« 1億円強盗は〔佐藤ゆかり議員〕の元秘書 | トップページ | [主張]朝鮮学校への補助 実態把握し公金見直しを »

iPS細胞:脳内移植240万個!

2018年11月09日
(iPS細胞:脳内移植240万個!)


https://www.sankei.com/life/news/181109/lif1811090019-n1.html


・〔山中伸弥氏〕が【ノーベル生理学・医学賞】を受賞したのは2012年10月08日だったから、〔iPS細胞〕は、「理論」だけではなく、たった6年で「実用化」されたのが驚異だ。それも「皮膚」とかでなく「脳内移植240万個」というから大胆である。


・「臨床試験(治験)」と言うと聞こえはいいが、「負・悪」のイメージが付き纏う「人体実験」に変わりは無い。だからこれに、果敢にこれに挑戦した ①患者さん、②医師団が素晴らしい。是非「世界が瞠目する」成果を挙げて欲しいものだ!


・「【パーキンソン病のiPS治験、1例目実施 京大病院、50代男性に細胞240万個移植】産経ニュース 2018.11.9 13:54」


・「人の〔人工多能性幹細胞(iPS細胞)〕から神経のもとになる細胞を作り、パーキンソン病患者の脳内に移植する計画について、京都大は9日、1例目の臨床試験(治験)に着手し、患者1人に移植を実施したと発表した」


・「京大によると、iPS細胞を利用したパーキンソン病患者に対する治験は世界初。術後も良好といい、〔高橋淳教授〕は記者会見で『患者さんに敬意を表したい。これからは企業と協力してiPS細胞から作った神経細胞を量産化する態勢を作っていきたい』と話した」


・「パーキンソン病は、『脳内で神経伝達物質のドーパミンを出す神経細胞が減り、手足の震えや体のこわばりなどが起こる難病』。国内に約16万人いるとされるが、根本的な治療法はない」


・「京大によると、1例目の患者には50代男性を選定。10月にiPS細胞から作製した約240万個の細胞を左側の脳内に移植する手術を実施した。脳出血などは起きていない。今後2年間にわたり術後の経過を観察、評価する」


・「治験では、京大が備蓄する、拒絶反応が起こりにくい型の他人のiPS細胞からドーパミンを出す神経細胞のもととなる細胞を作製。患者の頭蓋骨に直径12ミリの穴を開け、脳に注射針のような器具で細胞を注入する。動きにくさなどの症状の改善や、進行を抑えたり服用する薬の量を少なくしたりする効果が期待できるという」


・「京大が7月に発表した計画では、50~69歳の患者7人を対象に治験を行い、効果を検証する。薬物治療で十分な効き目がなく、5年以上パーキンソン病にかかっていることなどが条件となっている」


・「iPS細胞の再生医療では、これまで〔理化学研究所〕などが、iPS細胞から作った網膜の細胞を目に重い病気のある患者に移植する世界初の臨床研究を実施。〔大阪大〕はiPS細胞から作った心筋シートを重症心不全患者の心臓に移植しようと計画中。〔京大〕は、血液成分『血小板』を難病貧血患者に輸血する臨床研究計画も進めている」・・・


《記者会見する京都大の高橋淳教授(右)ら=9日午後、京都市》


Photo_2

« 1億円強盗は〔佐藤ゆかり議員〕の元秘書 | トップページ | [主張]朝鮮学校への補助 実態把握し公金見直しを »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞:脳内移植240万個!:

« 1億円強盗は〔佐藤ゆかり議員〕の元秘書 | トップページ | [主張]朝鮮学校への補助 実態把握し公金見直しを »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト