« 白血病の池江選手、闘病の現状明かす「数千倍しんどい」 | トップページ | カルロス・ゴーンの反撃は? »

昭和の香りだった!森山加代子さん死去

2019年03月06日
(昭和の香りだった!森山加代子さん死去)


http://news.livedoor.com/topics/detail/16119633/


・そうか、「私と同年」の〔森山加代子さん〕も逝ったのか。昭和の香りムンムンの歌手だった。記事には書かれてないが、私は『じんじろげ』や『悲しきインディアン』も好きだったなぁ。何の予感も無かったが先日、いつものカラオケ屋で突然『月影のナポリ』が唄いたくなって熱唱したが、「別れの予感」だったのかなぁ。


・「♪真っ赤に 燃える 夕陽に 照らされて(中略)オゥ ランニングベア ジャストリトルホワイトダブ」・・・昭和の香りをありがとう。元気に旅立ってくださいや。


・私は56歳の時に〔ペギー葉山〕〔森山加代子〕ディナーショーで本人の熱唱を聞いている。ペギーさん65歳、加代ちゃん56歳、二人とも充分に綺麗で、声がよく出ていた。2010年の古いブログの前フリが残っている。破線内に。以下。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


・亡き畏友の〔紋太センパイ〕の奥様から、〔ペギー葉山〕と〔森山加代子〕の合同ディナーショーのご招待を受けたのは平成10年(1998年)11月、私56歳でセンパイが61歳、共にがんバトルの戦場に召集される少し前だった。(その折のパンフも何も残って無いが、その日新調した濃緑のカシミヤの上着が手元に有るので、その内ポケットの製作年月で分かる)


・〔ペギー葉山〕は私より9歳上だからこの時65歳、〔森山加代子〕は同年(学年は1つ上)だから56歳、二人とも未だ充分に美しく、楽しいショーを見せて聴かせてくれたものだ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


・ライブドアトピックス から、デイリースポーツ の記事を以下。


・「【森山加代子さん死去『白い蝶のサンバ』がヒット 紅白にも出場】デイリースポーツ 2019年3月6日 19時11分」


・「『白い蝶のサンバ』の大ヒットで知られる歌手の〔森山加代子〕さんが6日、亡くなった。関係者によると、がんで闘病しており、ステージ4だったという。76歳。夫に看取られ、最期を迎えたという。葬儀・告別式は未定」


・「1960年、イタリアの歌手のカバー曲『月影のナポリ』でデビューし、同年、紅白に初出場。61年『シンデレラ』、62年『五匹の子豚とチャールストン』で3年連続で紅白に、70年に故・〔阿久悠さん〕が作詞した『白い蝶のサンバ』で4度目の出場を果たした」


・「最後のブログ更新は2014年1月19日。『今年も皆様をハラハラドキドキさせながら、もう少し唄っていこうと思っています。もし歌う事が嫌になったら、皆様にお願いしますので『辞めても良いよ。』って云ってくださいネ』」


・「『皆様のおかげで、こんなに長い間唄って来れたのですから森山加代子は、いつ辞めても皆さんが納得して下さるのなら悔いはありません。楽しく笑顔で唄い続けられるまで頑張るつもりです』とファンへの感謝の思いとともにつづっていた」・・・


《18歳か19歳か?》


Photo_5

« 白血病の池江選手、闘病の現状明かす「数千倍しんどい」 | トップページ | カルロス・ゴーンの反撃は? »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昭和の香りだった!森山加代子さん死去:

« 白血病の池江選手、闘病の現状明かす「数千倍しんどい」 | トップページ | カルロス・ゴーンの反撃は? »

最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト