« ジュラシックパークは造るべきではない! | トップページ | 麻生氏の「報復カード」公表、それでいい! »

〔テリーザ・メイ首相〕は辞めるだろう!

2019年03月13日
(〔テリーザ・メイ首相〕は辞めるだろう!)


https://news.google.com/articles/CBMiOGh0dHBzOi8vYnVzaW5lc3Mubmlra2VpLmNvbS9hdGNsL2dlbi8xOS8wMDAwMi8wMzEzMDAxNjQv0gEA


・私は〔テリーザ・メイ英首相〕が好きだ。〔マーガレット・サッチャー元英首相〕も好きだった、共に〔オックスフォード大〕出の才媛である。〈世界の大学ランキング〉では常に1位。ケンブリッジ大は2位で、日本の叡智=東京大学は42位、京都大学は65位と言うのだから、その「オツムの良さ」が解ろうと言うもんだ!


・しっかしま、「議会制民主主義」の〈元祖〉である英国は、どうなってしまったんだろ?私はメイさんの「落としどころ」しか無かったと思うのだが、議会がポイ!ってのは「反対のための反対」なのか? メイさんのストレスが心配だ。この際「匙を投げて辞める」ことになると思うが、その昔スペインと「世界を半分ずつ統治しようか?」と豪語していたという英国はどこへ行くのか?


・GOOGLEニュース から、日経ビジネス の記事を以下。


・「【大失敗したメイ首相の脅迫戦法、英議会がEU離脱案否決】日経ビジネス 大西孝弘(ロンドン支局長) 2019年3月13日」


〈メイ英首相の離脱案は明らかに死んだ(英労働党のコービン党首)ーー〉


・「英議会下院は12日、欧州連合(EU)からの離脱案を採決し、大差で否決した。〔メイ英首相〕は前日の夜12時近くまでEUの〔ユンケル欧州委員長〕と会談し、離脱案を修正したが、英議会を説得できなかった」


・「1月15日の採決に続く2回目の大差での否決でメイ首相が推す〈穏健な離脱〉は、完全に選択肢から消えた。英下院は3月13日に合意なき離脱の採決、14日に離脱延期を採決する」


・「今回の否決は、英議会からメイ首相への最後通牒と言っていい。メイ首相は昨年11月にEUとの間でアイルランドとの国境管理の回避策として英全土を関税同盟に残す案を含めた穏健な離脱案をまとめた。それ以降、一貫してこの案にこだわり、心中する覚悟を見せていた」


・「そして、議会に対して『私の案か、合意なき離脱か』と迫り、合意なき離脱という最悪の事態を交渉の切り札にした。当初は12月が採決の期限と見られていたが、ズルズルと採決を遅らせ、離脱日のわずか17日前に採決をする状況に追い込んだ」


・「採決が遅れている間に、離脱後の惨状を想像させるような悪いニュースが相次ぐ。日産自動車が主力車種の英国生産を撤回し、ホンダが2021年中に英国生産から撤退すると発表した。 メイ首相は『合意なき離脱』という最悪のカードをちらつかせることで、強硬離脱派に翻意を促してきた。労働党などから『合意なき離脱』の選択肢を外すように迫られても、頑として譲らなかった」


・「だが、結果的にはこうしたメイ首相の『脅迫戦略』は大失敗に終わる。メイ首相の思惑とは逆に離脱強硬派は態度を硬化。むしろ合意なき離脱を望むような雰囲気を作ってしまった」


★メイ首相は今週中に辞任するとの観測も


・「11日、メイ首相と会談したユンケル欧州委員長は『これ以上の再協議には応じない』と述べた。12日の英議会の採決後にはEUの〔バルニエ首席交渉官〕がツイッターに『離脱案が英議会に承認されるように手を尽くした』と投稿。仮に英議会が離脱の延期を選んだとしても、延期の期間中に英国とEUの双方が納得できるような離脱案をまとめるのは至難の業だ」


・「こうした状況に追い込んでしまったメイ首相の責任は重い。一部の英メディアは、メイ首相が今週中に辞任する可能性を報じている。ただ、メイ首相の代わりにこの難局を打開できるようなリーダーは見当たらない」


・「メイ首相は〈高潔な人物〉で知られる。牧師の父親の影響で早くから政治家を志し、英オックスフォード大学を卒業。議員の間でも群れず、孤高の存在だと言われている。元は残留派であったが、国民投票で離脱を決めたという民意に忠実であることに情熱を傾けてきた。どんなに批判されても粘り強く説得をしようとする姿勢は好感を持たれ、英国民の首相適任者を選ぶ調査でも常に上位に挙げられていた」


・「『ブレグジット交渉には秘密がほとんどない』と言われる。議論のプロセスなどが開示され、誰もが論点を確認し、意見を言うことができる。これはメイ首相の政治姿勢に寄るところもありそうだ。英国は有利な条件を獲得するために議論を尽くすほど、時間がなくなりEUとの交渉上は不利な状況に追い込まれるという皮肉な結果になってしまっている」・・・


《激務とストレスからか、12日のメイ首相は喉を痛めガラガラ声だった (写真:PRU/AFP/アフロ)》


Photo

« ジュラシックパークは造るべきではない! | トップページ | 麻生氏の「報復カード」公表、それでいい! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔テリーザ・メイ首相〕は辞めるだろう!:

« ジュラシックパークは造るべきではない! | トップページ | 麻生氏の「報復カード」公表、それでいい! »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト