« ナンも出来ない日本・防衛研究所の見解なんて | トップページ | 娘は父の「大統領としての余命」を見限ったのか?:『南』 »

大坂なおみが日本を選んだ理由

2019年01月30日
(大坂なおみが日本を選んだ理由)


http://news.livedoor.com/topics/detail/15949123/


・記事は「いかにも日本人ウケ」するよう『義理人情』に持って行っているが、私は「両親やコーチ」のバックに優れた『マーケッター』ってか『コンサルタント』が居ると思っている。


・今日も定期的『前立腺がん・抗がん剤投与後遺症』から復活した広島の先輩と長電話したが、「日本発進の爆発的人気だ。アメリカでは〔ヴィーナス〕〔セリーヌ〕ウイリアムズ姉妹の前例があるから、ここまでは爆発人気にはならなかったろう」・・・先輩の見解である。


・私も“間も無く二流先進国になるかも知れないが”、日本という国は『ハーフ売り出しの拠点』として「程好く最高かも?」と思っている。〔なおみ選手〕の父上のハイチでも、〔カルロス・ゴーン〕のレバノンでも、発信力は格段の差だと思う。人口が多過ぎる〔チャイナ〕でもオンナジだ。


・つまり「スターダムに伸し上がる選手」にとって、日本は格好のジャンプ台だと思う。何となく「神秘的」で、何となく「クラシック」で、何となく「優雅」で、何となく「クレバー」で・・・


・ライブドアトピックス から、NEWSポストセブン の記事を以下。


・「【大坂なおみが日本を選んだ理由、無名時代からの支援への恩義】NEWSポストセブン 2019年1月30日 16時0分」


・「『彼女、本当はアメリカ人よ』。準決勝を前に、アメリカのある女性記者は悔しげにそうつぶやいたという。1月26日、全豪オープンテニスで優勝を果たした大坂なおみ選手(21才)。決勝戦は日本中の注目が集まり、NHKの生放送は38.5%(関東地方)の最高視聴率を記録した」


・「全豪オープン優勝は男女通じて日本人初、世界ランク1位はアジア初の快挙だ。大坂選手は今、達成すれば女子シングルスでは〔シュテフィ・グラフ選手〕以来約30年ぶりとなる1年で4大大会すべてを連覇する『年間グランドスラム』を目標に掲げている」


・「日本が祝福ムードで盛り上がる一方、アメリカのテニス界は冒頭のように地団太を踏んでいるという。 『ナオミは3才からアメリカ在住で母語も英語。しかもアメリカはグランドスラム開催国であり、練習環境にも恵まれている。なのに、なぜ日本にナオミを持って行かれたのか。スポーツ記者の間では、“アメリカのテニス協会は一体何をしていたんだ”と言われています』(現地ジャーナリスト)」


・「大坂選手はハイチ系アメリカ人の父と日本人の母のもとに生まれ、日米の二重国籍を持つ。母・環さんは北海道出身で、父・レオナルドさんが英会話の講師として札幌に滞在している時に出会った。ふたりは周囲の反対を押し切って結婚し、大阪に移住。そしてプロテニスプレーヤーの姉・まり選手(22才)と大坂選手が誕生した」


・「一家はアメリカに移住し、ハイチ人の祖父母と共にニューヨーク州南東部のロングアイランドで過ごした。姉の影響でテニスを始めたのもこの頃だ」


・「『レオナルドさんは若い頃バスケットボールをやっていてスポーツは万能。テニスの経験はありませんでしたが、〔セリーナ・ウィリアムズ選手〕(37才)などのプレーを独自に研究し、子供たちにテニスを指導したそうです』(テニス関係者)」


・「その後、一家はフロリダに移住。今も自宅と練習拠点はフロリダにある。大坂選手が日本代表としてテニスを続ける理由は、彼女がまだ無名だった頃に遡る」


・「『スポーツ用品メーカーの〔ヨネックス〕がスポンサー契約を結んだのは、彼女がまだ10才だった2008年でした。母親の環さんがヨネックスの当時の社長にサポートをお願いする直筆の手紙を書いた。それに心を打たれた社長はアメリカの子会社に視察を命じ、彼女のプレーを見た担当者が将来性を見込んで、用具の提供が決まったそうです』(スポーツ紙記者)」


・「大坂選手はアメリカテニス協会が主催するシニア大会にも出場していたが、目立った成績は残していなかった。そんな彼女にいち早く注目したのが、日本テニス協会の女子代表コーチをしていた〔吉川真司氏〕(41才)だった」


・「2013年、大坂選手は15才の時に、日本の『東レ パン パシフィック オープンテニス』の予選に出場。予選1回戦で敗退したが、彼女のパワーや試合感覚を見た吉川氏は、『すごい才能だ』と目をつけた。『吉川さんはすぐに女子代表監督や強化本部長に報告し、以来、大坂選手が日本に来た時には、ナショナルトレーニングセンターを利用できるようにするなど、環境面などで地道な支援を続けてきました』」


・「『吉川さんが日本代表のコーチとして大会に派遣された時には、必ず大坂選手と会う時間をつくるなど、長い時間をかけて密な関係を築いてきたんです』(前出・テニス関係者)」


・「元プロテニス選手で解説者の〔村上武資氏〕が振り返る。 『当時、私は女子プロ選手の指導をしていたんですが、“アメリカにすごい才能の女の子がいる”と話題になったんです。15才時点で身長が180cmに達していて、ずば抜けた才能とパワーがあった。日本女子であんな子は見たことがありませんでした。国籍のこともあるし、海外ではテニスは巨大なスポーツビジネスですから、テニス協会でできることは限られる。吉川さんが支援を続けていくのは決して簡単なことではなかったでしょう』」


・「2016年、大坂選手が全豪オープンの本戦で3回戦に進出すると、アメリカのテニス協会も彼女に注目。『アメリカ代表』になるよう、猛烈なアプローチを仕掛けた。 『アメリカはサポート資金として莫大な金額を提示したそうです。しかし、両親は無名時代から支援を続けてくれた日本に恩義を感じていた。そんな両親の思いもあり、日本代表として登録することを選んだそうです』(前出・テニス関係者) ※女性セブン2019年2月14日号」・・・


《「年間グランドスラム」も夢ではない大坂なおみ(写真/ゲッティイメージズ)》


Photo_5

« ナンも出来ない日本・防衛研究所の見解なんて | トップページ | 娘は父の「大統領としての余命」を見限ったのか?:『南』 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大坂なおみが日本を選んだ理由:

« ナンも出来ない日本・防衛研究所の見解なんて | トップページ | 娘は父の「大統領としての余命」を見限ったのか?:『南』 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト