« 「一億総活躍時代」の具体的姿 示せ | トップページ | 「粗にして野だが卑ではない」 »

「大江健三郎はチンケなサヨク」:文化勲章辞退

2018年12月12日
(「大江健三郎はチンケなサヨク」:文化勲章辞退)


https://special.sankei.com/f/sankeisyo/article/20181212/0001.html


・今日の[産経抄]の記事の括りは、「『ノーベル文学賞』を受賞した〔大江健三郎氏〕は、文化勲章を辞退している。今でも了見がまったく理解できない」・・・としているが、答えは「大江はチンケなサヨクだから」だろう。


・大江は文化勲章を断った理由を、「民主主義に勝る権威と価値観を認めないからだ。これは極めて単純だが、非常に重要なことだ」と言っている。


・更に大江は、フランス政府からのレジオンドヌール勲章も受章している。スエーデンからのノーベル賞も、フランスからのレジオンドヌール勲章も受け容れながら、「日本からの文化勲章」を拒否するということは、「大江はチンケなサヨクだから」としか考えられない。


・「【産経抄12月12日】産経スペシャル 2018.12.12」


・「『現金3億円、輸送車ごと奪われる』『白バイ装い待ち伏せ』『ギャング映画ばり』。昭和43(1968)年12月10日の小紙夕刊は、こんな見出しで、3億円事件の発生を伝えた。以来、各紙の社会面は前代未聞の強盗事件の報道一色となる」


・「▼もっとも、はるか海の向こうスウェーデンの首都ストックホルムは、祝賀ムード一色に染まっていた。ノーベル賞の授賞式が開かれ、日本人として初めて『文学賞』を受賞した〔川端康成氏〕らが、国王から金メダルを授与されていた。周囲の燕尾(えんび)服のなかで、白髪で羽織袴(はかま)姿の川端氏は、注目の的だった」


・「▼商家に生まれた作家の〔竹西寛子さん〕によると、戦前の年賀の男客といえば、紋付きの羽織袴姿が普通だった。『幼い頃の私は…男客の、線の崩れていない袴姿にひかれた。ながめて気持がよい、こちらの背筋までどんと叩(たた)かれるような感じがあった』。【羽織袴】と題した随筆に記している」


・「▼今年の『医学・生理学賞』に輝いた〔本庶佑(ほんじょ・たすく)・京都大特別教授〕(76)も、50年ぶりに〔妻の滋子さん〕とともに和装で授賞式に臨んだ。本庶さんも長年、着物に親しんできたようだ。5年前の『文化勲章親授式』にも、地元京都で黒紋付き羽織袴をあつらえて臨んでいる」


・「▼本庶さんの流暢(りゅうちょう)な英語に加えてユーモアをたっぷり含んだスピーチも、現地で大好評だった。あえて晴れの舞台で、堂々とした和服姿を披露した理由について、『日本で研究してきた心構え』と語っている」


・「▼川端氏は、胸前(むなさき)に文化勲章を下げていた。有名なノーベル賞の記念講演『美しい日本の私』の内容を、装いでも表現していた。26年後に『ノーベル文学賞』を受賞した〔大江健三郎氏〕は、文化勲章を辞退している。今でも了見がまったく理解できない」・・・

« 「一億総活躍時代」の具体的姿 示せ | トップページ | 「粗にして野だが卑ではない」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「大江健三郎はチンケなサヨク」:文化勲章辞退:

« 「一億総活躍時代」の具体的姿 示せ | トップページ | 「粗にして野だが卑ではない」 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト