態に備えて、何かに制限を設けること』(新明解国語辞典)。『規正』なんて甘っちょろい名称だから〔ザル法〕といわれるのだ」


・「▼〔竹山修身(おさみ)堺市長〕も『正しく直しました』と、政治資金収支報告書の記載漏れを訂正したが、誰も納得するまい。2月に問題が発覚して以来、3度も修正を繰り返し、不記載の総額は〔2億3400万円〕にもなった。だが、これですべてか疑問だし、会計事務を担当していた次女のミスという説明も言い訳がましい」


・「▼『私的流用はない』とするが、〈市長がなぜこれほどの政治資金を必要とするのか〉。まるで派閥の領(りょう)袖(しゅう)のような金集めだ。出処進退を問う声が高まり、議会では不信任案をめぐる攻防になりそうだ。それよりも疑惑の解明が先で、ここは司直の出番ではないか」・・・


《堺市の竹山修身市長》

Photo_80

« (日本人が「新たな時代」を期待する『令和』に「待った!」だと?) | トップページ | (〔タイガー・ウッズ〕の復活) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (日本人が「新たな時代」を期待する『令和』に「待った!」だと?) | トップページ | (〔タイガー・ウッズ〕の復活) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト