« やっぱり日本は「滅びの笛」だなぁ | トップページ | 幕下転落から、「おかえり〔豊ノ島〕」! »

外人さんらに「日本よ立ち上がれ」と言われてもなぁ?

2019年03月10日
(外人さんらに「日本よ立ち上がれ」と言われてもなぁ?)


https://www.sankei.com/world/news/190309/wor1903090014-n1.html


・「保守中道」か「保守中道やや右」の“日本人の論客”も数多居るだろうに、①アメリカ人に、②元支那人に、③元コリアン とは、産経新聞も「中々やる!」と誉めるべきなんだろうか?ま、850人もの方々が集まって傾聴したというんだから、大成功だったのだろう。


・自民党内では「敵同士」みたいになった〔岸田〕と〔二階〕が、何かの寄り合いで仲良く法被着て立ち食い蕎麦食っている写真を観たが、記事を読む気にもならなかった。日本の政治家共は、みんな「私利私欲」に奔っている。「憂国の士」なんか居るんかいな?


・産経ニュース から、記事を以下。


・「【『日本よ立ち上がれ』『一帯一路に関わるな』海外出身3論客語る [正論]トークショーに850人】産経ニュース 2019.3.9 20:09」


・「産経新聞社の月刊誌[正論]主催のトークショーが9日、東京都千代田区の砂防会館で『日本よ立ち上がれ!』と題して開かれ、米国弁護士でタレントの〔ケント・ギルバート〕、評論家で拓殖大教授の〔呉善花(オ・ソンファ)〕、評論家の〔石平〕の海外出身の3氏の議論に、約850人が耳を傾けた」


・「米朝協議が合意に至らず米中貿易戦争も続き、東アジア情勢の行方が見通しにくいなか、呉氏は朝鮮半島情勢について『北朝鮮との恋に落ちてしまっている韓国を、日本が引き留めようとしても無理』と指摘」


・「ギルバート氏は『〔トランプ米大統領〕は中国の〔習近平国家主席〕を引きずり降ろそうと考えているはず』として、米中貿易戦争は5年続くと予想した」


・「石氏は、米中の対立が深まれば〈中国は日本にすり寄ってくる〉として『日本は中国に接近しすぎないほうがいい。まして“ヤミ金融”というべき『一帯一路計画』に日本は絶対、関わってはいけない』と強調した」・・・


《「正論」トークショー。左から有元隆志・正論調査室長、呉善花氏、石平氏、ケント・ギルバート氏=9日午後、東京都千代田区》


Photo_4

« やっぱり日本は「滅びの笛」だなぁ | トップページ | 幕下転落から、「おかえり〔豊ノ島〕」! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外人さんらに「日本よ立ち上がれ」と言われてもなぁ?:

« やっぱり日本は「滅びの笛」だなぁ | トップページ | 幕下転落から、「おかえり〔豊ノ島〕」! »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト