« (消費増税延期なら、「国民に信を問う=衆参同日選」は当然!) | トップページ | (〔ジャパンディスプレイ(JDI)〕、中国・台湾の企業連合の傘下に) »

(季節が移る。『令和』も始まる)

2019年04月19日
(季節が移る。『令和』も始まる)


https://special.sankei.com/f/naniwa/article/20190419/0001.html


・私は5月生まれもあって、1年で一番好きな季節(月)は5月である。「葉裏を渡る風」は、新緑のお陰でビジュアルである。いつまでも見飽きない爽やかな景色でもある。


・私の親しい友は5月1日生まれのため、『令和元年始動の日』となる。今日は「[浪速風] 季節が移る。初節句が楽しみだ」から行こう。


・産経スペシャル・[浪速風] から、記事を以下。


・「【[浪速風] 季節が移る。初節句が楽しみだ】産経スペシャル 2019.4.19」


・「英国に『3月の風と4月の雨が美しい5月をつくる』ということわざがある。同じ島国の日本にも当てはまりそうだ。今年は気温が低かったせいか、咲いた桜が長持ちしたが、いつの間にか新緑がまばゆい。和菓子店のショーケースに桜餅と柏餅が並んでいた。季節のバトンタッチを感じる」


・「▼柏の葉には殺菌作用があり、餅を包むことで乾燥を防ぎ、保存性が高まる。昔の人の知恵である。さらに柏の木は、新芽が出るまで古い葉が落ちないところから、『家系が絶えない』とされる。子孫繁栄の縁起物として、ちまきと並んで『端午(たんご)の節句」に食べられてきた。私事で恐縮だが、男の子の初孫が生まれた」


・「▼〈笈(おい)も太刀(たち)も五月に飾れ紙幟(かみのぼり)〉。〔松尾芭蕉〕が奥の細道の旅で、〔源義経〕の家臣として非業の死を遂げた〔佐藤継信、忠信兄弟〕の墓を福島の医王寺に訪ねて詠んだ。薫風が吹き渡るような句だ。久しくしまい込んでいた息子の五月人形を飾ろうかと、初節句が待ち遠しい」・・・

« (消費増税延期なら、「国民に信を問う=衆参同日選」は当然!) | トップページ | (〔ジャパンディスプレイ(JDI)〕、中国・台湾の企業連合の傘下に) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (消費増税延期なら、「国民に信を問う=衆参同日選」は当然!) | トップページ | (〔ジャパンディスプレイ(JDI)〕、中国・台湾の企業連合の傘下に) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト