« ずっと池江選手を応援する! | トップページ | こりゃ【衆参W選挙】をやるべきだ! »

低迷大河『いだてん』に〔のん〕起用か?

2019年02月16日
(低迷大河『いだてん』に〔のん〕起用か?)


https://news.nifty.com/topics/agp/190216315857/


・私は『いだてん』を一度も観ていない。昭和の名人:〔5代目古今亭志ん生〕役に滑舌が急速に衰えた〔ビートタケシ〕を持ってきて、しかも「狂言回しの大役をやらせる」無理からだ。


・〔5代目古今亭志ん生〕のすっ呆けた間(ま)、絶妙な語り口を強烈に覚えている我ら世代は、〔ビートタケシ〕演じる〔志ん生〕は全くの別物だ。痛々しくて観る気もしなかった。


・いいじゃないか、『あまちゃん』でお茶の間の人気者になった〔能年玲奈=今は のん〕を起用してカンフルに使うという手は!彼女が出演するのなら、観てもいいよ!


・ニフティニュース から、アサ芸プラス の記事を以下。


・「【のん、『いだてん』テコ入れ起用のフラグか!?NHK『あまちゃん』再放送の裏】アサ芸プラス 2019年02月16日 09時58分」


・「NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』の視聴率が低迷しているが、1月13日のNHK定例放送総局長会見で〔木田幸紀放送総局長〕が“テコ入れ策”を語ったことで、いよいよ〔のん〕の登場かとザワつき始めている」


・「『いだてん』の平均視聴率は初回こそ15.5%と悪くなかったが、第2話12.0%、第3話13.2%、第4話11.6%、第5話10.2%と落ち続け、ついに第6話では9.9%まで陥落。放送開始序盤の2月のひとケタ台は、大河史上最速という」


・「この事態を受け木田氏は会見で『ついていけないとか、わかりにくいという意見も確かにいろんな所で聞いている』と現状を認識した上で、補強策として『3月いっぱいまではストックホルム・オリンピックにかかわる(主人公の)〔金栗四三さん〕の人生のハイライト』」


・「『このへんの話をうまく利用して、わかりにくいといったところを、PRとか解説番組とか、いろんな形で補強して前半のヤマ場を楽しんでほしい』と語った」


・「『『いだてん』は、脚本を担当する〔宮藤官九郎〕がヒットさせた朝ドラ『あまちゃん』に出演していた〔小泉今日子〕や〔橋本愛〕、〔杉本哲太〕らがキャスティングされている。そのため当初から、『あまちゃん』主演の、のん(当時は〔能年玲奈〕名で出演)の出演が期待されていましたが、結局は叶いませんでした』(テレビ誌記者)」


・「そして放送開始後も、『のんの待望論』がくすぶり続けていた。ところが、木田氏の会見の同日、NHKからビックリの発表が飛び出したのだ。『3月17日と24日の前後編に分け、BSプレミアムで『あまちゃん』の総集編を再放送するというのです』」


・「これにはSNS上はもちろん、業界の間でも、“のんの大河出演へのフラグではないか”との見方が結構ある。前所属事務所との問題がクリアされるかどうかは疑問ですが、“補強”するのであれば、のんの起用が効果的であることは間違いない』(夕刊紙記者)」


・「のんが大河を救うか (鈴木十朗)」・・・


《のん(旧・能年玲奈(のうねん れな)》


Photo_3


« ずっと池江選手を応援する! | トップページ | こりゃ【衆参W選挙】をやるべきだ! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 低迷大河『いだてん』に〔のん〕起用か?:

« ずっと池江選手を応援する! | トップページ | こりゃ【衆参W選挙】をやるべきだ! »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ
フォト