« (〔福田和子〕・・・居たよなぁ) | トップページ | (日本と張り合って沈没していく韓国の自業自得) »

(『西成中華街構想』は泡沫の夢:不法残留支那人街へ)

2019年04月15日
(『西成中華街構想』は泡沫の夢:不法残留支那人街へ)


https://www.sankei.com/premium/news/190415/prm1904150004-n1.html


・「西成に中華街が出来る?」のテレビ放映を観た時に、「不法残留の支那人街になるだろう、暗黒街だ!」と、また大阪のマイナスイメージが喧伝されることにウンザリしていた。


・だからこの記事の〔不法残留支那人姉妹〕はお手柄かも知れない。西成と言っても「ドヤ街」ばかりではなく、れっきとした古くからの商店街も有る。彼らが黙っていないだろう。「『西成中華街構想』が泡沫の夢」と消えてくれますように!


・産経ニュース から記事を以下。


・「【大阪・西成中華街構想に暗雲?中国人の不法残留の実態】産経ニュース 2019.4.15 08:00」


・「大阪府警は3月、『入管難民法違反容疑』で50代の中国人姉妹を逮捕した。姉妹は強制送還などの過去があり、日本に入国できないはずが、別人になりすまして密入国していた」


・「一人は大阪・西成でカラオケ居酒屋を営み、10年以上暮らしていた。この地域は、“新中華街”構想が出ている地域。その計画に影響もあるかもしれない」


★西成でカラオケ居酒屋


・「『日本で働きたかった』 今年3月5日、入管難民法違反(不法入国、不法在留)容疑で逮捕された中国籍の姉妹は、府警の調べにこう述べたという。 逮捕されたのは、七人きょうだいの三女でカラオケ居酒屋経営、〔郭小英〕(56)=グオ・シャオイン、大阪市西成区=と、五女で中国式エステ店経営、〔郭●云〕(50)=グオ・フォンユン、●は風がまえに又、愛知県豊田市=の両容疑者」


・「姉のシャオイン容疑者は平成19年10月、長女になりすまして関西国際空港から入国し、今年2月まで不法に在留したとされる。日本への思いは尋常ではなかったという。 府警によると、シャオイン容疑者は平成12年に何らかの理由で日本に密入国するも、間もなく発覚し、一度中国に強制送還された。 いったん、強制送還されれば再び日本に入るには難しい。そこで目を付けたのが、実の姉である長女になりすます計画だった」


・「18年3月に長女の名義で再び入国すると、長女になりすましたまま日本人の男性と結婚し、日本人配偶者の立場を得た」


・「日本人配偶者の立場を得たメリットは大きかった。外国人が永住権を得るには原則10年以上日本で暮らす必要があるが、日本人配偶者になれば、結婚後最短3年で永住権を取得できる。さらに、永住者になれば離婚しても重罪を犯さない限りは国外退去とはなりにくい」


・「永住権を取得したシャオイン容疑者は昨年4月には大阪市西成区のあいりん地区に、カラオケ居酒屋『幸せ』をオープンした。 あいりん地区は、『日雇い労働者の街』というイメージが強いが、〈約5年前から、中国人女性が経営するカラオケ居酒屋の出店〉が相次いでいる」


・「〔日雇い労働者〕や〔生活保護受給者〕を相手とした営業であれば、少額であっても一定の売り上げが見込めるとあってか、瞬く間に急増。商店街沿いを中心に現在、約150店舗がひしめき合い、商店街全体の3~4割を占めており、『中華街構想』まで浮上している」


・「順風満帆に見えたシャオイン容疑者の『長女なりすまし生活』は突如として暗転する。 昨年11月、他人の自転車を無断で利用したとして占有離脱物横領容疑で西成署に摘発されたのだ。書類上は別人になっていても、指紋を採取すれば、過去に強制送還され、日本にいないはずの〔〕オ・シャオイン」と一致する。本当の身元が判明し、12年余りにわたるなりすまし生活に終止符が打たれることとなった」


★姉の逮捕で妹も


・「シャオイン容疑者への捜査で、妹のフォンユン容疑者の不法残留も発覚する。 フォンユン容疑者は当初から日本での永住権取得を目指していたとみられ、あらかじめ中国国内で日本人と結婚。日本人の配偶者として来日を試みたが、偽装結婚の可能性を疑われて入国できなかった」


・「そこで、シャオイン容疑者と同様に、姉妹になりすまして入国することを試みるが、なりすましたのは、〔グオ・シャオイン〕(シャオイン容疑者)だった。 なぜ過去に強制送還された人物になりすまして日本に入国できたのか。実はシャオイン容疑者は、約20年前に日本から強制送還された後、台湾の男性と結婚し、中国から台湾に移って一時生活。台湾が発行するパスポートを所持していた」


・「不法入国の“先輩”であるシャオイン容疑者は、同じく日本への不法入国を試みる妹に『台湾に形だけの夫がいる。顔も似ているから私になりすましたらいい』と助言。それを受け、フォンユン容疑者は、〔台湾のグオ・シャオイン〕になりまして、昨年4月に日本に入国を果たした」


・「あらかじめ、形だけだった台湾の男性との婚姻関係を解消していたため、入国後、日本人と結婚。日本人配偶者の立場を得ていたが、シャオイン容疑者の摘発をきっかけに身元が判明。姉と同様に逮捕されることとなった」


・「身内になりすましたり、形だけの結婚でパスポートを変えたりするなど、さまざまな手口で日本に不法入国していた姉妹。ある捜査関係者は、2人の行動を『中国にはまだ貧しい地域も多い。不法入国のリスクを冒してでも日本で稼ぐことにうまみを感じたのだろう』と分析する」


・「外国人をめぐる問題は、大きな転換点を迎えた。少子高齢化に伴う人手不足解消のため、4月1日、外国人労働者の受け入れ拡大を図る改正出入国管理法(入管法)が施行された。健全な多国籍社会の実現には、不法残留の外国人の取り締まりが不可欠。この中国人姉妹の事件では、不法入国を食い止める難しさが改めて浮き彫りとなった」・・・

« (〔福田和子〕・・・居たよなぁ) | トップページ | (日本と張り合って沈没していく韓国の自業自得) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (〔福田和子〕・・・居たよなぁ) | トップページ | (日本と張り合って沈没していく韓国の自業自得) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト