« 「やったぜ日産」:絶妙なツイートだと思うが | トップページ | 中国外交官はなぜルールを守らないのか »

私は裏切った日本人社長を恥じる:日産自動車

2018年11月20日
(私は裏切った日本人社長を恥じる:日産自動車)


https://special.sankei.com/a/economy/article/20181120/0001.html?_ga=2.139512059.95866721.1541862269-1657727698.1541862269


・再生を推し進めながら、自らは〔日産〕〔ルノー〕〔三菱自〕3社から「トヨタ自動車社長の5倍以上」の報酬を取っていたのだから、〔カルロス・ゴーン氏〕を「貧乏人の倅か?」と勘繰ってしまうのは私だけだろうか?


・それにしても私は〔カルロス・ゴーン氏〕よりも、東京地検特捜部に通じた日産の〔西川広人社長〕が嫌いだ。世界中に「日本人は信用出来ない!」ことを広め、〔日産〕〔ルノー〕〔三菱自〕の株価下落だけでなく、「売上げの大幅減」を招いただけではないのか?


・セールスマンとしての青春時代、〔ブルーバード〕〔スカイライン〕〔スカG〕2台と共に在っただけに、晩年は〔トヨタランドクルーザー4700CC・ガソリンエンジン〕に親しんだ私でも、日産のこれからの凋落を感じて悲しい。


・産経スペシャル から、記事を以下。


・「【日産の『皇帝』日本の腹心に刺される? 裏切り者は…】産経スペシャル 2018/11/20」


・「【パリ=三井美奈】20日付フランス紙〔フィガロ〕は、〔カルロス・ゴーン容疑者〕を『金と権力欲でつまずいた皇帝』と評した」


・「同容疑者はトップを務める〔仏自動車大手ルノー〕の経営で〔マクロン仏大統領〕との確執が続いていたが、その対立が雪解けに向かう中で、自ら再生させた〔日産自動車〕によって地位を追われることになった」


・「同紙は、ゴーン容疑者の不正情報を特捜部に伝えたと発表した日産の〔西川広人社長〕を、古代ローマの政治家、〔カエサル〕を殺害した〔ブルータス〕に重ねた」


・「西川氏は日産で同容疑者の経営を支え、昨年、後継者として社長に就任したばかりだったからだ。『裏切り者は誰か』として、[企業内クーデターではないか]という見方まで示した」


・「ゴーン容疑者は天下りエリートが牛耳る仏経済界で、民間たたき上げの型破り経営者だった。ブラジル生まれで両親はレバノン系。フランスで高等教育を受け、3カ国の国籍を持つ。タイヤメーカー、ミシュランからルノーに移籍した」


・「高額報酬は、常にフランス国内で論議の的だった。2009年以降、年間報酬は約5倍に増えた。日産、ルノーをあわせると約20億円で、トヨタ自動車社長の5倍以上。16年、720万ユーロ(約9億円)の報酬案はルノー株主総会で54%が反対したが、ゴーン容疑者は取締役会で可決させた」


・「マクロン大統領との対立が表面化したのはこの時だ。マクロン氏は当時、社会党政権の経済相で、ゴーン氏の報酬が高額すぎると正面から批判した」


・「仏政府はルノーの筆頭株主。マクロン氏は15年には、新法を適用してルノーを通じた日産への経営干渉を狙った。仏産業育成のため、日産を影響下に置こうとする仏政府の動きに対し、ゴーン容疑者は日産とともに抵抗した」


・「今年6月のルノー株主総会で、仏政府がCEO続投を認めた際、ゴーン容疑者は報酬の3割減に応じた。今月8日には、マクロン氏がゴーン容疑者の案内で、電気自動車の生産拠点となる仏北部のルノー工場を視察し、『和解』を演出したばかりだった」・・・

« 「やったぜ日産」:絶妙なツイートだと思うが | トップページ | 中国外交官はなぜルールを守らないのか »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

 【 裏切り者で英雄 】

 確かに、日本人社長は、ゴーンさんを裏切りましたが、ゴーンさんは、日産の会長で在りながら、日産をルノーに経営統合させて、日産を日本の会社からフランスの会社に変えようとしたとする報道が、有りました。
 日本人社長がゴーンさんを裏切った裏切り者だとしたら、ゴーンさんも日産を裏切った裏切り者だと思います。

 元々、ゴーンさんは、フランス国が出資するフランスの自動車会社と日本の自動車会社のトップを兼務した時から、二社の利益が相反した時に、片方の利益を蔑ろにする危険性が潜在して居ました。

 この報道が事実なら、裏切り者と世界から蔑まされ様とも、日産をフランス政府から護った、日本社長を応援したいと思います。

三角四角さま、

コメント、有難うございました。これは「好き嫌い」の投稿記事です。
ロジカルな精査は必要ありません。赤穂浪士を今風に「集団テロ」と
解釈される方々も多くいらっしゃいますが、日本人は「感情論」で
赤穂浪士を讃えています。

日産の西川(さいかわ)社長は『司法取引』して、念入りにゴーンの
悪事を東京地検に垂れ込んでいます。「ブルータス」と仏紙に書かれ
ても致し方ありません。

私はもう老いて「車を買う甲斐性」も失せていますが、セールスマンの
青春時代、ずっと「日産車」と一緒だったフアンとして、悲しんでいる
だけです。

来年だったか『大河ドラマ』で〔明智光秀〕をやるそうですが、私はNHK
如きに「洗脳」されません。当時の日本人としては「宇宙人か?」と思える
程の六天大魔王:〔織田信長〕を騙まし討ちしたのは事実ですから。

 私の考えを押し付けて、不快な思いをさせて、済みませんでした。


 どうも、欧米や中韓は、組織を裏切るより、個人を裏切る方が、罪が重いみたいですね。
 逆に、日本では、個人を裏切るより、組織を裏切る方が、罪が重い様です。

 私としては、日産がフランスの会社に成る位なら、解散するか、日本の自動車会社に吸収合併された方が良いなと思います。

 赤穂浪士については、集団テロと言う人は、当時は武士道と云う不文律が在った事を考慮して居ないと思います。
 過去の歴史を、現代の価値観で断罪するのは、やってはいけない事です。

 織田信長については、分かりません。
 当時は、戦国時代の末期で、主君を裏切るのが当たり前の時代でしたから。
 織田信長が生きていれば、もっと良い日本に成って居たかも知れないと思う反面、拡張主義で大陸に領土を増やせば、モンゴル帝国の様に、衰退したかも知れません。

 一番、興味が在るのが、天皇家の扱いです。
 場合によっては、足利将軍の様に、追放して滅ぼしたでしょうか?

 まあ、戦国時代こそ、実力優先の時代でした。
 幕末もそうでしたね。

 日本人が、戦国時代と幕末に憧れるのは、心の何処かで、実力主義にシンパシーを感じて居るからかも知れません!

三角四角さま、

コメント、有難うございました、ナニナニ全く構いませんよ。
ドシドシ活発なコメントをお願い致します。色々なご意見の方々が居て、ブログは
初めて立体的になります。大歓迎です。これからもどうか宜しく!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私は裏切った日本人社長を恥じる:日産自動車:

« 「やったぜ日産」:絶妙なツイートだと思うが | トップページ | 中国外交官はなぜルールを守らないのか »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
フォト