« 安全保障上、当然のこと | トップページ | 「日本は50年後には消滅しているだろう」 »

日本は『南』制裁の反動打撃は覚悟せよ

2019年03月14日
(日本は『南』制裁の反動打撃は覚悟せよ)


http://news.livedoor.com/topics/detail/16157398/


・日本に長く根付いた武士道が、色んな教えを残している。①「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」、②「皮を切らせ肉を切らせて。骨を断つ」、③「切り結ぶ 太刀の下こそ地獄なれ 踏み込み行けば あとは極楽」・・・日本は『南』への経済制裁などの「制裁」の反動を恐れてはならない。


・腐った『南』の骨を断つには、「肉を切らせるくらいの反動」は覚悟せよ。喧嘩なのだ。敵は仕留めるが、こちらだって「顔ボコボコ」「ボディキック」位の傷は覚悟してやれ!朝鮮日報が書いている。多分に「脅し」が見える。「制裁の反動打撃は、覚悟の上だ!」くらいもう一度〔麻生ミゾーユ〕が言ってやれ!


・ライブドアトピックス から、朝鮮日報 の記事を以下。


・「【強制徴用:菅官房長官も経済報復に言及、韓国政府は対抗措置準備】朝鮮日報 2019年3月14日 9時17分」


・「強制徴用賠償判決後の措置をめぐり、韓日間の対立が激化している。先日の強制徴用被害者側の日本企業韓国国内資産差し押さえに関連、日本政府は二日連続で『報復措置』に言及、韓国政府は『報復措置があれば対抗する』との考えを示した。(解説:こいつら、〔チャイナ〕に学ぶことも出来ないのか?チャイナは強気で関税報復してボコボコになっている)


・「14日に行われる『韓日局長級協議など』で妥協点を見いだせなければ(解説:これは全く無駄な敵の時間延ばし)、報復・対抗措置が現実のものとなる恐れがある」


・「〔菅義偉官房長官〕は13日、〔麻生太郎副総理兼財務相〕が前日に言及した報復措置について、『あらゆる選択肢を視野に入れて適切に対応していく考え』と述べた」


・「麻生副総理の『関税(引き上げ)に限らず、送金の停止、ビザの発給停止など、いろいろな報復措置があろうかと思う』という前日の発言を否定しなかったものだ。これに対して、韓国政府関係者は『不祥事に備えたこちらの対抗カードなども準備している』と語った」


・「日本の報復措置としては、関税引き上げのほか日本製品の供給中止・韓国人へのビザ発給制限・半導体製造に不可欠な物質であるフッ化水素の輸出中止などが挙げられている」


・「強制徴用賠償判決に関連した日本側の報復措置に備えて、韓国政府は『シナリオ別の対応策』を立てている。東京の外交消息筋は『韓日両国の政府が事実上、外交を放棄し、両国が互いをがけっぷちに追い込む『チキンゲーム』の様相を呈してきた』と話す」


・「『報復措置』は当初、日本の自民党の一部でだけ取りざたされていたが、韓日両国間の協議が進展しなかったことから次第に多様化・具体化してきた。今月11日に三菱重工業の徴用被害者側が韓国国内の資産だけでなく、欧州にある資産の差し押さえも検討していることが伝えられ、日本政府の対応姿勢がいっそう硬化した」


・「日本政府が検討している報復措置は100件前後に達するという日本のメディア報道もある。この中には、半導体製造に不可欠な物質である『フッ化水素』の輸出中止案も挙げられている。フッ化水素は韓国の半導体メーカーのほとんどが日本から輸入している。輸出中止が現実のものとなれば、韓国企業にとって大きな打撃となる」(解説:私は最初から「キーパーツ」の禁輸を言っている!)


・「外交部(省に相当)高官は同日、日本政府の『報復措置』言及について『日本が韓国政府に通知してきたことはない。我々は万全の準備をしている』と述べた。だが、『万全の準備』については『(具体的な内容を)事前に明らかにする必要はない』とはねのけた」


・「事実、韓国政府は、日本政府が報復措置を取った場合に日本に打撃を与えられる『対抗カード』も検討するという」(解説:口だけだ!)


・「外交関係者の間では、日本の報復措置がすぐに現実のものとなる可能性は低いと見られている。報復措置の余波は日本経済にも悪影響を与え得るという懸念が日本国内で大きいことや、世界貿易機関(WTO)協定に違反するかどうか考慮しなければならないからだ」


・「フッ化水素の輸出が中止されれば、韓国製半導体の相当量が日本に輸出されているため、日本も打撃を避けられない。 韓国人の就労ビザ発給を制限したり、韓国人観光客に対するノービザ政策を廃止したりする案も、韓国政府の抵抗を考えると実現は難しいという見方が多い」


・「だが、国民大学日本学科の〔イ・ウォンドク教授〕は『仮に5?6月ごろ、実際に日本企業の差し押さえ資産売却が行われたら、安倍内閣は自国の世論を意識して、一定の被害を甘受してでも報復措置に出るだろう』」


・「『〈韓国は投資をすることができない国〉という論理で国際世論に訴え、圧力を強めるものと見られる』と話す。友好国間において歴史問題でこのように相手国に対する報復措置を公言し、真っ向から対立するのは異例なことだ」(解説:朝鮮日報よ、「友好国」にしてはいけないことを連発しているのは、どこの国だ?)


。「韓日は14日に『外交担当省局長級協議』を通じて強制徴用賠償問題を協議する予定だ。この協議で韓国政府は日本側の報復措置言及に懸念を示し、慎重な対応を促すという。〔申ガク秀(シン・ガクス)〕元駐日大使は『両国政府の指導者たちが責任を持って前に出てこない状況で、〈代案のない対話〉で解決するには限界がある。確執は長期化するしかない』と語った」・・・

« 安全保障上、当然のこと | トップページ | 「日本は50年後には消滅しているだろう」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本は『南』制裁の反動打撃は覚悟せよ:

« 安全保障上、当然のこと | トップページ | 「日本は50年後には消滅しているだろう」 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト