« いつもお茶目な〔大坂なおみちゃん〕 | トップページ | 昔の『週刊誌らしい週刊誌』の野生 »

211キロの新弟子があらわれた!

2019年03月02日
(211キロの新弟子があらわれた!)


https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwiesenHvuPgAhXWFYgKHX_DBoYQxfQBMAB6BAgAEAM&url=https%3A%2F%2Fwww.asahi.com%2Farticles%2FASM324SVRM32UTQP01V.html&usg=AOvVaw2u0qOpmWelXzWuyKEWsGO3


・〔栃錦〕〔若乃花〕という「技能・異能 横綱」を観て育った私ら世代からすれば、「今の力士は大型過ぎる!」という共通感覚ではなかろうか? 続く〔大鵬〕〔柏戸〕で「これが大型化の限度か?」と思ったものだ。


・無軌道に大型化が進んだ大相撲は、心配した通り「怪我人続出」だ。この「18歳・211キロ」は大き過ぎる。白鵬が言う「やせなさい!」は正解だ。150キロ位まで減量しないと、「先」は無いと思うな。


・GOOGLEニュース から、朝日新聞デジタル の記事を以下。


・「【211キロの新弟子があらわれた! 白鵬『やせなさい』】朝日新聞デジタル 2019年3月2日16時09分」


・「大相撲春場所(10日初日、エディオンアリーナ大阪)の新弟子検査が2日、大阪市内であり、18歳の少年が体重211キロを記録した。歴代最重量関取の元大関小錦でも、入門時は175キロだった」


・「40人いる受検者の36人目。169センチ、67キロの中学生の次に鳥取城北高の〔当真嗣斗(つぐと)〕が登場すると、どよめきが起きた。身長は183センチ、胸囲は171・8センチ。『一歩ずつ上がっていって、やっぱり横綱になりたいです』と、夢も大きい」


・「那覇市出身。父の〔嗣有(つぐあり)さん〕が経営する居酒屋でもりもり食べ、牛乳は『水と同じ感覚で』1日4リットル飲んだ。小学校の入学式で80キロあり、小4で120キロ、中1で150キロと成長を続けた」


・「最後に体重をはかったのは昨年5月で約195キロだった。高校には200キロ以上をはかれる体重計がなく、以降は『測定不能』。『(今の)自分の体重を知ったのは初めてです』と顔をほころばせた」


・「小学6年の時、白鵬が主宰する国際親善大会『白鵬杯』で優勝。その際に白鵬から『おっきいね』と声をかけられたのが忘れられず、入門先に宮城野部屋を選んだ。兄弟弟子となり、久しぶりに再会した大横綱からのアドバイスは『やせなさい』だったという」・・・


《「何食べてもおいしいから、太っちゃったんですよ」と笑う当真嗣斗》


Photo_3

« いつもお茶目な〔大坂なおみちゃん〕 | トップページ | 昔の『週刊誌らしい週刊誌』の野生 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 211キロの新弟子があらわれた!:

« いつもお茶目な〔大坂なおみちゃん〕 | トップページ | 昔の『週刊誌らしい週刊誌』の野生 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト