« これって、『南』の政治家は「馬鹿」と言ってるんだよね | トップページ | 底の浅さが露呈した『中国の国防費』報道:小川和久氏 »

中選挙区制に戻したら?:〔輿石 東〕

2019年03月12日
(中選挙区制に戻したら?:〔輿石 東〕)


https://www.sankei.com/politics/news/190312/plt1903120006-n1.html


・へぇ?私が蛇蝎の如く嫌っていた『山梨ニッキョーソ』の〔輿石 東〕がいいことを言っている。何かまた「裏が?」とも疑ったが、私より6歳上の82歳になっているから、「日本の政界を俯瞰して見られるようになった!」のか。


・私もとっくに「小選挙区制はもう綻びが出ている」と思っている。「中選挙区制に戻す」のは大賛成だ。それが「立憲民主の企み」だっていいじゃないか?有権者さえシッカリしていれば、あの「亡国の政権交代」は2度と起こらないだろうて。


・産経ニュース・[単刀直言] から、記事を以下。


・「【[単刀直言]輿石東・元参院副議長 深夜の野党抵抗『不評買うだけ』産経ニュース 2019.3.12 08:59」


・「なぜ『安倍1強』といわれる政治状況がこれだけ続いているのか。一つには、〈政権への国民の支持〉があるのでしょう。しかし、最大の理由は〈対峙(たいじ)できる政治勢力がない〉。つまり、野党が弱すぎるからでしょう」


・「野球に例えると、〔安倍晋三さん〕というエースがマウンドにいて、たまには暴投や失投をするが、それでも投げ続けなければならない。野党側に取って代わる控え投手がいないからですよ。投手交代を命じる監督である有権者も『交代できる人間がいないんだから、やむを得ん。安倍さんに投げ続けさせよう』と判断しているのでしょう」


・「平成31年度予算案が衆院を通過したときはどうだったか。野党の抵抗で本会議は午前2時にまで及んだ。でも、寝ずにやって何か変わったのか。変わりやせんじゃないか」


。「だったら、せめて前の日の夜10時ごろに終わってくれればと思うのが人情だ。パフォーマンスは国民に受けるのならいいが、意地悪にしか見えないことをやっても、その時間まで残された国会職員や秘書や官僚らの不評を買うだけだ。国民の間から『ありがたい。よくぞ午前2時まで抵抗してくれた』という評価は出てこないよ」


・「安倍1強の結果、日本の政治が諸外国に比べて安定している面はある。しかし、果たして今、政治にとって重要なバランスと緊張感があるだろうか。 厚生労働省の『毎月勤労統計』の不適切調査や『官邸への忖度(そんたく)』といった批判が出たことも、政治がバランスと緊張感を欠いていることと無関係ではないはずです」


・「僕は平成の始まりとともに国会にやってきたようなものだけど、30年を振り返って前に進もうと考えると、今ほど政治とは何か、政治家とは何かが問われているときはないと思う。 国民の皆さんは、政党は何でこんなに『離合集散』を繰り返すの?と思っておられるでしょう」


・「2年前、〔小池百合子東京都知事〕が『希望の党』をつくったときは、旧民進党の衆院議員が雪崩を打って小池さんのところに行ったわけでしょ。でも、理念や政策が合わない人は『排除します』との小池さんの発言が批判されて失速すると、旧民進党の面々は『何のためにこっちに来たのか』となった。そこに行けば自分は生き残れる、議員バッジをつけ続けられる。国民にはそう映った」


・「私財をなげうって世の中に尽くした結果、残ったのは井戸と塀だけ。昔はそんな『井戸塀政治家』がいたが、今は『いい職業だ』と勘違いして政治家を目指す者がいるんじゃないか」


。「以前の『衆院中選挙区制』は、1つの選挙区で複数人が当選するから、1つの党から2人でも3人でも立候補できた。同じ党の中で切磋琢磨(せっさたくま)し、競い合うから質の高い政治家の養成ができる面もあったし、有権者の選択肢も多かった」


・「かたや当選者が1人の『小選挙区制』は、個人の実力や資質がなくても、党や党首に人気があったり、風が吹いたりすれば、ふわーっと当選できる」


・「もともと小選挙区制は、〈健全な二大政党が互いに競い合えば、政治にバランスと緊張感が生まれる〉という期待から始まった。だけど、今は中選挙区制のときよりも、バランスと緊張感がないありさまだ。〈やっぱり小選挙区制は日本の文化や風土には合ってないんじゃないか〉。国民は何となくいらだちや閉塞(へいそく)感があって、今の政治に決して満足していない。その原因は『選挙制度』にもあると思う」


・「小選挙区制もほぼ平成とともにあったけど、新たな時代を迎えようとしている今だからこそ、中選挙区の復活も視野に入れ、制度を見直してみてはどうか。 平成の最初の頃に衆院の中選挙区と小選挙区で選挙を戦い、『衆参ねじれ国会』や歴史的な『政権交代』も経験したシーラカンス(=生きた化石)みたいな僕が言うのだから、あながちおかしな提案じゃないと思うんだけどな。(原川貴郎)」・・・


《輿石東元参院副議長=5日、東京都千代田区(寺河内美奈撮影)》


Photo_4


« これって、『南』の政治家は「馬鹿」と言ってるんだよね | トップページ | 底の浅さが露呈した『中国の国防費』報道:小川和久氏 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中選挙区制に戻したら?:〔輿石 東〕:

« これって、『南』の政治家は「馬鹿」と言ってるんだよね | トップページ | 底の浅さが露呈した『中国の国防費』報道:小川和久氏 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト