« (トランプ大統領「再選」の目に韓国&北朝鮮が震撼!) | トップページ | (未だに続く「地方公務員天国」) »

(日本初・暴力団トップを〈所得税法違反で立件〉!)

2019年03月27日
(日本初・暴力団トップを〈所得税法違反で立件〉!)


https://special.sankei.com/f/sankeisyo/article/20190327/0001.html


・ここ暫く[産経抄]の内容がつまらなくて投稿しなかったが、久々に本日の[産経抄]はいい!「金になる話は何でも」が反社会勢力の基本理念だが、〈絶滅危惧種に指定されてから5年たつ〉『しらすうなぎの世界で暗躍』とは許せない。


・『うな丼』『うな重』『ひつまぶし』など、我ら庶民の「ささやかな楽しみ」ではないか!価格が高騰して楽しむ回数も減っているが、その陰に反社会勢力が居たとは? 【アンタッチャブル】の世界は遠い話だが、〈所得税法違反〉は現代に繋がっている。


・今回の〈高知県警が国税当局に課税通報した〉という話は、全国区で「警察と国税当局が組む」という話に発展させて貰いたいものだ。


・産経スペシャル・【[産経抄]3月27日】 の記事を以下。


・「【[産経抄]3月27日】産経スペシャル 2019.3.27」


・「『暗黒街の帝王』と恐れられた〔アル・カポネ〕は、禁酒法下のシカゴで密造酒の製造を取り仕切り、巨万の富を築いていた。禁酒法違反や殺人の容疑では逮捕が難しい。米財務省の捜査官、〔エリオット・ネス〕は大きな壁にぶつかっていた」


・「▼突破口を開いたのは、やはり財務省から派遣されてきた部下の〔ウォーレス〕だった。『300万ドル以上の年収があるのに、税金は一切納めていない』『脱税でふん縛れる』。映画【アンタッチャブル】では、ここからカポネとネスの血みどろの戦いが始まる。実際、カポネは脱税で起訴され、懲役11年の有罪判決を受けている」


・「▼ニホンウナギが『絶滅危惧種に指定』されてから5年たつ。養殖ウナギに使われる稚魚のシラスウナギの漁獲量は減り続け、価格の高騰が止まらない。『白いダイヤ』とまで呼ばれる稚魚の密漁や不正取引が、各地で横行してきた」


・「▼摘発されても罰則が軽いために、暴力団の資金源になっているのが実態だ。そこで高知県警では、密漁などに関わった暴力団組員の『濡(ぬ)れ手で粟(あわ)』に目をつけた。過去3年分の約6億2千万円にものぼる不法収益を調べ上げ、国税当局に課税通報したという」


・「▼平成27年6月、北九州の暴力団『工藤会の総裁が再逮捕されたニュースは、全国の暴力団関係者に衝撃を与えた。トップを〈所得税法違反で立件〉するのは、全国で初めてだったからだ。警察当局は、これまで見逃されてきた傘下の組員からの上納金をトップの個人所得とみなした」


・「▼『法の範囲なら、何でもやる』。映画でハリウッドスターの〔ケビン・コスナーさん〕が演じたネスの台詞(せりふ)である。平成の次の時代にも日本のウナギ文化を残すためには、同じ覚悟で反社会勢力を取り締まる必要がある」・・・

« (トランプ大統領「再選」の目に韓国&北朝鮮が震撼!) | トップページ | (未だに続く「地方公務員天国」) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (トランプ大統領「再選」の目に韓国&北朝鮮が震撼!) | トップページ | (未だに続く「地方公務員天国」) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト