« (本日の[浪速風]:千円札のバトンタッチは“幻のノーベル賞”) | トップページ | (未だ有った『牛肉の緊急輸入制限(セーフガード)』) »

(文在寅の“迷走外交”=周囲は外交素人のイエスマンばかり)

2019年04月09日
(文在寅の“迷走外交”=周囲は外交素人のイエスマンばかり)


http://news.livedoor.com/topics/detail/16287448/


・このアホ大統領は〈2017年05月10日就任〉だから、来月で丸2年、『南』の取り決めでは「任期は未だ丸3年在る」ということだ。


・しっかしま、頼みの綱の『北』に侮られ、盟主国変りしようとした〔チャイナ〕にも相手にされず、真の盟主国:〔アメリカ〕にも疑惑を持たれている。一番頼りになる筈だった〔日本〕には、最初から「唾を吐き」かけ「足蹴」にして来る。


・自分を大統領にしてくれた『反日市民団体』を「国民」「民衆」と言うところなんざ、沖縄県知事の「オール沖縄」とよく似ているが、たかだか〔県知事〕の話ではなく、〔文在寅大統領〕なのだ。このままあと3年も、行ける筈も無かろうて?


・だから私は色濃く、『軍部のクーデター』が見えるのだ。しかもその軍部の背後には、アメリカの影を感じる。これだけボロカス・ミソクソにやられても〔安倍政権〕が何も対抗しないのは、〔トランプ〕から「今は動くな!」と言われているのではないか?


・「【文在寅の“迷走外交”が止まらない 周囲は外交素人のイエスマンばかり】文春オンライン 2019年4月9日 6時0分」


〈支持率は過去最低の43%まで下落〉


・「〔文在寅大統領〕(66)の“迷走外交”が止まらない。3月25日、〔三菱重工〕の資産を差し押さえた韓国の裁判所。資産の中には三菱重工のロゴマークの商標権まで含まれており、仮に原告側が商標権を売却した場合、韓国で自由にロゴマークが使えなくなる」


・「『異常判決を容認してきた文氏は、28日の日本企業幹部らとの懇親会で〈経済的交流は政治とは別に見るべき〉と言い出しました。世論に迎合して反日を打ち出した文氏ですが、ここに来て、それが失敗だったと批判されている。しかも国内経済は悪化する一方。そうした焦りから日本の投資を促す発言に及んだのでしょう。しかし、出席者は〈何を今更〉と不快感を漏らしていました』(ソウル特派員)」


・「対日外交だけではない。3月の東南アジア歴訪で目立ったのが『外交欠礼』(相手国への非礼な言動)だ。イスラム教国の〔ブルネイ〕では飲酒禁止にもかかわらず、国賓晩餐会で乾杯を求めた文氏。グラスには水やジュースが入っていたが、ブルネイ王族らは抵抗し、乾杯に応じなかったという」


・「カンボジア訪問の際には、大統領府のSNSに同国ではなく、台湾施設の写真を掲載。さらにマレーシアのマハティール首相にマレーシア語ではなく、インドネシア語で挨拶し、顰蹙(ひんしゅく)を買った。なぜこんな事態が頻発するのか」


★大統領府は外交素人のイエスマンばかり


・「『文氏は【積弊清算】の下に、経験や能力を持った外交官を追い出し、大統領府のイエスマンに頼っています。確かに大統領府は500人体制で、ホワイトハウスより100人以上多く、秘書室の予算も初めて900億ウォン(約90億円)を上回りました』」


・「『しかし、彼らは外交の素人ばかり。例えば、昨年10月のアジア欧州会合で文氏はエレベーターに乗り遅れ、首脳の記念写真に加われず、〔メルケル独首相主催の夜会合〕にも呼ばれなかった。基本的なロジスティックスすらできないのです』(同前)」


・「マレーシアの件も大統領府は『大統領府内にはマレーシア語を知っている人がいなかったから』と弁明したが、『事前に発言を外交部に確認させておけば、こんな失態は犯しませんでした。文氏は外交の原則や戦略を蔑(ないがし)ろにして、目先のパフォーマンスにばかり力点を置いてきた。その弊害が一気に噴出し始めているのです』(同前) 自業自得という他ない。※〔週刊文春〕編集部/週刊文春 2019年4月11日号)」・・・

« (本日の[浪速風]:千円札のバトンタッチは“幻のノーベル賞”) | トップページ | (未だ有った『牛肉の緊急輸入制限(セーフガード)』) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (本日の[浪速風]:千円札のバトンタッチは“幻のノーベル賞”) | トップページ | (未だ有った『牛肉の緊急輸入制限(セーフガード)』) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト