« (胸躍る『はやぶさ2』の〔弾丸発射ミッション〕!) | トップページ | (北朝鮮、新型の潜水艦建造中=SLBM3、4基搭載可能か) »

(「口は禍(わざわい)の門(かど)」:国交副大臣辞任)

2019年04月05日
(「口は禍(わざわい)の門(かど)」:国交副大臣辞任)


https://special.sankei.com/f/naniwa/article/20190405/0001.html


・元々は支那語なので、『綸言汗の如し』は、「皇帝が一旦発した言葉(綸言)は取り消したり訂正することができない」の意味である。(一旦出た汗は戻せないの意味から)国交副大臣如きが「皇帝」の訳は無いので、『口は禍(わざわい)の門(かど)』の方がピッタリだ。


・大体が「国交副大臣」の忖度で、巨費を投ずる『関門海峡を跨ぐ橋』が出来る筈もない。軽い政治家のハッタリ・手柄話のデッチアゲだ。


・野党は早速「〔安倍・麻生橋〕の何かを隠しての辞任だ」と勘繰って、またまた〔参考人招致〕だの〔証人喚問〕だのと騒ぐだろう。ネタを呉れてやったようなものだ。


・産経スペシャル から、[浪速風] の記事を以下。


・「【[浪速風] 政治家は『綸言汗の如し』を学べ】産経スペシャル 2019.4.5」


・「プロ野球で『世紀の失言』があった。平成元(1989)年の日本シリーズ。開幕から3連勝の〔近鉄〕の選手が、インタビューで『シーズンの方がよっぽどしんどかった。相手も強いし』と発言した。『(最下位の)ロッテより弱い』と報道されて奮起した〔巨人〕が4連勝し、近鉄は悲願の日本一を逃した」


・「▼〔仰木彬監督〕の心境が、〔安倍晋三首相〕はよくわかるのではないか。新元号の『令和』が好感されて政権支持率がアップしたのに、〔塚田一郎国交副大臣〕の『忖度(そんたく)』発言が冷水を浴びせた。統一地方選の最中である。発言の撤回と謝罪ではすまず、辞任の意向を表明したが、つまらない失言をしたものだ」


・「▼野党は〈安倍政権のおごり〉、〈緩み〉と批判するが、それより与野党を問わず、政治家の質が劣化しているのを感じる。政治は言葉なのに、失言、放言、暴言が多すぎる。『綸言(りんげん)汗の如(ごと)し』『口は禍(わざわい)の門(かど)』を知らないのか。そんな政治家は忘れずに、次の選挙で退場させたい」・・・

« (胸躍る『はやぶさ2』の〔弾丸発射ミッション〕!) | トップページ | (北朝鮮、新型の潜水艦建造中=SLBM3、4基搭載可能か) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (胸躍る『はやぶさ2』の〔弾丸発射ミッション〕!) | トップページ | (北朝鮮、新型の潜水艦建造中=SLBM3、4基搭載可能か) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト