« (安倍外交とあまりに対照的な文在寅外交、大丈夫か:朝鮮日報) | トップページ | (平成は本当に「失われた時代」なのか) »

(ソ連時代への郷愁か?ロシア人の〔スターリン〕再評価)

2019年04月20日
(ソ連時代への郷愁か?ロシア人の〔スターリン〕再評価)


https://special.sankei.com/f/naniwa/article/20190420/0001.html


・〔プーチン〕が何とかするか?と、淡い期待を持ったが、『ロシアはヤッパリ、日本にとって不倶戴天の敵』だった。〔安倍ちゃんの時代〕の間に、青森県の『米軍三沢基地』は北海道に移すべきだし、三沢は『自衛隊の基地』とすべきだ。


・懐かしい映画:【ナバロンの要塞】のように、日本は「津軽海峡を平然と通過する中露の軍艦」に向けて、いつでも雨霰と砲撃が出来る【巨大なコンクリート要塞】を築くべき時ではないか?


・産経スペシャル・[浪速風] から、記事を以下。


・「【[浪速風] スターリン評価するロシアの不思議】産経スペシャル 2019.4.20」


・「だいじょうぶなんだろうか、ロシアは。ソ連時代の独裁者、スターリンへの肯定的な評価が世論調査で5割を超えた。数え切れない人間を粛清した人物に対して、である。経済が低迷する今のロシアへの不満が、かつての大国への郷愁となっているのか」


・「▼それにしてもこんな高い評価はないだろう。粛清だけではない。終戦直後、〈火事場泥棒的にわが国の北方領土を占領させた〉のもスターリンだった。クリミア併合後、〔プーチン大統領〕の支持率も9割近くまで急伸した。その国ならではの今回の高評価なのかもしれない。だがそんな大国意識は国際的に通用しない」


・「▼ジョークがある。ソ連時代、シベリアの強制収容所に入れられた男に古参受刑者が刑期を聞く。無実なのに15年、と男。それはひどい、と古参。『無実の罪の相場は十年なのにな』(早坂隆著【世界はジョークで出来ている】)。それがソ連だった。北方四島を一括返還してイメージを変えたらどうか」・・・

« (安倍外交とあまりに対照的な文在寅外交、大丈夫か:朝鮮日報) | トップページ | (平成は本当に「失われた時代」なのか) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (安倍外交とあまりに対照的な文在寅外交、大丈夫か:朝鮮日報) | トップページ | (平成は本当に「失われた時代」なのか) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト