« 2025年万博、大阪で開催! | トップページ | 事故物件の部屋 »

『南』〔和解・癒し財団〕解散:在京各紙の反応

2018年11月24日
(『南』〔和解・癒し財団〕解散:在京各紙の反応)


https://special.sankei.com/f/sankeisyo/article/20181124/0001.html


・〔反日・朝日新聞〕が〔読売新聞〕に次ぐ大手であることは、残念ながら事実である。それは「反日・日本人」がそれだけ日本に内在していることを顕している。勿論「親の代から」とか「景品で勧誘されて」というノンポリも多いのだろうが。


・そう、アンケートをやれば必ず「どちらとも言えない」という層が多いことが示される。主義主張を持たない人々である。「読売の語源は瓦版」だから、「朝日=旭日=日本の代表新聞」だと頑なに信じているのかも知れない。


・政治面は大見出しだけを眺め、見るのは社会面・スポーツ面とテレビ番組欄、のどやかで平和な人々だが、選挙では1票は1票だ。「平和日本の象徴的 層」なのかも知れない。


・しっかしま、この記事を読むと、やっぱり朝日は許せんなぁ。朝鮮日報の「支援」でも受けているのか? 弱小産経だが、大いに叩いている。


・産経スペシャル・「[産経抄]11月24日」 から、記事を以下。


・「【[産経抄]11月24日】産経スペシャル 2018.11.24」


・「十人十色というが、それぞれの立ち位置が表れていて興味深い。韓国政府が慰安婦問題をめぐる日韓合意に基づき設立された財団の解散を発表したことについて、在京各紙は22日付の社説で一斉に取り上げていた。それが、見事に論調が異なるのである」


・「▼『財団の一方的な解散は背信行為に等しい』。小紙の[主張]はこう断じたが、読売新聞も手厳しい。『国際常識からかけ離れた韓国の措置は到底容認できない』。日経新聞も『首脳間で確認した取り決めをないがしろにする決定で失望を禁じ得ない』と言い切った」


・「▼ところが、毎日新聞はとみると『極めて残念だ』と遠慮がちで、朝日新聞に至ってはこんなふうに直截(ちょくせつ)の批判を避けていた。『賢慮に欠けると言うほかない』。それどころか、『現実に照らしてやむを得ない措置ということかもしれない』と一定の理解すら示している」


・「▼さすがは『慰安婦問題』に火をつけ、韓国側と一緒になって『日本糾弾を展開してきた朝日』らしいなと読み進めると、社説は唐突に日本政府を戒めていた。『不都合な歴史に背を向けてはならない』。韓国による理不尽な財団解散が主題であっても、日本の非を鳴らさずにはいられないようである」


・「▼この一文から、朝日の過去記事を連想した。『韓国で女性狩りをし、慰安婦にしたという〔吉田清治氏〕の証言を(解説:記者・植村隆氏を使って)執拗(しつよう)に取り上げた朝日は、読者から疑問が寄せられるとこう反論していた。『知りたくない、信じたくないことがある。だが、その思いと格闘しないことには、歴史は残せない』」


・「▼吉田証言が真っ赤な嘘だと判明し、『朝日が関連記事を取り消した』のは周知の話である。だが、その後も朝日の『上から目線』と、『とにかく日本が悪い』と言いたがる癖は変わらない」・・・

« 2025年万博、大阪で開催! | トップページ | 事故物件の部屋 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『南』〔和解・癒し財団〕解散:在京各紙の反応:

« 2025年万博、大阪で開催! | トップページ | 事故物件の部屋 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト