« 韓国軍が在韓米軍の指揮下にある理由:『戦時作戦統制権』 | トップページ | 大坂なおみ:最新情報 »

英:空母『クイーン・エリザベス』を太平洋に派遣

2019年02月12日
(英:空母『クイーン・エリザベス』を太平洋に派遣)


http://news.livedoor.com/topics/detail/16007510/


・英国は、かつては「空母大国」だったが、今は1917年就航の40000t級の空母『クイーン・エリザベス』が1隻のみと、2020年就航(建造中)の空母『プリンス・オブ・ウェールズ』だけである。


・その空母『クイーン・エリザベス』が、対中牽制のために太平洋に派遣されるというのだから、未だに憲法改正も出来ない日本は、恥じ入らなければならない。


・ライブドアトピックス から、記事を以下。


・「【英、太平洋に空母派遣へ=対中けん制狙う】時事通信社 2019年2月12日 6時41分」


・「【ロンドン時事】〔ウィリアムソン英国防相〕は11日、ロンドンで講演し、最新鋭空母『クイーン・エリザベス』を太平洋に派遣すると発表した。(解説:改修しているのだろう)


・「中国の強引な海洋進出をけん制するのが狙い。欧州連合(EU)離脱後をにらんだ世界戦略として、インド太平洋地域でのプレゼンス向上を図る目的もある」


・「クイーン・エリザベスは英米軍の〔最新鋭戦闘機F35〕を艦載し、地中海や中東周辺海域も航行するという」


・「ウィリアムソン氏は講演で、ロシアと中国を名指しして軍事的台頭に対する警戒感を表明。空母派遣などを通じて『われわれの安全と繁栄の礎となっている、ルールに基づく国際秩序を支えるために行動する』と強調した」・・・


《英国が太平洋に派遣する空母「クイーン・エリザベス」(英海軍提供)》 


Photo_2


« 韓国軍が在韓米軍の指揮下にある理由:『戦時作戦統制権』 | トップページ | 大坂なおみ:最新情報 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英:空母『クイーン・エリザベス』を太平洋に派遣:

« 韓国軍が在韓米軍の指揮下にある理由:『戦時作戦統制権』 | トップページ | 大坂なおみ:最新情報 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト