« 「拝年外交」の隠された思惑 | トップページ | 破局へと自らを導く英国政治 »

嘘言わされている原告老人が情けない!

2019年02月07日
(嘘言わされている原告老人が情けない!)


http://news.livedoor.com/topics/detail/15989399/


・この「徴用工被害原告」の老人は、『徴用工』ではなく、金儲けに訪日した『応募工員』だったことは、日本ではネタバレしている。先に死んだ老人3人と組んで、しつこく日本にやって来て訴訟を起こしていた4人組の生き残りだ。


・日本では当然相手にされなかった。1965年の『日韓基本条約』『日韓請求権協定』に従って、日本は『南』の当時の国家予算の2倍(とも言われる)賠償金を支払っている。その折日本側は、「個々人に直接払いたい」としたのだが、当時の〔パク・チョンヒ大統領〕が「一括で国家へ!」に拘った。


・結局『南』は、ポッポも巨額だったのだろうが、基本的には「インフラ整備(公共事業)」に日本からの賠償金を注ぎ込み、世界から『漢江(ハンガン)の奇跡』と賞賛された急激な経済成長を遂げた。だから「徴用工ら」に支払うべきは『南』の国家なのである。日本の「清算」は、半世紀近く前にもう、終わっているのだ。


・それにしても「平気で嘘が言える」のは、今回の『南』国防省もオンナジ(青瓦台の圧力らしいが)だが、『従軍?慰安婦』も『徴用?工』も「コリアンの特技か?」と思われるが、ナニナニ、日本人だって〔吉田清治〕も〔植村隆〕も『朝日新聞』も、「金のためなら、みんな転ぶ」のは共通らしい。


・それにしても「立った嘘吐き老人」の左右に居る「若造弁護士」の得意げなツラが憎憎しい。諸悪の根源は、同じ弁護士である〔文在寅・社会主義者〕なのだが、私は以前にも投稿したが「いつまでも『南』に忖度している日本の〔安倍政権〕」こそ「もっと悪い!」と断言する。


・何を期待しているのか、敵は社会主義者で、「北に従って、〔チャイナ様〕を盟主とする“レッドグループ”に入ろう(入ってしまった?)」としているのだ。そしてこの若造弁護士らも最高裁長官も、みんな「レッドグループの仲間」なのだ。ホント、煮え切らない日本人の方が情けない!


・ライブドアトピックス から、共同通信 の記事を以下。


・「【政府、徴用工問題で韓国に警告 『企業実害なら対抗措置』】共同通信 2019年2月7日 19時0分」


・「日本政府が、韓国の元徴用工訴訟で敗訴した新日鉄住金の資産差し押さえ問題で、韓国に『企業に実害が生じた場合は対抗措置に踏み切らざるを得ない』と警告していることが分かった。日韓関係筋が7日、明らかにした」


・「『日韓請求権協定』を逸脱した韓国の確定判決に基づく資産売却は断じて認めないと強調し、〔文在寅・韓国政権〕への圧力を強める狙い。日本は協定に基づく初の政府間協議を韓国に求めており、8日に回答期限を迎える」


・「対抗措置を巡っては、韓国からの輸入品に対する関税の引き上げが選択肢として取り沙汰されている。韓国は反発しており、歩み寄る兆しを見せていない」・・・


《韓国徴用工訴訟で新日鉄住金に賠償を命じた判決が確定し、記者会見する原告の男性(中央)と支援者ら=2018年10月、ソウル(共同)》


Photo_2

« 「拝年外交」の隠された思惑 | トップページ | 破局へと自らを導く英国政治 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557181/67676938

この記事へのトラックバック一覧です: 嘘言わされている原告老人が情けない!:

« 「拝年外交」の隠された思惑 | トップページ | 破局へと自らを導く英国政治 »

最近のトラックバック

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ
フォト