« (「『ロシア疑惑』は『米国版モリカケ疑惑』だ!」) | トップページ | (私は“譲位”で良かったと思う) »

(NHKのCG技術:出川哲朗、亡くなった母を前にむせび泣き)

2019年03月31日
(NHKのCG技術:出川哲朗、亡くなった母を前にむせび泣き)


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190331-00063760-crankinn-ent


・歌神:〔美空ひばり〕が逝ったのは1989年06月24日(享年こそ違え、彼女の大ファンだった私の母が逝ったのが06月25日だから、よく覚えている)52歳だったから、あの紅白歌合戦はその年だったのか翌年だったのか?


・〔小椋 圭〕と『愛燦燦』を唄ったのだが、会場(舞台)は知らないがテレビでは「まるで生きて競演しているように」見事だった。日頃の大晦日は、『格闘技』ばかり観ている私も、居ずまいを正して「むせび泣く」ほど感動した記憶がある。


・流石「受信料ボッタクリ」で金満のNHKである。そのCG技術には神業すら感じた。ホント「恐れ入谷の鬼子母神」だった!


・だから「〔出川哲朗〕がCGの母にむせび泣きした」気持ちはヨッく分る。孫を心配する江戸っ子のバーチャンはテレビでお馴染みだったが、母ちゃんの動画も存在したのだろう。葬式の写真1枚からでは、CGは作れまいて。


・YAHOOニュース から、クランクイン! の記事を以下。


・「【出川哲朗、亡くなった母を前にむせび泣き ネットも『もらい泣き』】クランクイン! 3/31(日) 19:00配信」


・「タレントの〔出川哲朗〕が28日放送の『復活の日~もしも死んだ人と会えるなら~』(NHK総合)に出演。亡くなった自身の母親を前に、出川がむせび泣く姿に、視聴者からは『もらい泣き』『自分も涙があふれた』などのツイートが多数寄せられた」


・「この番組は、“亡くなった人にもう一度会ってみたい”という願いを実現させるトーク番組。ゲストの出川は“もう一度会いたい人”として、2011年に享年76歳で亡くなった母の泰子さんを指名」


・「出川はスタジオに入ると、そこは大型の全身鏡ほどのスクリーンと、革張りのイスのみがセッティングされた舞台のような空間。スタジオに“コツコツ”と足音が響くと、スクリーンの奥からCGで再現された泰子さんが登場」


・「泰子さんが『てっちゃん』と優しく語りかけると、先ほどまで笑顔だった出川の表情が一変。スクリーンの中の泰子さんが『こっちに来て顔を見せてちょうだい』と申し出ると、出川はスクリーンに近づき、泰子さんの方をのぞき込み『あぁ…母ちゃんだぁ…』と微笑む」


・「出川が専門学校に進学し、そこで出会った〔内村光良〕らと劇団を結成した頃について話が及ぶと、スタジオには泰子さんがよく作って差し入れしていた“味噌おにぎり”が登場。出川は懐かしそうな表情でおにぎりを頬張り、黙々と食べ続けると堰を切ったように号泣」


・「彼が涙まじりに『これ、食べてたね…』とつぶやくと、泰子さんは『急に泣くんだよね、昔から』とポツリ。 そして出川は泰子さんに対して『本当に“ありがとう”って言いたい』と話すと、当時、入院していた泰子さんに『本当は意識がある時に“本当にありがとう”と言いたかったんだけど、まだ意識があるところで急に言ったら、母ちゃんが自分で“死んじゃう”って……バレちゃうじゃん…』とこらえきれず号泣」


・「絞り出すような声で『意識があるうちにね、“ありがとう”と言っておけば良かったなって、ずっとそれは思ってたね…』と、母に対する後悔の念を口にした。 しかし、最後に出川は『今回はね、こういう形になりましたが(ありがとうと)言えてよかったなと思います。…うん。』と何度もうなづいていた」


・「放送終了後、SNSには視聴者から


『ぼろぼろ涙でた』
『もらい泣きして目が腫れた』
『頭が痛くなるくらい泣いた』
『てっちゃんの涙、胸に刺さって自分も涙があふれた』
『出川哲朗に泣かされた夜』


などのツイートが殺到していた」・・・

« (「『ロシア疑惑』は『米国版モリカケ疑惑』だ!」) | トップページ | (私は“譲位”で良かったと思う) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (「『ロシア疑惑』は『米国版モリカケ疑惑』だ!」) | トップページ | (私は“譲位”で良かったと思う) »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト