« (名画:『夢多き頃』:伊東深水) | トップページ | (日韓関係を戻すのは、もう無理:クーデターでも起きろ!) »

(マクロンは5年で再建と言っているが:ノートルダム大聖堂)

2019年04月17日
(マクロンは5年で再建と言っているが:ノートルダム大聖堂)


https://special.sankei.com/f/sankeisyo/article/20190417/0001.html


・ノートルダムを有名にしたのは、何と言っても〔文豪:ビクトル・ユゴー〕原作の映画:【ノートルダムの傴僂男(せむしおとこ)】という題名のインパクトではなかったのか。第1作では〔傴僂の鐘つき男のカジモド〕は〔チャールズ・ロートン〕が熱演し、〔踊り子のエスメラルダ〕は〔モーリン・オハラ〕だった。


・2作目は〔カジモド〕に〔アンソニー・クイン〕、〔エスメラルダ〕には〔ジナ・ロロブリジーダ〕だった。2作とも観た。容貌魁偉な〔カジモド〕は、私には〔チャールズ・ロートン〕の方が、迫真の演技だった印象がある。


・さて再建だが、世界遺産だもん、世界中から再建費用が寄せられると思うが、マクロン大統領の言う「5年で再建」は拙速ではないか?10年かけてもいいから、「巴里の石工(いしく)」の面子にかけて、コツコツと精緻に再現して欲しいものだ。


・産経スペシャル・【[産経抄]4月17日】 から、記事を以下。


・「【[産経抄]4月17日】産経スペシャル 2019.4.17」


・「『パリは燃えているか』。〔ルネ・クレマン監督〕の往年の映画は、〔ヒトラー〕の実際の言葉が、タイトルになっている。占領下に置くパリの死守をナチス・ドイツ軍の司令官に命じていた」


・「▼それが不可能になった時には、『凱旋(がいせん)門』など重要施設をことごとく爆破せよ、とも。実際『ノートルダム大聖堂の地下室』にも、3トンもの爆薬が仕掛けられていた。連合国軍によるパリ解放の報を聞いたヒトラーは、命令が実行されパリが廃虚となっているのか、周囲に確かめたのだ」


・「▼パリを救ったのは、一人の英雄ではなかった。ヒトラーの命令を先に延ばしたドイツ軍司令官をはじめ、多くの人々がかかわっている。映画の原作となったノンフィクション作品(ハヤカワ文庫)のあとがきで、訳者の〔志摩隆さん〕が指摘していた。奇跡を起こしたのは、『文化や芸術作品がもつ力』ではないか」


・「▼〔1345年〕に完成した『ノートルダム大聖堂』は、ゴシック建築を代表する建物とされる。とはいえその価値が理解されず、朽ち果てる寸前だった時代もある。人々の関心を大聖堂へ向け、修復工事が行われるようになったのは、〔文豪ビクトル・ユゴー〕の力が大きい」


・「▼大聖堂を舞台に、〔踊り子のエスメラルダ〕をめぐり、〔鐘つき男のカジモド〕や副僧正、青年士官が恋の葛藤を繰り広げる。小説『ノートルダム・ド・パリ』は長く読み継がれてきた。現在は観光大国フランスでもえり抜きの名所となり、世界中から年間約1200万人が訪れる」


・「▼15日夕方に発生した大規模な火災によって、大聖堂の屋根や尖塔(せんとう)が焼け落ちた。全壊は免れたものの、現場には涙を流しながら聖歌を歌う市民の姿もあった。再建のために、文化や芸術作品がもつ力が再び奇跡を起こす時である」・・・

« (名画:『夢多き頃』:伊東深水) | トップページ | (日韓関係を戻すのは、もう無理:クーデターでも起きろ!) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (名画:『夢多き頃』:伊東深水) | トップページ | (日韓関係を戻すのは、もう無理:クーデターでも起きろ!) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト