« 米の対中締め付けは「不変」と見よ | トップページ | 「ボーっと生きてんじゃねーよ!」:国会議員 »

川端康成氏以来の和装、本庶佑氏:ノーベル賞

2018年12月11日
(川端康成氏以来の和装、本庶佑氏:ノーベル賞)


https://special.sankei.com/f/life/article/20181211/0001.html?_ga=2.139562235.95866721.1541862269-1657727698.1541862269


・ま、〔本庶佑(ほんじょ・たすく)・京都大特別教授〕に対する各社の記事を読めば読むほど、「神童が神童のまま成人して、人類の役に立った!」と感動する。あのips細胞の〔山中伸也氏〕でも、「お会いした時には、最敬礼する」と言っている。


・それは「年齢差20歳」から来る長幼の序ではなく、「心からの尊敬の念がさせる『最敬礼』」なのだと思う。しかし本庶佑氏は孤高の変人ではない。洒落の効いた饒舌で人々を引き付ける気さくな「天才」でもあるのだ。スピーチ記事の報道が待ち遠しい。


・産経スペシャル から、記事を以下。


・「【川端康成氏以来の和装 晩餐会はファッションが話題に 本庶佑さん】産経スペシャル 2018.12.11」


・「10日(日本時間11日未明)の授賞式と晩餐(ばんさん)会では、『医学・生理学賞』を受賞した〔本庶佑(ほんじょ・たすく)・京都大特別教授〕(76)が、自前の紋付き羽織袴(はかま)姿で出席した。授賞式、晩餐会はそれぞれにドレスコードがあり、晴れ舞台で華やかに着飾った出席者の装いは、スウェーデン国民の大きな関心事の一つだ。(宇山友明、江森梓、浜川太一)」


・「『特に女性の間では、出席者らのファッションが関心を集めていますね』。ストックホルム市内に住む公務員の女性(31)は話す。地元のタブロイド紙のサイトでは、読者らの投票によって出席者らのドレスが点数をつけられるという」


・「国内では授賞式や晩餐会の様子がテレビで生中継されるため、特別な雰囲気を一緒に味わおうと、コース料理を作ったり正装で夕食を食べたりする家庭もあるほどだ」


・「授賞式と晩餐会では、男性は白のちょうネクタイに燕尾(えんび)服、女性はイブニングドレスといったドレスコードがある。ただし、『民族衣装』も正装とみなされ、紋付き羽織袴姿で出席した本庶さんは、日本人受賞者としては1968年に文学賞を受賞した〔川端康成氏〕以来の和装となった」


・「例年、授賞式や晩餐会の出席者の装いは実に華やかだ。スウェーデン王室の王妃や王女らの豪華なドレスや宝飾品が注目を集めているほか、歴代の日本人受賞者夫人の着物姿も人気があるという」


・「出席者の個性もあらわれる。今年はスウェーデンの〔アリス・バー・クンケ文化・民主主義大臣〕が、寄付された素材をつなぎ合わせたドレスを披露し『リサイクルとリユースは、持続可能な世界の鍵の一つ』と語った」


・「2015年には、文学賞を受けたベラルーシの〔スベトラーナ・アレクシエービッチさん〕がドレスコードを破ってパンツスーツで出席し、話題になった。アレクシエービッチさんは『人々の悲しみや苦しみを書いている私がドレスを着るわけにはいかない』と理由を述べている」


・「スウェーデン中から注目を集める出席者のファッション。スウェーデン大使館の担当者は『著名人たちのメッセージ性のある装いが人々の関心を呼ぶのではないか』と話している」・・・


《ノーベル賞授賞式後の晩さん会に出席し、スウェーデンのクリスティーナ王女と話す本庶佑・京都大特別教授。右端は妻の滋子さん=10日、ストックホルム(共同》


Photo_2

« 米の対中締め付けは「不変」と見よ | トップページ | 「ボーっと生きてんじゃねーよ!」:国会議員 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川端康成氏以来の和装、本庶佑氏:ノーベル賞:

« 米の対中締め付けは「不変」と見よ | トップページ | 「ボーっと生きてんじゃねーよ!」:国会議員 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト