« (中国投資攻勢、イタリアに8900億円!) | トップページ | (韓国船を疑う米国、文在寅政権を見限る北朝鮮) »

(「愛惜(あいじゃく)に散る」か「棄嫌(きげん)に生ふる」か)

2019年03月23日
(「愛惜(あいじゃく)に散る」か「棄嫌(きげん)に生ふる」か)


https://special.sankei.com/f/sankeisyo/article/20190323/0001.html?_ga=2.36362920.947562417.1551837434-945047238.1551837434


・曹洞宗の開祖・〔道元禅師〕の『正法眼蔵』にある 〈花は愛惜に散り 草は棄嫌に生ふるのみなり〉・・・に照らせば、「愛惜(あいじゃく)に散るのが人の引き際」であり、〈元首相の肩書での責任を伴わないお気楽な発信〉を続ける〔小泉純一郎〕や〔鳩山由紀夫〕は、「棄嫌に生ふる草」である。


・下世話の言葉で言えば「往生際が悪い!」「見苦しい!」に尽きる。


・産経スペシャル・【[産経抄]3月23日】 から、「愛惜(あいじゃく)に散る」と「棄嫌(きげん)に生ふる」 の好例記事を以下。


・「【[産経抄]3月23日】産経スペシャル 2019.3.23」


・「『監督は絶対無理です。人望がない、本当に。それぐらいの判断能力は備えている』。現役引退を表明した米大リーグ、マリナーズの〔イチロー選手〕は21日深夜に始まった記者会見で強調した。不謹慎かもしれないが、平成20年9月の〔福田康夫首相〕の辞任記者会見を連想した」


・「▼言葉が〈人ごとのように聞こえる〉と問う記者に対し、福田氏は言い放った。『私は自分自身を客観的に見ることができる。あなたと違う』。本当に客観視できるのなら、日本の『監督』になろうなんて思わなかったはずだと、首をひねったものである」


・「▼もっとも、不評を買った福田氏の記者会見とは異なり、イチロー選手の言葉には嫌みがなかった。『タイミングの達人は引退も最適の時を選んだ』。米シアトル・タイムズはこんなコラムを掲載した。引き際の鮮やかさに感銘を受けるのは、洋の東西を問わない」


・「▼ところが〔元首相たち〕は、引退後も政治に未練たらたらで介入する。〈散りぬべき とき知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ〉。〔明智光秀〕の娘、〔細川ガラシャ〕のこの辞世の句を好んだはずの〔小泉純一郎元首相〕は、『原発政策』や『憲法改正方針』から『北方領土問題』まで現政権批判を展開し、散るのを忘れている」


・「▼退陣記者会見を開かなかった〔鳩山由紀夫元首相〕は、2月に北海道で震度6弱を記録した地震を『人災』と決めつけ、北海道警に『流言飛語』と認定された。18日に天然記念物のジュゴンの死骸が、沖縄本島の東シナ海側で見つかった際には、太平洋側の名護市辺野古の埋め立てのせいにした」


・「▼そんなに影響力を行使したいなら、議員バッジを外すべきではなかった。〈元首相の肩書での責任を伴わないお気楽な発信〉は、百害あって一利なしである」・・・

« (中国投資攻勢、イタリアに8900億円!) | トップページ | (韓国船を疑う米国、文在寅政権を見限る北朝鮮) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (中国投資攻勢、イタリアに8900億円!) | トップページ | (韓国船を疑う米国、文在寅政権を見限る北朝鮮) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト